--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.04.27 22:50|◆ モンテッソーリ・幼稚園

幼稚園に通い始めて、3週目に入りました。
息子は、だいぶ幼稚園に慣れ、楽しめるようになってきた様子。

1週目はお別れのとき大号泣で、泣き叫びながら先生に抱えられて入っていったのですが(苦笑)
2週目は火曜日から、登園時に泣かなくなりました。
まだ笑顔でいってきまーす!!とはならないまでも、
涙なしでこんなに早く登園できるとは予想外のことで、私が逆にびっくりしてます。
保育園時代や、一年お世話になった子どもの家でも、半年以上は泣きましたから(^^;;


私が思うより、息子はしっかり成長しているのでしょうね。
息子を頼もしく感じました。


しかし、どうやら息子自体の成長の他にも、泣かずに行けるようになった理由があるみたいなんです。
それが、あるお兄さんの存在。
年長さんの、Yくんのことが、息子は大好きみたいで、
「はやくYくんにあいたいー」と、この週末も何度も何度も言ってました。笑

金曜に帰ってきたときに、土日は幼稚園休みだという話をしたら、
「でもね、Yくんにあいたいからようちえんいくの」と言ったりして。
月曜にまた幼稚園に行けるのを、ウキウキ心待ちにしてる息子なのでした。

Yくんは年長さんで、息子のお世話係になってくれた子。
詳しくはわかりませんが、登降園時の身支度や荷物の整理をサポートしてくれたり、
教室からピロティに降りて来る際に手をつないで誘導してくれたり、
お世話係の子が、様々、年少さんを助けてくれているみたいです。

私がお迎えに行った時、何度か息子の手を優しく引いて、
時折何か息子に話しかけてくれるお兄さんがいたのですが、それがYくん。
息子は最初は恥ずかしそうにしてたようですが、今ではYくんラブ❤︎
まるでYくんに恋心抱く女子のように、
「きょうもYくんいるかなぁ」「Yくんとてをつなぎたいのー」などと、嬉しそうに話してくれます。


息子の幼稚園選びの際、近所の一斉保育の園か、通園に時間はかかるけれどモンテッソーリ園にするか、
時間かけて悩みながら、最終的にモンテ園を選んだ理由のひとつには、
おうちモンテでは叶えられない縦割り保育の存在がありました。

保育園時代にも感じましたが、子供は本当に他の子供をよく見ていて、
良くも悪くも真似をするし、やり取りの中から多くを学びます。
幼稚園の3年間、息子も周りのお友達からたくさん刺激を受けるだろうと考えた時、
やはりモンテッソーリの縦割り保育は魅力的でした。
特に長男で上がいない息子にとっては、年の近いお兄さんお姉さんにお世話してもらったり
可愛がってもらう経験も、貴重なものになるだろうなと思いました。

それが実際通い始めてみたら、さっそく大好きなお兄さんができて、幼稚園を楽しみにしている息子。
これまで私の周りの友達と遊ぶと、その子供たちは息子からすると年下が多かったので
あまり年上の子供と接する機会はなかったんです。
だから余計に、お兄さんにお世話してもらうのが、新鮮で嬉しいのではないかな。
そしてきっと、憧れも、あるんだろうな。

どうやら時計のおしごとも、Yくんと一緒にやったりしているみたい。
あぁ、どんな光景なのか…見てみたいです(^^)

そして2年後には、息子も誰かにとって、Yくんのような存在になれるのかな?
今の息子からは想像できないけど(^^;;




今日もベッドで、「はやくYくんにあいたい」と言いながら寝付いた息子。
明日も大好きなYくんに会える幼稚園、楽しみだね(^^)








↓素敵なモンテママブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村
2015.04.18 20:43|◆ モンテッソーリ・幼稚園



・・・。
なんか、少し編集をし直して再投稿したら、、、書いた記事ほとんど消えてしまった。涙


というわけで、覚えてる範囲で、簡単に改めて投稿。。


*****

大変、、、たいへん、ご無沙汰していました。

なんだかバタバタで、気づけばもう何ヶ月もブログ更新できてませんでした>_<
その間、娘は生後8ケ月になり、ここ1ヶ月でズリバイからハイハイ。そして先日はつかまり立ちに成功。
すごいスピードで成長し、家中を探検。目が離せません。

娘のこと書きたいことは溜まりにたまっていますが、まずは息子のことから。


息子はこの4月から、モンテッソーリ幼稚園に通い始めました。
先週1週間通園し、月火は涙をこらえつつ泣かずに登園しましたが、
水曜日からはお別れの時、大号泣><
まだしばらくは別れ際泣いてしまうと思いますが、息子のペースでゆっくり慣れてくれればいいなと思います。

幼稚園のこと、こちらからは多く聞かないようにしていますが
ぽろぽろ話してくれるところによると、結構楽しんでいるようで、一安心しています。
子どもの家から気にいっている時計のおしごとを良くやっているみたい。

先週金曜日は先生との個人面談でした。
たった1週間でしたが、息子のことをすごく良く見てくれているのが感じられて、
まだ別れは泣いちゃう息子だけど、安心してこの園と先生に息子を任せようと改めて思えました。
息子の周りを良く見ている良いところも、ちょっと調子に乗りすぎちゃう悪いところも、先生は既にお見通しでした。笑

そして縦割保育の素晴らしさも既に感じました。
お迎えの時に年長の男の子が息子の手を引いて、随分優しくお世話してくれていたのですが
先生のよるとその子は日中も何かと息子を気にかけてくれているようで。
泣いていると、どうしたらいい?と先生に聞いてくれたり、泣きやんだら教室に誘ってくれたり。
なんて優しいお兄さん!!

家では長男で、上がいない息子にとっては、そんなお兄さんの存在は本当に貴重だし、
今後の息子にとって良いロールモデルになるんだろうな。




さて。

息子の入園に合わせ、これまでの環境を見直し、
より、一人で出来る環境を整えました。

息子の身支度エリアです。



入園お祝いも兼ねて、息子専用のハンガーラックを購入。
自分用、ということで、息子も嬉しそうです^^
こちら↓です。



天然木の香りが優しいです。



下の段はこんな感じ。



左: 体操着と体操着バッグ
真ん中: 上からポケットティッシュ、ハンカチ、コップ拭きタオル
右: 上から下着のシャツ、靴下



右側のフックには、通園鞄と、絵本バッグ。




左側には、普段使いのリュックサックと、習い事の英語クラス用のバッグです。





そして通園開始後初めての週末には、持ち帰った上履きと運動靴を一緒に洗いました。
毎週末の息子のおしごととして週間にしたいなと思います。




それから今日の夜は、明日持っていくものを一緒に準備。
コップ袋に、コップとコップ拭きタオル。
運動靴バッグに運動靴と上履きを入れ、まとめて絵本バッグの中に。
持ち帰って洗ったスモックは、一緒にたたんで絵本バッグの中。
さらに来週からお弁当の練習としておやつの時間が始まるそうなので、
そのためのランチョンマットも通園鞄に入れました。


さぁ、また新しい1週間。
またまた泣いちゃうかもれなしけど…ちょっとずつちょっとずつ、笑顔で行ってきますができるようになるといいな。
息子のペースで、がんばれ~。
笑顔で見送りたいと思います^^





にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。