--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




娘、9ヶ月。



引っ張る敏感期は継続中です。





少し前から、引き出しを夢中で引き出すようになりました。

お風呂上りに寝室のマットの上で着替えさせてると、

すぐに脱走し、近くの引き出しを裸で引っ張る(^^;;

息子のトミカを入れてる引き出しも、引っ張る。





それならば、と、引き出し、作ってみました。







牛乳パックで作った引き出しです。



ほんとはもっと引き出しをつけたかったのですが、、

我が家、牛乳を日頃ほとんど飲まないもので牛乳パックがたまらないたまらない(^^;;

野菜ジュースも買ってなんとか3本使って、ふたつ引き出しつくりました。

もっと作りたいけどそのために牛乳飲んでる間に娘の敏感期終わってしまったら元も子もないし。。





いろいろ荒がある出来栄えですが。



引き出すと、こんな感じ。


つかまり立ちブームなので、あえて棚の上に設置してみました。


写真とったあと、絵本は他の場所に変えました。


さて、娘の反応はというと。。



引っ張り出すところを見せてあげると、さっそく。



引き出す~。





押して戻すのは私がお手伝いしてあげて、しばらく引き出すのを楽しんでました(^^)


でも、それ以降はあまり見向きしない。。(^^;;

引き出しをあけるのも少し減ってきてるし、

機を逃してしまったかなぁ~。

引き出しつくるまでに時間かかってしまったので。。

またブームはくるのか?わかりませんが、

とりあえずまだ置いたままにしておいて、ちょいちょい、引き出す様子を見せています。



それから、料理などしてると台所に入ってくるので

遊んでてもらう意味でも、マグネットを手の届くところに。






これも引っ張る活動、になるかな?

というか、はがす活動ですかね。


小さいマグネットだとまだ口に入れてしまうので、

少し大き目をつけてみました。


引っ張る活動、いろいろでした。


他にも用意したものがあるので、

それはまたの記事に。






↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
 


にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村



生後9ヶ月になった娘っこ。


ハイハイも日に日に早くなり、つかまり立ちが大好き。
特にちょうど良い高さなのが息子の机なので、
息子が何やらお絵かきや工作しているとつかまり立ちして、
お兄ちゃんの様子をうかがったり、あれこれ手を伸ばしたり。
はさみや小さい紙などもあるから、目が離せません(^^;;

さらに最近はつかまり立ちから、登りたいらしく、
階段も登れるようになりました。

ある日掃除機をかけていたら、息子が「かいだんのぼったよー!」って教えてくれて
びっくりして見に行ったら二段目につかまり立ちしてる娘…。
その次の日には二段くらい登り、その翌日には見守っていたら二階まで一人で登ってしまった。
どんどん足の力がついてきているみたいです。
すごいですねぇ。



さて。


そして、タイトルにあるように、来ました!「引っ張る」敏感期。

ティッシュを箱から次から次に出し始めました~。
息子の時は「あーわー何してるの―!!!」とアタフタしちゃいましたが、
モンテッソーリを知った今は、「きたーーーーー!!!(≧∇≦)」と、興奮しちゃう。

というわけで、簡単ですが、作りましたよこんなの。

P1040449.jpg


息子の大好物、味のりが入っていた容器に、
趣味の洋服づくり(去年から急にはまって、子どもたちの服、たまに作ってます^^)で出たはぎれ布たちをつなぎあわせ。

引っ張っても引っ張っても…出てくる出てくる~なおもちゃ。

P1040447.jpg


ティッシュはもったいないので、こっちで思う存分引っ張ってもらいましょー。


さて、娘の反応は。

まずは私が布を引っ張って見せてあげて。




引っ張ってます(^^)





ただ、この手作りおもちゃ、重さがないのですぐ倒れちゃうんですよね。。
そうすると娘は引っ張るのより、倒れたのをコロコロ転がしたりして遊び出す。

うーむ。改良の余地あり、です。

ティッシュの箱そのまま使ったほうが安定していいかも?


というわけでこちらは近々改良しますが、とりあえず今はこのまま置いておきます。


あ、ちなみにこのおもちゃ、息子も何気に楽しんでいます。笑

P1040453.jpg





↓素敵なモンテママブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村


続きを読む >>


文字の敏感期にいる息子。

ちょっと前に、こんなもの作ってみました。




ひらがなのマグネット。
いつもブログ楽しく読ませてもらっている、
「モンテッソーリな時間」のYuzyママさんが作られてたこちら、参考にしました!
モンテッソーリ・言語教育「追加した手作りひらがな教具」
真似っこすいません(^^;;


もともと、頂き物でディズニーのひらがなマグネットがあったのですが、
そちらだとどうも字体が。。

モンテッソーリの言語教育で用いられる文字、美しいですもんね。

なので、シール用紙に印刷してそれをはり、わざわざ字体を変えました。笑






しかも、一枚貼るだけでは透けて見えるから、二枚貼るという。。
地味に面倒な作業でしたが(^^;;


でも作ってよかった(^-^)
息子に見せると大喜びで、早速いろんな言葉を作って遊びました。

特に、自分や妹、私の名前を、一生懸命作って、
一文字一文字、読み上げてました。



最初ツーセット作ったけど、両方ホワイトボードにおいておくのは
なんだかガチャガチャしてしまったので、ワンセットのみにして。
いずれカタカナ用意するとき、もうワンセットは使おうかと思ってます。


そして、マグネットで言葉を作るだけじゃなく、
最近は文字を書きたくて仕方ないみたい。
こちらの本で書き順など確認し、書ける文字は書こうと頑張ってます。





こちら、息子の名前の一文字、「ま」。




お風呂場も、最近はもっぱら文字遊びの時間。
お風呂マットがひらがな一覧になってるので、
それをみながら、お風呂場のガラスの曇ったところに文字を書いてます(^-^)

文字の敏感期。
どんどん文字が読めるようになってきて、濁点や、カタカナにも興味が移ってきました。
敏感期の吸収力たるや。ほんとにすごい。

新しい文字に出会った時の、息子の驚きと好奇心の表情。
そして、それが何か確認し、再度であった時に、「わかるよ!」という誇らしげな表情。
どれもこれも、本当にキラキラしています。


新しいことを学ぶ、習得していくって、楽しい、素晴らしいことだなと、
息子から気づかされている私なのでした。




にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村







今週の子どもの家でも、別れ際やっぱり泣いちゃったけど、
楽しくおしごとをしてきた息子。
活動記録に、シール貼りがありました。

先生のコメントに、「綺麗に並べたり、印にあわせて上手に貼っていました」とありました。

シール貼りのおしごとは、家でも用意しています。
子どもの家とのバランスを考え、下げていた時期もあるのですが
息子がやりたい、という欲求には応えてあげようと、また棚に出しました。

話が逸れますが、家で今用意しているおしごとは
シール貼りとハサミのみ。
おしごとは最初の出会い、提示が大事なので、
子どもの家に息子が通い始めてからは
新しいおしごとを用意していません。
子どもの家での、感覚教具含め、新しいおしごととの出会いや、
先生の提示を見るという貴重な経験を邪魔しないようにと、家でのおしごとは必要最低限にとどめようと思っています。

結果的に、出しているおしごとは息子がやりたいと要求してきた
シール貼りとハサミのみに落ち着き、
あとは棚に備え付けのほうきとちりとりで時々お掃除してくれたり、
料理などの家事を一緒にやったりがおうちモンテの中心になっています。



そして、シール貼りは、家でも毎日のように取り組む息子。
少し前もシール貼りブームはありましたがあまりやらなくなったなという時期もあり、
でもまた、ブーム到来の模様(*^^*)

最近はこんな絵柄を用意しています。



息子が好きな乗り物系、お花、そしてお出かけのとき乗った観覧車。
これで観覧車に見えるかな、、と不安もありつつ出したら
見た瞬間に観覧車だと興奮して喜んでくれた息子。
親孝行です。笑


丸の大きさはシールのサイズにピッタリにしています。
これまでは少し大きめでしたが、ステップアップしてピッタリにしてみました。

ちょーっとずれたねぇ!とか自分で評価しつつ、貼ってます(*^^*)




そして最近、息子自らできあがった作品を
壁に用意したお絵描きスペースに貼って行きます。




たくさん貼った作品を眺める息子のご満悦な表情から
達成感や満足感を感じられて私も嬉しくなります(*^^*)




シール貼りだけじゃなく、貼ったシールの上や他の部分にお絵描きもしています。



ペンでなにやら描いてます。

これも含めて、息子の作品になるみたい。


シールがどんどんなくなるので、毎晩シールをカッするのが私の仕事(*^^*)
再来した「貼る」敏感期。

思い返すと最初は自由に貼ることからはじまり。
これは1歳半過ぎくらいだったかな。






2歳前くらいになると、
丸を見つけてあわせて貼る。



記事はこちら。



そして今、2歳10ヶ月、ピッタリに貼る。

少しずつ、ステップアップしてきたんだなぁ、と、
懐かしく思い返します。



このさらに前段階としては、まだモンテッソーリを知る前で記録はないですが
冷蔵庫についてるマグネットを何度もはがしてはったりを繰り返す時期もありました。


貼る楽しみは、息子の中でまだまだ膨らんでいる様子。
おうちでも、サポートしてあげたいと思います(*^^*)








にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村








少し前にデビューしたはさみのお仕事。
その時の記事はこちらです

その後、はさみを使う手の動きもだいぶ上手になってきたなぁと感じる最近です。

これまでは一回で切り落とせる幅で紙を用意していましたが、ここ最近は、自分で紙を縦に持って連続で切る、というのをやり始めました。



連続で切る提示はまだしていなかったので、息子を見ていると一度完全に刃を閉じてからまた開いて閉じて、と切り進めています。

そこで、幅の広い紙を用意し、連続で切る提示をして見せました。
息子は刃が完全に閉じる前にまた開いて動き出す様子をなかなか楽しそうに見てくれました。
そして私が切り終わるなり、やる!と。

そして、黙々と、どんどん切ってました(*^^*)




私は幅の狭いほうを縦に切るのを想定して紙を用意して提示もそのように見せたのですが、息子的にはもっと長く切りたかったらしく、自分で紙を持ちかえて長い幅のほうを切り進めていました。

切り終えてご満悦(*^^*)




それからも、紙を箱にいれる、というのは全く無視で(^^;; 切ります、切ります。
もう下は大変なことにー。




そのうち、「くらげー」とか言って何かを作り出したり。





あはは、なるほど、上手♪( ´▽`)


線を書いてそれにそって切る、というのは、もう少し自由に切ってからでいいかなーと思っていたり。
幅が小さい紙のときも線を書いたものを用意して提示もしたのですが、あまり線に合わせて切る、ということはなく、結構自由に切ってました。
「合わせる」という敏感期がくれば、線にそって切る楽しさが出てくるのでしょうが、今の息子はまだはさみで「切る」手の動きそのものを習得中なのかも。

様子を見ながらいきたいと思います。


そういえば写真の中で息子ははさみを左手で持ったり右手で持ったりしてます。
このはさみは右利き用なので右のほうが扱いやすいとは思うのですが、おそらく左利きの息子はたまに無意識に左手ではさみを持ってしまう様子。

私が初めてはさみの提示をしたときはもちろん右手でやったので、息子も右手ではさみを持って使うようになりました。なので見ていると、右手のほうがはさみの使い方が上手です。

左手で持ったときに、私から右にしたら?、とか特に促すことはしてません。これも自由選択かな。




さて、お仕事の最後は、床に散らばった紙をほうきとちりとりで集めてもらいました。



たくさん切ったねー。


集めた紙はまた袋にいれて、息子のコレクションに加わりました(*^^*)やったね♫





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村






07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。