スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーちゃの羽化

2013.08.09 21:57|◆ 自然・命とのふれあい
*この記事には、アゲハ蝶の蛹、蝶々の写真がでてきます
虫が苦手な方はご遠慮ください









少し前の出来事になりますが、
アゲハのあーちゃんが、ついに羽化しました!

蛹になってから、ちょうど10日目でした。
その前日には、蛹が黒くなっていて、
これはもうすぐ羽化かな?と思っていたら、翌朝には蝶々になってました(*^^*)

P1080769.jpg


息子は毎日蛹のあーちゃんを、ねんねーと言って眺めていて、
色が少しずつ変化する様子を一緒に観察しました。

急に真っ黒になったので、驚いた様子でした。
あれ?!っと大声あげて覗き込んでました。

中の羽の模様が透けて、黒く見えるんだよ。
もうすぐ蝶々になってでて来るよ。
と、図書館で借りたアゲハ蝶の本を見比べながらお話しました。







そして、羽化の朝。

私が子どもの頃もアゲハを育てたことはあって、
でも一度も羽化の瞬間は見れなかったんですが、
今回もやっぱり見れなかった~。
羽化は朝早い時間帯が多いみたいですね。
起きてきたら、もうこの状態でした。

P1080772.jpg

蛹から出て、羽もだいぶ広がっています。

息子は、あ!と言って駆け寄り、目をまん丸くしてあーちゃんを見てました。


P1080775.jpg

綺麗だねぇ~。




保育園の時間まで、繊細で美しい羽の模様を観察したり、
大きくて黒い目や、くるっと丸められた口のストローや、
ふっくらして毛が生えたお腹など、
息子とじっくり観察しました。

蝶は羽化してから5時間くらいかけて羽を乾かし、
それから飛び立って行くそうですが、
保育園にいく時間になってしまったので、あーちゃんとお別れすることにしました。

虫かごごとベランダに出し、上を覆っていたラップを外すと、
あーちゃんはゆっくり籠の外へ。


息子は、あーちゃんがいっちゃうと思い、「ないない!ないない!」と言って
あーちゃんを籠に戻そうと手を伸ばしましたが、
「あーちゃんはこれから外に出て、お花の蜜を沢山吸いにいくんだよ。
羽が乾いたら自由に飛べるんだよ。見送ってあげようね。」
というと、うん、と言って「ばいばいー」してました(*^^*)

見送る時は飛び立たなかったあーちゃんでしたが、
帰ってからベランダを見るといなくなってました。

あーちゃんはお花を探して飛んで行ったね、とお話しました。



こうして無事、あーちゃんを送り出すことができました。

息子も、あーちゃんの成長を楽しそうに見守ってくれました。
アゲハ蝶や蝶々の絵本にも、興味を持ってくれ、あーちゃんと比べたりして一緒に楽しめました♬

やはり、本物を見たり経験してからの絵本は、
息子の食いつきも良いし、学びも深まるし、いいですね。


しかし、蝶々の成長は、神秘的だなぁ~。
あの青虫から、サナギ、そして蝶々。

蛹の中では一度ドロドロになる、という話を聞いたことがあり、
なんてグロテスク!と思ったけれど(笑)その後作られるのが、あんな美しい蝶々なんだもん。
遺伝子に組み込まれたプログラムなんですかね、ドロドロから蝶々。不思議すぎる。

息子ともそんな話を織り交ぜながら、蛹を眺めたり、蝶々になったあーちゃんを観察しました。

さて。
実は我が家には、あと3匹、アゲハの子どもたちがいます^^
あーちゃんの餌用に購入したサンショウの木に、いつの間にかいた幼虫。
1匹は今まさにサナギの状態!羽化は週末か週明けかと思う~。
息子も毎朝まじまじと見に行ってます^^

この夏はもうしばらく、アゲハ蝶の飼育観察が続きそうです。




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。