スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゲハ蝶のあーちゃん。

2013.07.06 20:10|◆ 自然・命とのふれあい
**今回の記事には幼虫の写真が出てきますので、虫が苦手な方はご遠慮ください**



我が家は東京住まいですが、息子には、
出来る限り自然や生き物に触れる機会を与えてあげたいと思っています。

幸運なことに(?)東京とはいえ都心からは離れた場所に住んでいるため
緑の多い公園も近くに多く、息子を良く連れていきます。

P1080197.jpg
P1080200.jpg

先日のお散歩では、枯れ葉のふわふわ絨毯を歩き、
新しい命が芽ぶいてきているのを目にすることができました。

P1080201.jpg
P1080204.jpg



さて、で、自然や生き物に触れる体験として、昆虫を飼いたいとずっと思っていたんですね。
今月2歳になる息子。まだ早いかなぁ?でもそろそろ大丈夫かな?しっかり言い聞かせれば、
生き物を大事にすることもちゃんと学べるかな?などと色々考えていたんですが、
ひょんなことから、今我が家には、アゲハ蝶の幼虫がいます^^

名前は、「あーちゃん」にしました。(私が命名、センスない…)


私の実家も東京で、しかも家から一駅のところ、すごく近くにあります。
良く息子を連れて遊びに行くのですが、実家は庭が広く、
しかも最近母がビオトープ(※)な庭造りに取り組んでいて、
プチ自慢ですが(笑)多くの種類・数の生き物が生息しています。


※以下、「ビオトープとは」から引用

ビオトープとは、ビオトープとは、生き物(Bio)がありのままに生息活動する場所(Top)
という意味の合成されたドイツ語です。開発優先への反省にたち、自然が自ら再 生できるように
人間が配慮する運動として、1970年代にドイツで始められました。だから、本来は自然環境
そのものがビオトープなのですが、生き物が住み にくい都市部などで、人間によって再構
成された自然環境をとくにビオトープというようです。



私としてはとてもありがたいことで、実家に良く息子を連れていっては、
庭探索をして、蝶々やバッタ、トンボ、てんとう虫などを見せてあげたり
母がえさ場や水場を作って鳥を呼び込んでいるので、家の中から静かに鳥の観察をしたりしています。

そして一番最近母が取り組んでいるのが、蚊を食べるトンボを庭に呼び込むこと。
トンボはヤゴの時はボウフラを食べ、成虫になると蚊の成虫を食べるそうです→Wikipediaリンク

そのためには水辺が必要ということで、水鉢を使ったビオトープを作ったそうで。

こちらです。



中に、メダカやエビがいます。

ちなみに私は母から聞いて初めて知ったのですが、メダカは今、絶滅危惧種に指定されているんだそうです。
→参考:メダカは絶滅の危機リンク


動きが早いメダカ。
息子も一生懸命覗きこんで、時折、「あ!あ!」とメダカを見つけて楽しそうでした^^



さて、前置きが長くなってしまいましたが…。

そんなこんなで実家の庭には沢山の植物と生き物が息づいているわけですが、
母が蝶々が沢山来てほしいと、サンショウやミカンの木を植えていて、
そこにアゲハ蝶がいくつか卵を産みつけていったらしく、3~4匹、幼虫がいたんです。



小さな黒い幼虫。
あぁ~懐かしい!と、私は見てて嬉しくなっちゃいました。

私も小さい頃、おじぃちゃんちの庭のミカンの木にいた
アゲハ蝶の幼虫を沢山もらってきて飼育したことがあります。
何匹のアゲハ蝶を見送ったかなぁ。
中にはさなぎから羽化する途中で出られなくなり、そのまま死んでしまった子もいました。
無事羽化した蝶は、「ありがとう~バイバイ~」とでも言っているかのように、
外に放した時、私や弟の頭の上をくるくると何度か回ってからひらひらと飛んでいき、
なんだかしんみり、でもとっても嬉しかった記憶があります。


そんな体験を、息子とも共有したい!と、母にお願いして、1匹我が家に連れてきちゃいました♪
それが、あーちゃんです。(前置き長くなってすみません…)

今はどの段階かなー。黒い幼虫で3~4回脱皮するはずですが、3段階目くらいかな?

P1080288.jpg
P1080290.jpg


息子に、「この黒くて小さい幼虫はね、アゲハ蝶の子供なんだよー」と見せてあげると
おぉー!と言う風になかなか興味深く観察して、手を出そうとしてました。
「とっても小さくて弱いから、強く持つとつぶれちゃうよ。そっと見ておこうね」と
一緒にしばし、あーちゃんを観察しました。

最初はじっと動かなかったけど、そのうちノソノソと動き出し、葉っぱを食べ、ウンチをぽろん。笑

アゲハ蝶の育て方、私もちゃんと復習して、息子と一緒にお世話し、
無事、あーちゃんを成人(?)させ、送り出したいです。

息子には、そんなあーちゃんの成長の過程を見て、命の尊さ、神秘を感じてもらえたらいいな。
まぁまだそこまでは難しいかもしれないけど、少しずつ大きくなるあーちゃん、
そしてサナギの状態、綺麗な蝶々になった状態、と、変化を見ていく中で、
すごい!不思議!って少しでも思えてもらえたら。

贅沢を言えば、さなぎから羽化する瞬間を、一緒にみたいなぁ~。
実は私自身、何匹も育てたことあるけれど、羽化の瞬間は見たことないんですよね。
いつも夜だったのかなぁ、朝起きると既に蝶々になってたり。

あーちゃんの羽化、みたいな~♪



とりあえず急遽もらってくることになったので、実家にあった容器をお借りしている状態。

この週末で、虫かごを買ってこようっと^^




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。