スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<チル大 基礎編> Vol.4 Beyond 英才教育とは?③

2013.05.25 09:00|┣ チルドレン大学 基礎編
チルドレン大学受講中です。
今日は Vol.4 Beyond 英才教育とは?④ の記録。

=====

今回の記事は、私にとっては結構新鮮というか、驚きでした。
こんな風に、子どもに早くから色々教えて行ってあげられるんだーって、気付かされた。

「天才と呼ばれる人たちは男親に育てられた」っていう一文があって、
それは「男の人は子どもを子供扱いしないからではないか」というのを読んで、はっとしました。

確かにうちの旦那ちゃん、あまり息子を子供扱いしない。
まだそれは言っても分からないでしょーってことも、結構真剣に話して聞かせてたりします。

でも今はまだ分からなくても、なんていうかイメージというか概念というか、ぼんやりしたものでも
息子の記憶の片隅に残っていたら、それが将来学校や大学で学んだときに、ふと思い出されて
つながったりして、すごく自然に、すぅーって息子の中に入っていくのかな?って思ったりしました。

まだ早い。
まだ分からない。
まだ理解できない。

なんて思ってるのは大人のほうで、子どもは実は色々分かってたりするのかも。
実際、子どもは親の言うことやること、良く聞いてるし良く見てますよね。

そんなことまで見てたの?いつの間に覚えてたの?!なんて驚く経験が多いです。
子どもはまさにスポンジ。
すべてを吸収していく。すごいって関心させられる半面、怖くもなります。
だって、子どもが吸収していく世界は、親にかかってるといっても過言ではないんだもん。

特に息子と多くの時間を共有する私は、息子の世界を狭めることもできれば、無限大に広げることもできる。

あぁーなんだか、不安だらけになってきました><
でもだからこそ、育児って責任重大で、やりがいのある仕事!
子どもと一緒に親も成長していける、ビッグチャンス!なのかも。



話それちゃった。


で、前にもちらっと書いたけど、旦那ちゃんと最近話した息子への教育の話。

「知識だけの頭でっかちの教育じゃなくて、実体験をもって学ばせてあげたい」
これが、私たち夫婦が共通して思っている、息子への教育の基本理念です。

早期教育、幼児教育、色々ありますよね。
結構どれも良さそうだし、魅力的だし、振り回されそうになる。

でも結局のところ、上に書いた基本に立ちかえれるようにすれば、
世の中いろんな教育法があふれているけど、良いところは参考にして、
でもすべてを依存せず、我が家なりの育て方ができるのかなと思います。

幼児教室とか通わせる予定は今のところないので、
我が家が息子の教育現場ですね。
私は息子の母であり、教育者。なんて言うと堅苦しいけど。



だから。
(ここからがホームワークかな。)

子どもにとって、大人が慣れ親しんだ当たり前の世界は当たり前ではなくて
すべてが新鮮で真新しくてワクワクするもの。

学校でやる勉強と違って、誰からも指示されてなくても、自然と子供は
色んな事を知りたがる、見たがる、触りたがる、口に入れたがる。。。
それはどうにも止められない好奇心。

親はそれを、大事にしてあげなきゃいけない。
知りたい、何これ!なんで?!っていう自然とわいてくる気持ちに、
親は答えてあげなきゃいけない。
自発的に出てきたそういう気持ちにすぐ答えられたとき、体で感じたとき、心で感じた時、
きっと子供はそれをすぅーって飲み込んでいくんだろう。

小さいからまだ分からないなんて決めつけず、
大人と対等に会話をしてあげれば、子どもはいくらでもそれを理解する力を持ってる。
内からわいてくる好奇心という何より強い、人を成長させる力が、子どもの理解力を後押しする。

だから早くから、子どもに高度な教育を与えてあげれば、子どもの世界はどんどん広がっていく。



そのためには、親である私も、常に好奇心を持ってまわりを見て、
新しいことを知る、理解する努力をしなきゃ。
そしてそれを、子どもを観察し、子どもが求める時に与えてあげる。
チル大の力を借りて、私もそんな親になれるよう努力を続けたいと思います♪



(ん?なんかあまりホームワークの答えになってなかったかなー。。。)






★チル大ご興味ある方はこちらから ↓
http://www.eigobon.com/childrensuniversity/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。