スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<チル大 基礎編> Vol.19~21 ママが英語を教える①~③

2013.06.22 22:20|┣ チルドレン大学 基礎編
チルドレン大学受講中です。
http://eigobon.com/childrensuniversity/index.html

*****

「ママが英語を教える」①~③はマミーさんの音声レッスンでした。
寝ませんでした!笑
それより、納得できることが多く、また、
最近我が家の英語育児に少し悩みもあった中(こちらの記事で書きました
まさにタイムリーな教えだったので、どんどん続きが気になり、引き込まれるように聞きました。

多くの研究結果を交えながらの、
マミーさんの息子さんがバイリンガルに育った実経験をもとにしたお話は、
説得力もあり、そして、私が進めたい英語育児の理想ともいえるものでした。

息子には将来、私がそうであったように、英語を使って世界を広げてほしい、
学びの可能性、活躍の場を広げてほしい、そのために、英語を習得してほしい。
そう、思ってきました。

そんな中で実際に英語育児をされてる方のブログなども色々見てきましたが、
幼稚園からインターナショナルに入れる、毎日フォニックスのワークブックをさせる、
家庭でもどんどん英語で話しかける(どちらかの親はほとんど英語しか使わない)、など
やり方は様々あり、我が家にはどんなやり方が合っているんだろう?と考えていました。


マミーさんの教えから、特に感銘を受けた点は、

・二ヶ国語の習得には、まず母国語での高い思考力・教養が不可欠

・幼児期にはアウトプットは求めず、とにかくインプット
 その後、子供が大きくなった時、自発的に英語を学びたいと思える環境をつくる

というところでした。


聞き終わった時、
私の最近の悩みや行き詰まっていたことに、道しるべをもらったような気持ちでした。


英語を学ばせたい。
けれど、息子が学びたいと思えなければ、ただの親のエゴになる。
日本語の習得が遅れたり、不十分になるのは怖い。

そんな悩みや不安もあったのですが、
マミーさんの優しい語り口調から、日本語がまず第一であること、
子供の自主性を大切にすること、そして、子供を信じて待つことを学びました。


育児全般においてもそうなのでしょうが、
ことに英語育児においては、尚更、今見える成果を求めてはいけないのですね。

そして、「英語を学びたい」という気持ちを引き出す重要性についても、納得です。
私自身が、まさにそうでした。
小学校から英会話に通わせてもらっていましたが、中学で出会った英語の先生の授業が楽しくて、
英語を学ぶことがますます楽しくなりました。もっと学びたい、話したい!と思えるようになりました。
その延長が、国際学科の高校に進み、アメリカの大学で学ぶことへとつながったのだと思います。

(ちなみに同じく英会話に通っていた弟(2歳下)は、中学の英語の先生の授業があまりにつまらなすぎて
英語が大嫌いになっていました…。親は今でも、それを嘆いています><)


英語を自分で学びたい、英語を使って色んな人と話したい、友達になりたい、
そういう気持ちが自分からわいてこなければ、私は英語を学ぶことはなかったと思います。



ということで、今後の我が家の英語育児の方針。

・日本語での高い思考力、教養を身につけることがまず第一
・息子が幼いうちは、インプットにフォーカス。成果は求めない
・インプットとして、現行のCDかけ流しに加え、チルドレン大学で学ぶマザーグースや
 英語本サイトの英語絵本の読み聞かせを取り入れていく



私も息子も絵本の読み聞かせは大好きだし、これならお互い無理なく楽しく続けられるはず♪
そのうち、海外の人たちと交流する機会も与えられたらなって思いますが
(英語を学ぶことを通じて、異文化を知る、理解することも、息子には知ってほしいです)
今は家庭での読み聞かせを中心にしていきたいと思います。

マザーグース、始まるのが楽しみです♪






にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは。モンテッソーリな時間のYuzyママです。今日は英語育児の話題だったので、もう一つの私のブログのURLを貼らせて頂きました^^;

我が家も1歳11ヶ月で現在在園中のインタープリに入れ、卒園まで通園予定でしたが、結局来月退園をし、9月からは来年行く予定の幼稚園の未就園児教室へ通います。この決断をするまでに色々迷いましたが、ある帰国子女のお子さんを持つママさんから、幼児期で海外に渡った子でも、ある程度日本語が確立された年齢で海外に来た子に、すぐ英語力を抜かされてしまうと伺い、納得しました。現在勤務中の大学のバイリンガル教育専門家たちも、やはり日本語脳がしっかり出来上がっていると、英語も効率良く学習できると口を揃えます。もちろん、幼児期に英語に触れることは、発音や聞き取りの力を育てるのに役に立つというプラス面もありますが、やはり英語中心で日本語が疎かになることを危惧して我が家も日本語環境を第一と考えることにしました。今回のランディさんのリスト、すごく参考になりました。また色々情報交換させてくださいね♪

Re: タイトルなし

Yuzyママさん★
コメントありがとうございます!
娘さん、プリスクールに通っていらしたんですね!
うちもプリスクールが結構近くにあって、だったら通わせたい!なーんて強く思った時期もありました。幼稚園もインターがいいかも、とか、英語育児進めるにあたり、迷いまくりでした。苦笑

ですが、やはり日本語の重要性、そして最終的には子供が主体的に英語を学びたいと思えるようになってほしいと、チル大を学び強く感じ、幼稚園は普通のところを検討する予定です。
Yuzyママさんは既に幼稚園も決めてらっしゃるんですねー!未就園児クラスにも通い始めるんですね。その様子も楽しみにしていますね♪

英語育児を家庭で進めるのは、子供から成果が見えにくいし不安が沢山ですよね…。
でもやはり、今成果を求めても何にもなりませんね、親が焦るだけ…。
今後とも、ぜひぜひ、色々情報交換させてください♪励みになります!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

上原様

コメントをありがとうございました。
記事の内容について、不適切な引用をしてしまい、大変申し訳ありませんでした。
こちらの記事の内容は、修正いたしました。

今後このようなことがないように、気をつけていきます。
配慮に欠けており、大変失礼いたしました。

チル大を受講し始め、今までとは違った目線で息子を見れるようになりました。
今後も、私と息子のペースで学びを消化していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。