スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテ園1年目を終えて。

2016.03.24 22:38|◆ モンテッソーリ・幼稚園


こんばんは。

息子の幼稚園も先週で3学期が終わり、
春休みが始まりました。

毎日元気有り余る子供たちと一緒にいると
1日があっという間です^^;


今日はびっくりするくらい寒かったですが><
昨日は比較的暖かくて過ごしやすかったので
お気に入りの公園でたっぷり遊びました♪

IMG_0694.jpg

二人でブランコに乗って、おおはしゃぎしてます。笑

息子はちなみに、自分でこいでこんなに高く揺れてるわけではなく
私がめいっぱい押してあげて、こうなってるわけですけど^^;

「もっとたかくしてー!」とリクエストされて、それー!と押してたらすごい高くあがって
「空がとどく!」と大興奮の息子でした。







さて。

3学期が終わり、息子のモンテ園での1年が終わったことになります。

4月からは、息子自身も楽しみにしているみたいですが
年中さんへと進級し、下に新しい年少さんが入ってきます。

また新しい1年が始まる前に、
息子のモンテ園でのこの1年を、少し振り返ってみようと思います♪


この1年が終わって、私が最初に思ったことは

「この幼稚園を選んで、良かったな」

ということでした。


※以下書いていくことは、私が個人的に感じた事であり
 また息子のことを考えたときに私なりに考えたこと、感じことであります
 モンテ園や子どもの家についての意見も、あくまで、私個人こととして、
 「こう感じる人もいるんだな」程度に読んでいただければと思います




★モンテ園という選択★

幼稚園選びをしていたころ、ブログにも書いた気がしますが
この幼稚園を選ぶまでに、たくさん悩み、考えました。

まずは、モンテ園を選ぶのかどうか。
モンテ園は自宅の近くにはなかったため、
近所の一斉保育の園を選ぶのか、それとも
電車通園にはなるけれど、モンテ園を選ぶのか。

どちらも見学し、実際に見て、先生方や子供たちの雰囲気を感じ
良いところがたくさん見えて、本当に悩ましい選択でした。

それでも、私の気持ちとしてはほぼモンテ園に通わせたい
という気持ちに傾いていた時に、最後の一押しになったのは
息子の一言でした。

幼稚園は、モンテ園と、近所の園と両方出願し、入園面接を受けたのですが
モンテ園からの入園許可が先に出たときに、息子に聞いてみました。

「いま子どもの家に行っているけれど(当時子どもの家のプレクラスに通っていました)
 子どもの家は3月までで、4月からは幼稚園に行くことになるのね。
 幼稚園では、子どもの家みたいにおしごとがあるところと、ないところがあるんだけど
 ○○(息子の名前)は、幼稚園でもおしごとをしたい?」


すると息子は、すぐに

「うん、おしごとしたい!」

と、返事をくれました。


この一言で、今の園を選びました^^


当時子どもの家でも、おしごとを本当に楽しんでいた息子だったので
この言葉を決め手にモンテ園を選んでよかったと思ったのは
息子が入園して間もないころでした。

入園すぐは、登園時に泣いて泣いて、なかなか教室に行けなかった息子^^;
半ば先生に連れ去られるように連れていかれてたんですが
後から先生に聞くと、「泣いててもおしごとをすると元気になるんです」って。

子どもの家でみたり、やったりしたおしごとが、幼稚園にもある。
自分で選んで、好きなおしごとができる。


そんな環境が、幼稚園という新しい場所、新しい人たちの中で不安いっぱいで
泣いている息子にとって、きっとすごく大きな心の拠り所になったのではないかなと思います。

以前保育園に通っている時から感じていたことですが
息子はかなりマイペースで一人で何か気に入ったことに黙々と取り組むタイプ。
みんなで一緒にお遊戯とかあまり参加しないと聞いたこともあって^^;
当時は、集団行動できなくて大丈夫か・・・と心配もしましたが、
だからこそ、自分でやりたいことを選べるモンテッソーリ園のほうが
息子にあってるんじゃないかと思ったのでした。

一斉保育の園は、通わせなかったので比較はできませんが
モンテ園という選択は、息子には合っていたと、思っています^^




★子どもの家か、幼稚園か★

幼稚園の願書提出より少し前に、当時通っていた子どもの家に
3歳児からのクラスにそのまま進級するかどうか、決断が必要になりました。
ここでもかなり悩みました^^;

最初子どもの家のプレクラスに通い始める時は、
前に書いたようにマイペースで一人が好き(なように私には見えた)な息子なので
子どもの家のようなこじんまりしたアットホームな環境がいいのかなと思っていました。

なので3歳児からのクラスにもそのまま通わせようかと思ってもいました。

けれど、いろんな方のご意見を聞いたり、実際のモンテ園の様子を聞いたり
幼稚園の見学や体験などをしていく中で、幼稚園というある程度大きな集団だからこそ
できることの多さ、可能性の大きさを感じ、最終的に幼稚園を選びました。

決して子どもの家ではできないことがある、という意味ではなくて
子どもの家でしかできないことはもちろんたくさんあるはずで、
少ない人数だからこそ先生の目が行き届くし、子どもたちの絆も深まるでしょうし
いろんな課外活動も幼稚園以上に充実したものを感じたりもしました。


ただ息子のことを考えたときに、
もともとが一人で黙々派で、みんなで一緒に何かがあまり得意ではない、
という性格には子どもの家はすごく合っているだろうけど、
3年間子どもの家に通い、その後小学校で
突然大人数でみんなで同じ授業を受けるという環境。

そのギャップの大きさに、息子の戸惑いは大きいのではと感じたのでした。
(何度も言いますが、息子の場合、と私が感じた事です)

その点、モンテ園は、私から見ると、良いバランス、と感じました。
モンテッソーリのおしごとの時間は自分が選んだおしごとに取り組む、自分の時間。
そして外遊びや、行事の練習などの横割りの時間では、
ある程度の大人数で同じことをする、というみんなの時間。

息子にとって、黙々とおしごとできる自分の時間は楽しいだろうけれど
そればかりではなくて、たくさんのお友達と一緒に何か取り組む時間もある。
行事にも沢山人が来る。
舞台の上にも立つ。

そんな、息子の好きなこと、得意なことと、苦手なことのバランスが、
モンテ園では半々くらいになっていて、無理なく、息子が
集団の中で何か活動することに、慣れていってくれるんじゃないか、と期待しました。


その期待は、結構間違ってはいなかったかなと思います^^

最初はお友達との関わりは少ないようでしたが
少しずつ仲良しのお友達ができて、一緒に遊んだりして
仲良しな数人の中では、息子らしく楽しめるようになっていきました。

ただそれ以上に人が多くなると少し萎縮してしまう様子もあり
幼稚園のお迎え時間は人が特に多くなるので
そんな中かけっこして遊ぶ友達に混じることもなく
さらーっと帰る日々だったのですが
3学期になるころには、たくさんの友達に入り交じり、元気に遊べるようになりました。
(本当はお迎え後はすぐ帰ってくださいって言われてるんですけど・・・
 帰ろうー!って呼んでもなかなか帰らないので最近困ってるくらいです。汗)

先生からも、最初は友達との関わりに少し緊張感がある様子を聞いていましたが
最後には「友達とすっかり楽しそうに遊んでます」とお話があり、とても安心しました。

お遊戯会では、息子ひとり棒立ちで全く踊らずでしたが(苦笑)
ただ舞台には一番にぱーっと元気に走って出てきて
沢山の人が見ている舞台に、しっかり立ててたことに、感動しました。

保育園の夏祭りでは人の多さにびっくりして園に入りたがらなかったり
発表会では泣きべそかいてずっと先生の膝にいたあの息子が・・・
ちゃんと舞台に立ててたんですから。
先生いなくても、一人で舞台に出てきたんですから。

ほかの子に比べたら低いハードルですけど(笑)
息子ができるようになったことの多さに、私がただただ感動しました。


ある程度大きな集団である、幼稚園を選んで、良かったなと、思いました。







あぁ、、予想以上に長くなってしまいました・・・


まだ書きたい事あるのですが、ひとまず、ここまでにして
残りはまた続きで書きます^^



↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。