スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きなバナナ

2013.06.16 09:49|◆ 絵本のある毎日

息子は、バナナが大好き。
バナナのことはまだ「ばーばーばー」としか言えないですが。笑

そこで、せっかく好きなバナナ。
美味しく食べながら色々学ぼう!と、チル大ワークの材料にしてみました。


ということで、最近買ったバナナの絵本。



これ面白いです♪


突然、バナナを冷蔵庫に入れたら1週間後黒くなった!というところからスタート。

なので、今1本バナナを冷蔵庫に入れてる我が家です。
黒くなるまで待つ間に、バナナを食べながら絵本タイム。
(行儀悪いですが、今回は特別に…)

食べ始める前に一度一緒に読み、それから「バナナ食べる?」とバナナをあげました。
最近はバナナの皮を自分でむくようになりました。

P1070892.jpg

バナナについてる白い筋は、実に栄養を送るための大事な筋。
私も初めて知りました!
一緒にバナナを見て、この筋だね~これがバナナに栄養を送ってくれてたんだね、とお話。
息子も、うん!うん!と良く頷いてました。

P1070887.jpg

おいし!のポーズでご機嫌♪
本当にバナナが大好きです。


バナナのさきっぽの黒いところは、花が枯れた名残。
そういう話も絵本に出てきたので、息子はこの絵本を読んで以来、
バナナを食べる時は毎回さきっぽの黒いところを指さします。
絵本からのインプットがリアルとつながると、本当に印象深く子どもに届きますね。

ちょっとしたことだけど、バナナがどうやって出来ているか知るきっかけになりますよね。
実際にバナナの木を見ることは日本では難しそうだけど、絵本を通じて、
バナナは花の根元にあった実がふくらんだもの、白い筋が栄養を送っていた、など知るだけでも
食べ物はスーパーに並んでいるんじゃなく、それを一生懸命作ってくれる人がいる、というのを
伝えることができます。

まだまだ、遊び食いして時々ご飯を投げたり、わざと落としたりする息子。
そのたびに、「食べ物は粗末にしないで。一生懸命作ってくれた人がいるんだよ。失礼だよ。」
と言い聞かせをしています。
伝わっているか分からないですが、ご飯の時だけじゃなく、絵本を通じてやベランダ菜園など通じて
食べ物を作ることが一日にして出来ないこと、手をかける必要があること、など伝えていきたいなと思います。




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。