スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏野菜、いろいろ。

2015.05.20 10:16|◆ 家庭菜園・ガーデニング

息子の妊娠中から始め、息子が生まれた年はバタバタでてきなかったけど
翌年から再開した、我が家のベランダ菜園。

週末、息子とベランダの整理をしました。

終わった冬野菜を一掃して、土をふるって再生剤を混ぜて、
そのあとお父さんも一緒にホームセンターへ行き、
新しい土と、肥料と、再生剤と、
あと夏野菜をたくさん買い込んできました。

帰ってからまたベランダ作業。

なかなか暑い日で、息子と私、汗だくになりながらも。

なんとか、土の処理もでき、
プランターにまた石と土を入れ、野菜たちを定植。


今年は、

プチトマト二種類
オクラ
ピーマン
ナス
きゅうり
ゴーヤ
バジル

というラインナップ。


毎朝、もっとのむ?おいしくなってね、などと声をかけながら水をあげる息子。
我が子ながら、こういう瞬間、あぁ、優しい子だなぁ、と、ほっこりします(^^)

P1040595.jpg

P1040597.jpg



食育、というほどではないですが、
小さいベランダで少ないながらも野菜たちを自分の手で育てることは、
ただスーパーに並ぶ野菜を買ってくるのではわからない、
多くのことを、実体験として学ぶことができると思います。

毎日水やりをしなければ、枯れてしまうこと。
肥料や水は、多すぎても良くないこと。
野菜にも、花が咲くこと。花の色や形もいろいろあること。
花が枯れて、実がふくらんでくること。
時には虫がついたり病気になること。
そうしたらちゃんと対処してあげないといけないこと。


野菜を作るって、色んな事に気をつけ、毎日毎日欠かさずお世話しなければいけない。
だからこそ、実がなった時、収穫できたときの感動は格別。

自分で作った野菜は、ピーマンもナスも、息子は良く食べました。
元々苦手だったトマトも、ベランダでトマトを自分で獲ってから、好きになったようでした。
やっぱり、自分で作るって、特別。


去年は、うまく実がならず、全く収穫できなかった野菜もありました。
逆に面白いように実がなり、食べるのが追いつかなかったものも。

そんな去年の夏野菜の話をしていると
「みずがすくなかったかねぇ~」「ひりょうをちゃんとあげないとね!」と息子。笑

今年はどれも、沢山実るように、お世話がんばろうね~。
これから野菜たちがグングン成長していくのを見るのが楽しみです♪



↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。