スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテッソーリ園、子どもの家という選択肢 ②

2014.03.21 22:26|◆ モンテッソーリ
★モンテッソーリ園・子どもの家という選択肢 ①

続きです。

=====


何事も、思い立つといてもたってもいられない私(^^;;
(学生時代も突然思いたち、一人インドにボランティアに出かけるなど、親をびっくりさせることが多々ありました)


モンテッソーリ園、子どもの家という選択肢を、これまで憧れを抱きつつも諦めてきましたが、実は可能なのではと思うと、やはり通わせたくなってしまい。

モンテッソーリには、家でも実践できる考え方、環境作り、手作りのおしごとが多くあります。モンテッソーリ園や子どもの家に通わなくても、私自身の意識や心がけ次第で、息子にモンテッソーリな環境を用意することはできるし、普通の幼稚園に通っていてもその心がけを忘れずにおうちモンテを続けて行こう、と、思ってきました。

もちろん、その気持ちは今も変わりません。家でできるモンテッソーリは、今後も息子と私のペースで続けていくつもりです。


けれど、てんしのおうちの学びの中で、また、ゆき先生のモンテッソーリベビークラス(http://ameblo.jp/pink-pink-sheep/)に参加したりして垣間見る、魅力的なモンテッソーリ教具の存在、資格を持ったプロのモンテッソーリ教師、そしてモンテッソーリの大きな特徴でもある、異年齢混合の縦割り保育。
これらを総合して「モンテッソーリメソッド」と相良先生は呼んでいらっしゃいますが、このモンテッソーリメソッドは、やはり家では実現できません。

もちろんモンテッソーリメソッドがなければモンテッソーリの子育てができないわけではないとは理解していますが、でもやはり、可能であれば、息子や、また二人目にも、モンテッソーリの恩恵を最大限に受けられる環境を用意してあげたい。
そう思うようになりました。


ですが実際に通わせようと思うと、いろいろ不安や懸念、疑問点もでてきます。

まず距離の問題。
我が家から徒歩圏内にモンテッソーリ園や子どもの家はなく、電車か車で30~40分はかかります。
体調や天候など様々な要因が変化する中で、送り迎えできるか。息子は疲れてしまわないか。また、二人目を送迎に付き合わせることにも抵抗は感じ、かなり悩みました。


それから、幼稚園か、子どもの家か、という選択。
子どもの家は小規模だからこそのアットホームさ、先生の目が行き届くきめ細やかさなどがやはり魅力。
一方で幼稚園は、ある程度大きな集団だからこそできる行事や活動の醍醐味。園庭があるなどの魅力。
どちらにもメリット、デメリットがあり、息子にとってどちらがより良い環境なのか。これもかなり悩みました。


このあたりは、私ひとりでは分からないことも多いので、モンテッソーリを知る周りの人たちへ相談しました。
様々な視点でご意見いただくことで、新たな気づきを得て、私自身最近は、息子の幼稚園という環境選びをきっかけに、そもそもどんな育児がしたいのか、息子にどうなって欲しいのか、私はどうありたいのか、今後どうしたいのか、などなど、発展していろんな考えに頭を巡らせる日々です。


そして、最終的には、相談した皆さんから頂いたように、直感を信じ、私がしっかりと決断しようと思いました。
いろんな意見を聞くのは大事。けれどその決断に責任を持てるのは私だけ。
最後は、私が素直に感じたことを信じて決めようと思えました。
本当に、いろんな方に感謝です。




、、、と、だいぶながーくなってしまったので、、また続きます!




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。