スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<英語育児> 我が家の取り組み

2013.06.02 22:43|◆ 英語育児
チルドレン大学を知り、受講を始めるよりずっと前から
我が家なりの英語育児への取り組みとして、CTP英語絵本を利用しています。

私がお世話になっているのはCTMさんです→英語教材のCTM

こちらで、CTP(Creative Teaching Press)英語絵本のLevel1&2 96冊を購入しました。

CTPの絵本は、Level1~3まであり、各レベルそれぞれ48冊づつ。
絵本は、
・Science
・Fun&Fantasy
・Math
・Social Studies
の4つのカテゴリーに分類されていて、すべての絵本にネイティブによる朗読CDがついています。

私が英語絵本の教材を育児の中に取り入れようと思ったきっかけは、この本を読んだこと。




著者がご自身のお子様の育児の中に英語絵本の読み聞かせを取り入れ、
結果的にお子様が英語絵本を自分で朗読するようになる過程などが紹介されています。

この本を読んで、我が家の英語育児は英語絵本の読み聞かせが軸になりました。


そもそもの英語育児に関する考え方と、英語絵本の読み聞かせに出会うまでについて
少し書いてみたいと思います。

私は、高校までは日本で勉強しましたが、大学はアメリカで学ぶことを選びました。
アメリカでの4年半ほどは、本当に貴重な経験でした。
英語を話せることで沢山の国の人たちとコミュニケーションを取ることができ、
英語圏の文化に触れることで日本に対する見方が変わり、日本をますます好きにもなりました。

ですが、同時に、中高と一通り英語の勉強はしていたし英語も好きだったにも関わらず
実際にネイティブの英語を聞いて、自分の思いを英語で話すことがいかに難しいかということを
切実に感じたことも事実でした。

留学最初の1年は本当に辛く、ホームシックも重なり、ひきこもり一歩手前でした><
渡米間もないころ、「How are you doing?」さえ聞き取れなかったことは本当にショックで今も忘れられません。
(でも今となれば良い思い出ですが)

なので、子どもには早くから、出来る限りの英語教育を与えたいと思っていました。
中高で本格的に学ぶ文法やリーディングはどっちかというと私に中で二の次で、
とにかく重視していたのは、英語を聞ける耳を作ることです。

自分が経験したことから、英語は(というかどの言語もそうだと思いますが)
聞きとれなければ、話せるようにはなりません。
読めても、書けても、聞ける、話せるとは別物です。

そして、英語が聞ける耳を育てるには、中学高校では遅すぎると私は感じました。
様々本を読んだりネットで調べるうちに、3歳まではどんな言語も聞き取れる耳の黄金期と知り、
今この幼いうちに、わが子にしてあげられる英語教育は、英語が聞ける耳を作ることだと感じました。


そしてそのための教材を探し始めたのですが。

色々調べてみると、世の中で有名どころの英語教材って本当に高い…。
某夢の国(ばればれか…)さんの教材の体験をしたことがあるんですが、
教材的には様々工夫されていて面白いしやってみたいなーと思ったけれど、いやしかし高い。高すぎる。。
基本セットだけでそろえても確か80万くらいしたような。汗

さすがにそこまで手が出せない…と思っていた中で、とりあえずやっていたのは
Youtubeの英語系子ども番組(日本で言う「お母さんと一緒」みたいな)をかけて音声だけ聞かせること。
まだ息子も0歳でしたから、あまりテレビも見せたくないし、と、とりあえず音だけかけたりしていました。

そのうち、アルクの幼児向け英語CD「エンジェルコース」に出会い、安くはなかったですが購入しました。
このCDを1日30分~1時間程度、ただかけるという方法で、英語の聞き流しをしていました。


そんな中で息子が1歳前後に出会ったのが、上に紹介した本。

ここで紹介されていたCTP英語絵本に興味を持って、調べているうちに、
英語絵本で英語教育、というのがすごく自分の中でしっくりきて、購入に至りました。

アルクのエンジェルコースをやっている時に思っていたんですが、
CDの音声や音楽はとても美しくて素敵なのですが、これが絵本になっていたらいいのになって。
絵本だったら、普段日本語の絵本でしている読み聞かせのように、CDをかけながら、
息子と一緒に絵本をめくってもっと楽しめるんじゃないかって。

それがCTP英語絵本では、ネイティブによる朗読CDつきなので可能だったのです。

私も英語そこそこ出来る(と自負している)ので、自分で英語絵本を読んでもいいんでしょうが、
大事な時期に耳にする英語は、やはりネイティブのものがいいなと思っていました。
(とはいえ、今では私も練習して、息子に英語で読み聞かせしてます。CDの聞き流しもしつつ。)


というわけで、現在我が家の英語育児の軸は、CTP英語絵本を使った読み聞かせです。

絵本は私も息子も大好きだし、読み聞かせの時間は私たちにとってとても楽しい時間なので
日本語の絵本を楽しむのと同じように、英語の絵本も楽しんでいます。
最近は読みたい絵本は息子が持ってくるようになり、俄然車系が人気なのでCTP絵本の出番が少ないですが。。
まぁそんなときは、CDのかけ流しだけやってたりします。
(ちなみにエンジェルコースのCDもかけ流しやってます)


息子から英語はまだ出てこないですが、時々言葉の語尾をまねしていることもあり、ビックリします。


チルドレン大学で、今後マザーグースや英語絵本の読み聞かせに進んでいくのも楽しみです。
英語本.comでは英語絵本の朗読音声も無料で配信されているので、どんどん利用したいです♪



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。