スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<チル大 基礎編> Vol.10 頭と身体は切り離して考えられない②

2013.06.05 13:00|┣ チルドレン大学 基礎編
チルドレン大学受講中です。
http://eigobon.com/childrensuniversity/index.html

*****

私が子供のころ、どんな遊びをしていたか、ふと回想してみました。

生まれ育ったのは東京ですが、都心ではなかったため、割とまわりに緑はあふれていました。
少し行けば大きな芝生の広場や林のような木々が茂る大きな公園もありましたし、
家の周りには草がぼうぼうと生えるちょっとした敷地や、田んぼや畑もありました。

そんな環境の中で、もちろん、本物の森や川で遊んでいた子供に比べれば劣るけれども
駆け回ったり、木に登ったり、虫やちょうちょをつかまえたり、存分に身体を動かして遊ぶことができました。

夏休みに田舎に帰るといって、地方のおじぃちゃんおばぁちゃんのところへ行くお友達を羨ましくも思いましたが
(うちは両親共に東京に実家があるので、いわゆる田舎がないんですよね)
だからなのか、両親は良く旅行に連れていってくれました。
夏は山や海へ。冬はスキーへ。
今思うと、アクティブに遊びに連れていってくれた両親に感謝してもしきれません。

都内ではありますが、おじぃちゃんちでは畑もあったので、耕すのを手伝ったり、
火燃し用の小枝を集めて回ったり。
大工なおじぃちゃんの仕事をまねして木材を運んでみたり。

東京に住んでいながら、両親やおじぃちゃんおばぁちゃんのおかげで、
東京ではなかなかできない(かもしれない)経験を多々させてもらって、成長してきました。
おかげで、今でもすっかりアウトドア派な私。
ありがたいことに旦那ちゃんも同じくアウトドアなので、一緒に山を登ったり街道歩きをしたり、
週末ごとに出かけては身体を動かして心地よい疲れを感じています。


そんな私たちなので、息子も自然と、外で過ごすことが多くなっています。

私の子供の頃に比べると、だいぶ周りの環境は変わりました。
実家の周りの草ぼうぼうで友達と秘密基地を作って遊んだ場所には
今は家が4~5軒立ち並び、田んぼや畑だった場所はパーキングになっています。

野球やサッカーなど、ボール遊びをした公園も、今ではボール遊び禁止になっていたり。

子どもが身体を存分に動かして遊べる環境は、どんどん減っているように思います。


それでもまだまだ、息子が走り回れる場所は残っています。

仕事が休みの日に、お天気ならほぼ必ず行くのは、大きな公園。

ちょっとした林みたいになっていて、とても気持ちが良いです。

102.jpg

先日も、木の枝振りまわしたり、どんぐりを拾ったり、息子と探検してきました。


週末は旦那ちゃんも一緒に、みんなで山歩きに出かけることが多いです。

P1070815.jpgP1070817.jpg
P1070818.jpg


このあいだは、少し険しい木の根の張った登り坂を、頑張って歩いていて関心しました。
だんだん歩ける距離も伸びてきて、坂道や階段にも慣れてきているので、
一緒に山歩きが一層楽しくなってきました。

ちょっと前も旅行の時に、滝を見に行くため階段を下ったのですが、
帰り道は自分で歩く!と、結構長い階段を全部登り切り、ビックリしました。

どんどん体力もついてきて、動きたい、自分で歩きたい、という気持ちが強くなっているんですね。


平日は家の周りの公園で、週末はこうした山の中などで、
思い切り身体を使わせる機会を、これからも作ってあげたいと思います♪




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。