--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘っこ、2ヶ月半になりました。

生後1ヶ月になる前から、活動の場と設定したマットの上にはムナリモビール。
最初はあまり見ている様子はなかったんですが、
1ヶ月に入った頃から、すごーく注目するようになってきました。

過ごしやすい気候になってきたので窓を開けていますが、
風が入ってきてふわふわーっとモビールが動きます。
大人の私が見ていても心地よい動き。

娘っこもなんだか楽しそうに目をキラキラさせてみています。

P1010702.jpg


ムナリモビールは、まだ視力が弱い赤ちゃんでも見やすい
白黒でコントラストのはっきりした幾何学模様とガラス玉のモビール。
マットの上、30センチくらいのところにくるように吊るしてます。

娘の位置を変えて、モビールがある場所に変化を持たせたりもしてます。

結構集中して見るときは5分くらいじーっと眺めていたり。
こんな赤ちゃんにも、集中現象があるんですね。


あと、写真に写っているしましまの絵本はこちらです。




娘に初めて読み聞かせしている絵本です(^-^)
これも、黒白のしましまページへの食いつきは半端無いです。



そんなムナリモビールも、最近はそれほど娘の注目を浴びなくなったような??
生後2ヶ月も後半にはいるし、そろそろ次のモビールの出番かな。
ムナリモビール、あっという間の出番だったなー。
娘に用意した始めてのモビールだったので
結構愛着もあり、しまうのは少しさみしい(^^;;
でもその時期に最適の環境を用意していくモンテッソーリ。
出発は娘ですからね、ここはいさぎよく次へいきますか。笑





にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
2014.10.05 02:11|┣ 敏感期

文字の敏感期とほぼ同時平行して、
数字の敏感期もやってきているようです。

そもそもの始まりは、時計(時間?)への興味からでした。


少し前から、やたらと、「いまなんじ?」と時間を聞いてくるようになりました。

そのうち、部屋の時計を動かして、自分で
「もう3じのおやつのじかん」などと、勝手に3時にしたり。笑
我が家、壁掛け時計がなく、どれも置き時計なので、
息子が触りたい放題。
もう家中の時計の時間が、めちゃくちゃ(>_<)という状態に。。

これは困った、と、息子に時計を用意してあげました。
思いのほか大きくて届いたときびっくりしましたが、これ。



息子、かなり気に入った様子(*^^*)
寝る前の絵本タイムにもベッドにお供するくらい。

これは時を刻む時計ではなく、自分で動かせるもので、
長針と短針が連動しているので時間の進み方を伝えるうえではなかなか良いです。

あわせて、絵本でも時計を楽しめたらと購入したのがこちら。



これも大ヒットでした。

時計の数字と絵本の数字を順番に指さして読みあげたり、
絵本に出てくる時間を時計で再現し、「7じ」「8じ」などと唱えたりしています。






この時計の本は2冊セットになっていて、①では、「7時」や「7時半」までが登場します。
②では、「7時20分」など、もう少し長針の位置が複雑になるパターンが登場します。
今の息子は、もちろん①の段階。半、という概念もまだ理解は難しいようです。

とはいえ、時計の長針をぐるっとひとまわりすると短針が1時間分進むことや、
そもそも時計の針は右周りしていくことなど、大人になれば当たりまえなことでも
息子にとっては新しい発見。
一緒に時計の針をぐるぐるしながら遊び半分で学んでいます。


面白かったのは、2学期が始まり、子どもの家のお別れで泣いてしまった息子。
でも先生が「お母さんは11時半になったらちゃんと迎えにくるから大丈夫よ」と
腕時計を見せてくれたんです。
そしたら息子はぴたりと泣きやみ、「11じはん?どこ?」と時計にくぎ付け。
先生が「この長い針がぐるーぐるーっと2回まわったら、11時半になりますよ」と言うと
なんだか安心したように笑顔になり、「いってきます!」と子どもの家に入っていきました。

これには本当にびっくり。

母と離れる不安をも消し去ってしまうほど、彼は今時計に夢中なのでしょうか。
はたまた、今すごく興味のある時計を先生が見せてくれたことや、
時間を気にする今、何時に来るか、というのを具体的に示してもらったことが
息子の注目を一気に集め、不安をぬぐいさり、安心感を与えたのでしょうか。

とても興味深い出来事でした。



そんな風に時計に夢中になったころから、身の回りのあらゆる数字に興味を持ち始め、
特にすごいのが車のナンバープレート。
そもそもの車好き、だからか、特に目がいくようで、
お散歩などで歩いていれば片っ端から読みあげます。

あとはおうちの前に出てる番地を表すプレートとか、
看板に書かれた電話番号とか、駐車場の番号とか。。
もうすごいすごい。
これぞ敏感期!ですかね。
もう息子の目には数字しか見えてないんじゃないかってくらい。笑

おかげで歩いててもなかなか前に進みませんが。。
そこは時間が許す限り、息子に付き合い、
思う存分数字を楽しませてあげたいと思う、ここ最近です(^^)




モンテッソーリでは、数を理解することとは、
以下の三つを理解することで初めて達成されるとしています。

● 量物 : 感覚でとらえる
● 数詞 : 量物を言い表すときに使う
● 数字 : 量物を書き表すときに使う

つまり「3」を理解するということは、
例えば石が3つあることをイメージでき、
それを「さん」と言い表せて、「3」と書けること。


息子の数の理解は、おそらくまだ、
数詞の理解なのかなと思います。
数字については読めるけど、まだ書けません。

量物の理解について、またゼロの概念については、
最近息子とブームなちょっとした遊び?を通してサポートしているのですが、
それはまた次回の記事で書きたいと思います(^^)





にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村



09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。