--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.27 12:00|◆ 自然・命とのふれあい


一緒に過ごすようになって、
正期産には入っていたけどまだまだ動けるうちに、と、
息子とたくさんお出かけしては、いろんな体験をしました。


まず一番感動したのが、蛍を見れたこと。
まだ六月中のことですが、日帰りで鎌倉まで出かけて、
蛍を見てきました。
あるお寺さんの池で蛍を育てていて、
そこから流れる小川で蛍が見られる、というのを聞いて。

我が家の付近ではまず見られないし、
私自身、子供の頃一度山で見たかな?という曖昧な記憶があるだけ。
大人になってからは見たことはなく、見てみたい!
息子にもみせてあげたい!と、見頃も終わりかけの時期ではあったのですが
旦那ちゃんも一緒に、いってきました。





くらーい小川のまわりを、
目をよくよくこらして蛍を探しました。
なかなか見つからず、あーもういないのかなーと思いましたが、
そんなとき、すっと光るものが。

ふわーっと緑がかった黄色い光が、向こうから私たちのすぐ近くまでとんできました。
それからふわーっと動いていくのを追いかけて、
光はシダの葉っぱにとまり、その後も光続けていました。

思っていた以上に、明るく、長く光るのですね。
大人の私の方が息子より興奮してしまってました(^^;;

息子も、きれいだねぇ、と見てたけど
案外あっさり、もうかえろぉーと言ってきたりして。。

感動はまだいまひとつ、だったみたい(^^;;

でも息子と一緒に蛍が見れて良かったです。
蛍は成虫になってからは口が小さく水しか飲めないため
10日ほどしか生きられないそう。
その間、一生懸命光でアピールし、パートナーを見つけ、
自分の子孫を残そうとしているんですね。

儚くもあり、でもその光はとても力強く、美しかったです。
また来年も見にきたいね。
息子の反応もまた変わってくるかな?(*^^*)



そんな体験からしばらくして、実は我が家の近くで
蛍を飼育し、観察できる場所があることを知りました。
これは!と、実家の母も一緒に息子を連れて行ってきました(*^^*)

ここでは例年夏の夜、蛍の鑑賞会が催されていたのですが、
残念ながら、今年はなく。
理由は、最近区の職員が視察といって蛍が生息する環境を踏み荒らし、
蛍が暮らせなくなってしまったらしいのです。

本当にひどいはなし。。。

それで現在、また飼育員さんたちが
一生懸命蛍の育成にとりかかってくださっていて、
まだ数年先までは鑑賞会の開催は難しいけれど、いつかまたきっとできるようにします、
とのことでした。

それでも昼間、蛍が暮らす環境や、
蛍の飼育の様子が見られるということで、そちらを見せてもらってきました。



こちらが、鑑賞会では1000を超える蛍が飛び交うという、蛍の森。
蛍が住む環境を人口的に作り出したハウスです。
(あー今年見られないのが本当に残念>_<
いつか子供たち連れて見られるのを期待して待ちます)


それから、蛍の幼虫や、幼虫が蛹から成虫になるための環境も
見させてもらいました。

⬇こういった水のなかで、小さな貝などを食べながら幼虫は大きくなるそう。
普段は物陰に隠れていることが多いそうです。




そして蛹になるときは、水を出て、
⬇の写真の上側にある土のなかにもぐりこみます。




そして、成虫となった蛍も、見せていただきました。



わぁ可愛い♥

息子の手の上に飼育員さんが乗せてくれようとしたのですが、
息子は怖がって拒否!笑
でも興味はあるようで、じぃーっと見入ってました。

これがこのあいだ、ふわーって光ってた蛍だよーと
お話すると、ひかってたねぇ、と、思い返していた様子。

ちなみに、鎌倉で私たちがみたのは、ゲンジ蛍だったようです。
時期的に、あとは、小川などの清流で見られるのは主にゲンジ。
ヘイケは七月に入ってから、主に田んぼや池などの止水で見られるそう。

ゲンジのほうが大きくて、
光も明るく、長く光るそうです。
ヘイケはもう少し弱い光で光ったり消えたりするみたい。

ヘイケもいつかみてみたいなぁ(*^^*)


蛍が本当に大好き!というのが伝わってくる飼育員さんで、
たくさん蛍について、学ばせていただきました。

来年の夏は、妹も一緒にまた鎌倉で蛍みようね。
そして、この蛍の森での鑑賞会も再開されたら絶対こようね。
そんな風に思った、夏の一コマでした。




それから、実家の庭で、蝶の交尾にも遭遇しました!

実家では、母が沢山虫や鳥が集まるように、と
いろんな種類の草花を植えています。
なので本当にたくさんの蝶が集まってきます。

ちょうど実家にお邪魔してたときに、アゲハ蝶が二匹、
舞うように飛んでいて、窓の近くの葉にとまりました。
よくみると、交尾していたんです。

写真では見にくいですが。。




母も私も大興奮!笑
息子も呼んで、ほらみてごらんー!って、観察を始めました。
息子もじぃーっと見入っては、
自分のおもちゃの電話(飛行機にのったときにもらったもの(*^^*))で
写真をとる真似をしたり。




実家にあった昆虫図鑑で、
あれはどの蝶々だろうね?とみんなで探して見ました。
羽は黒くて、黄色いポチポチ模様が少し。
でもオスとメスで、この模様の入り方が違うのですね。初めて知りました!

じーっくり観察してみると、どうやらオナガアゲハだった気がします。

そしたら途中で、二匹つながったまま、飛んで、
もっと近くまできた!



すごくよく見えるところにきてくれました。

息子も真剣に眺めてました。




私はもちろん、蝶の交尾は初めて見たのですが、
あまりに長いのでびっくりしました。
なんと、一時間以上も、この状態でいました。

そして最後は、上にいたメスが先に飛び立ち、
オスはまだしばらくその場に残っていましたが、その後ふらふらーっと飛んで行きました。
オスはもう、力使い果たした、という感じで。
子孫を残す、という重大な役目を終えたのですね。

息子にとっても印象的な出来事だったようで、
このとき以来、たびたひ昆虫図鑑を持ち出しては、オナガアゲハを探したり
ちょうちょみたねぇ、とお話したりしてます。





その他は、実家の近くにある水車公園にいって、水車をみたり。




水車小屋の中で、水車が回る力を利用して
稲をすりつぶしたりするよ、とみてみたり。






これがお米になるんだよー、と田んぼを観察したり。






それから近所の美術館ではボローニャ国際絵本原画展が開催されていたので
それもみに行ったり。







水族館にもいったりしました。











と、
なんだか最後は駆け足になってしまったけど、
娘の出産まで、動ける限り(笑)息子とお出かけしました。
楽しかったねぇ。


しばらく私は一緒に遠出はできなくなってしまうけど、
また落ち着いてきたら、息子と娘と、いろんなところに出かけて、
いろんな体験をさせてあげたいです。


長々と失礼しました。

息子とのお出かけの記録でした(*^^*)



にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2014.07.26 16:24|◆ 独り言



しばらくブログ更新が途絶えていた間は、息子とべったりな期間でした。

六月末で、出産に備えて仕事を辞め、
同じタイミングで息子も二年弱通った保育園を退園しました。

これまで平日は保育園で我慢させてしまった分、
出産までは残り少ない、息子一人をみてあげられる時間を大切にしよう、と、
少しブログ更新から遠ざかっていました。


二人で毎日を過ごすようになってからの息子は、
なんだかパワーアップした気がします。いろんな意味で。

ネガティブな受けとめ方をしてしまえば、わがままが増えた、というか。
手に負えない!と実際疲れ果てることもしばしば。
悪いこととわかっていて、こちらが怒るとわかっていて、
わざとやったり、ふざけてたたいてきたり。

なんだか怒ることが増えてしまって。
あーこんなに怒ってばかりで、二人の大切な時間がなくなっていくの?
こんなに息子はいう事聞いてくれなかったっけ?
私はなんでこんなイライラしながら毎日疲れてるの?
と、正直弱音ばかりが心のなかでぐるぐるした時期もありました。
妊娠中という、心の不安定さも手伝ってか、
気持ちも体もほんとに落ちてしまう日々が続きました。


でもそんなとき、息子の姿をみた実家の母が、
こんなことを言っていて、はっとなりました。

「いままで、保育園でいい子にがんばってきたんだね。
これがほんとのあの子の姿なんだよ。
のびのびしてて、いいじゃない。」


さすが母だなぁ。

私には、思いもつかなかった、息子の捉え方でした。


そして、確かに、のびのびしてる、と言われればそうでした。
今までもよく笑う、元気な息子だったけど、
二人で毎日過ごすようになって、
より一層元気に、やんちゃに、あほっぽさも加わり、
三歳間近なのもあるのでしょうが、おしゃべりもどんどん達者になり。

とにかく常に何かしては、何かしゃべって、動き回る。
ほんとにすごいパワー。


保育園に通っていた頃は、
朝はバタバタ支度して、保育園でほとんどを過ごし、
帰ってからもご飯、お風呂などやることやって、
ほんの少し一緒に遊んだらもう寝る時間。

やっぱり、息子にとって特別な、母親である私との時間は短く、
その分我慢していい子にして、保育園で頑張ってたんだな、
その分今、正直にわがままややんちゃがでているんだな、と思えるようになりました。

そしたらいろんなわがままも、ようやく受け止められるようになったというか。
もちろん、ダメなことはダメってしっかり伝えるし、
怒るときは怒るけど、
多少のことは、笑いに変えたり、穏やかな気持ちで対処できるようになった気がします。




入院中のいまが、ゆっくりいろいろ書ける最後のチャンスかも?と思い(笑)
これまで書きそびれていた息子との毎日の記録を残しておきたいなと思ったのですが、
前置きが長くなってしまった(^^;;


次の記事にしますー。






にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村
2014.07.26 08:29|あいさつ


ご無沙汰していました。


7月24日 午前11時22分
無事、女の子を出産しました。




50センチ、3584グラムのなかなかのビッグベビーです(*^^*)

23日の18時頃から弱い陣痛がはじまり、
大きめだったからかおりてくるのがゆーっくりで
24日朝までゆるーい陣痛のまま。
三分間隔になって、少し歩いてーと先生から言われて
歩き出したらすぐ破水。

破水後は一気に進み、痛みもようやく強くなり、
一時間ほどで出産に至りました。
痛かったのは一時間もないくらいの、
すっごい安産でした。

実は一人目は、陣痛がきてから10時間ほどかけてようやく子宮口が全開し、
分娩台でいきんだもののなかなかおりてこず、
その後疲労から陣痛が弱まってしまい促進剤。
分娩台でまた陣痛に耐えて6時間、
最後は吸引とお腹を上から押されてようやく出産しました。

出てきてみたらへその緒が身体に絡まっていて、
それでおりてこられなかったようで。
とにかくかなりの難産だったので、
今回は痛かった時間も短く、
自然に産めたしほんとに安産でした。



しばらくはバタバタしそうですが、
少しずつ、モンテッソーリをとりいれた赤ちゃん育児を
実践していけたらと思います。

ゆるりと更新していくと思いますが、
今後とも、新しい家族共々、どうぞ宜しくお願いします。




にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村





06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。