--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.28 22:28|◆ 家庭菜園・ガーデニング
週末、ホームセンターで苗を買ってきて、ベランダのプランターに夏野菜を植えました(*^^*)

去年はミニトマトやバジルを植えて、夏にたくさん収穫できましたが、残念ながら息子はトマトが苦手で。。
収穫には意欲的に取り組んでくれましたが、食べてはくれず(^^;;

以下、去年のトマトやバジルの写真です。

P1070855.jpg

P1070859.jpg

o0480064312504633161.jpg
P1080263.jpg

P1080260.jpg

P1080191.jpg



というわけで、今年の夏は、息子も好きな野菜たちを中心に栽培することにしました!

キューリ、オクラ、ナス、ピーマン。
この辺は息子も良く食べます(*^^*)

加えて大人用にシシトウ、シソも。


家族みんなで土の入れ替えや、苗の植え付け、水やりなどしました~。

P1000756.jpg
P1000757.jpg

この小さめジョウロは、息子が「かずの~!」といってお気に入りです^^
元々子ども用のつもりで買ったわけではなく、まだ子どもができる前に私がガーデニングにはまっている頃可愛いなぁと買ったジョウロだったのですが、今ではすっかり息子の専用ジョウロです★

どんな風に花が咲いて、実ができてくるか、楽しみだねぇ(*^^*)
息子にとっては、この野菜たちの成長過程を見るのは初めてなので、いろんな発見を一緒に楽しみたいと思います♫

野菜たちの成長記録用にブログカテゴリも追加しちゃいました(*^^*)

美味しい野菜がたくさん食べられるよう、頑張るぞぉ~。





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2014.04.27 21:14|◆ イベント

先週末の話になりますが、4月18~21日に旦那ちゃんの実家・鹿児島に行ってきました。

年末年始は私の祖母の不幸があり帰省できなかったのと、この夏は第二子出産があるため帰省できない、ということで、私の体調も安定しているし旦那ちゃんも仕事で休みをとれたのでこのタイミングで短いですが遊びに行くことになりました^^


去年の夏に帰って以来だったので、すっかり大きくなった息子にお義父さんもお義母さんも、おばぁちゃんもとっても喜んでくれました。
息子も、みんなに可愛がってもらって本当に嬉しそうだった~。

P1000597.jpg

このはっちゃけっぷり。笑


鹿児島ではいつも、本当にご飯が美味しくて沢山食べちゃいます。
息子も例外ではなく、もりもりご飯を食べてました。

なんといっても鶏が美味しい!
新鮮だからこその鶏のお刺身。毎回帰ると出してくれるのですが、本当に美味しくて大好きになりました★

それから鶏の煮物に鶏の炊き込みご飯。鶏フルコースな夕飯です♪

鶏の煮物はお義母さんから教えてもらって家でも良く作りますが、どうもやはり、鹿児島で食べるそれほど美味しくできない…。鶏の違いだと思ってるんですが。(腕の問題もあるかも・・・苦笑)


旦那ちゃんの実家はイチゴ農家なのですが、畑の片隅で家で食べる用の野菜や果物、米も育てていて、多分肉や魚以外はほとんど自給自足だと思われます。
我が家にも良く野菜やお米を送ってくれて本当にありがたいです。
実家で頂くお食事がどれも本当に美味しいのも、やはり心を込めて作ったとりたて野菜のせいかもなぁ。




さてさて。
鹿児島では動物園に連れていってもらいました♪

P1000662.jpg

鹿児島の平川動物公園です。
入ってすぐの、サバンナをイメージしたという広い敷地に複数の動物たちが共存している様子が素敵でした。


多数の動物を見たあとは、触れ合いコーナーへ。
慎重派の息子は自分では抱っこしませんでしたが。笑

P1000710.jpg
P1000716.jpg



翌日は、イチゴ畑を見せてもらってきました!

息子はイチゴがどんなふうになっているのか見るのは初めて。

圧巻です。

DSC01430.jpg


どんどん花が咲いて、美味しそうなイチゴが出来ています~。

DSC01431.jpg
DSC01432.jpg

息子は、花が咲いて、枯れて、実がふっくらしてくる、というのをバナナの絵本を通じて知っているので、「バナナといっしょー!」と、枯れた花や、ふくらんできているイチゴを見て興奮してました^^

バナナの絵本はこちらです。
1歳の頃からお気に入りで、今でもたびたび読んで~と持ってきます。




そしてイチゴ畑では、摘みたてイチゴを頂きました♪
お義母さんが、どんどん食べ~と言ってくれて、息子も最初は「たべないー」とか言ってたくせに、調子出てきたらパクパク食べてました。笑

P1000722.jpg
P1000729.jpg
P1000730.jpg


パックまでもらって、家で食べる分もしっかり摘んで帰りました♪

P1000744.jpg



本当にイチゴ、美味しかった~。
いやしかし、息子、毎日たっくさんイチゴ食べました!

息子がイチゴが好きで美味しそうにパクパク食べるものだから、お義父さんたちが毎日畑から沢山イチゴを持って帰ってきてくれて!
孫パワーすごい。笑

東京じゃ高くてあまり買うことのないイチゴなので…(苦笑)息子もかなり嬉しそうで、「いちごおいしぃー!」って沢山言ってました。

良かったねぇ~♪

もう少し大きくなったら、畑仕事やイチゴのパック詰め、お手伝いしないとね^^



あっという間の3泊4日の鹿児島帰省でしたが、おじぃちゃんおばぁちゃん、ひぃおばぁちゃんに沢山可愛がってもらって、イチゴや美味しいご飯を沢山食べて、息子も私たちもとっても楽しかったです。
お義父さん、お義母さんたちもとても喜んでくれたので良かった~。

次に帰るのは年末になってしまうだろうから、このタイミングで元気な息子の成長を見せてあげられて良かったです。
次帰る時はちっちゃい妹も一緒だねぇ(あ、性別が判明して、ほぼ確実に女の子だそうで♡)
また賑やかな帰省になりそうだ。楽しみです^^





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村




我が家のおうちモンテはもっぱら家事手伝いが中心です。

洗濯物を干すお手伝いは、ハンカチや靴下など小さいもの中心に、これまで息子にも参加してもらっていました。




最近は、畳むことにも興味を持ったようで、私が洗濯物を畳んでいると、やるー!とよってきます。

というわけで、洗濯物を畳むお仕事?も、最近は一緒にやってもらっています。

主に、息子が保育園で使う手拭きなど。






畳んだあとは種類別に分けてまとめておいておきます。




最初は、上の写真で下においてあるタオルのように、絵柄がある表側が中に入ってしまう折り方でしたが、私が何度か裏をまず上にしてタオルをおく様子を見せていたら、だんだんできあがりが絵柄が外側にくるようになりました。

教えながら教えるというのは、正しくできるようになるまで時間がかかるけれど、息子自身が気がついて直す、という大切なチャンスをつぶさないために大事なことだと最近ますます感じます。
こうだよ、とその場で指摘しそうになることもしばしばですが、ぐっと我慢。私自身も忍耐力を鍛えているような、そんな毎日です(^^;;





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村




少し前にデビューしたはさみのお仕事。
その時の記事はこちらです

その後、はさみを使う手の動きもだいぶ上手になってきたなぁと感じる最近です。

これまでは一回で切り落とせる幅で紙を用意していましたが、ここ最近は、自分で紙を縦に持って連続で切る、というのをやり始めました。



連続で切る提示はまだしていなかったので、息子を見ていると一度完全に刃を閉じてからまた開いて閉じて、と切り進めています。

そこで、幅の広い紙を用意し、連続で切る提示をして見せました。
息子は刃が完全に閉じる前にまた開いて動き出す様子をなかなか楽しそうに見てくれました。
そして私が切り終わるなり、やる!と。

そして、黙々と、どんどん切ってました(*^^*)




私は幅の狭いほうを縦に切るのを想定して紙を用意して提示もそのように見せたのですが、息子的にはもっと長く切りたかったらしく、自分で紙を持ちかえて長い幅のほうを切り進めていました。

切り終えてご満悦(*^^*)




それからも、紙を箱にいれる、というのは全く無視で(^^;; 切ります、切ります。
もう下は大変なことにー。




そのうち、「くらげー」とか言って何かを作り出したり。





あはは、なるほど、上手♪( ´▽`)


線を書いてそれにそって切る、というのは、もう少し自由に切ってからでいいかなーと思っていたり。
幅が小さい紙のときも線を書いたものを用意して提示もしたのですが、あまり線に合わせて切る、ということはなく、結構自由に切ってました。
「合わせる」という敏感期がくれば、線にそって切る楽しさが出てくるのでしょうが、今の息子はまだはさみで「切る」手の動きそのものを習得中なのかも。

様子を見ながらいきたいと思います。


そういえば写真の中で息子ははさみを左手で持ったり右手で持ったりしてます。
このはさみは右利き用なので右のほうが扱いやすいとは思うのですが、おそらく左利きの息子はたまに無意識に左手ではさみを持ってしまう様子。

私が初めてはさみの提示をしたときはもちろん右手でやったので、息子も右手ではさみを持って使うようになりました。なので見ていると、右手のほうがはさみの使い方が上手です。

左手で持ったときに、私から右にしたら?、とか特に促すことはしてません。これも自由選択かな。




さて、お仕事の最後は、床に散らばった紙をほうきとちりとりで集めてもらいました。



たくさん切ったねー。


集めた紙はまた袋にいれて、息子のコレクションに加わりました(*^^*)やったね♫





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村






少しずつですが、第二子誕生に備えて、モンテッソーリ的0歳児の環境作りの準備を始めました。

このカテゴリーでは、主に0歳児向けのおうちモンテッソーリについて、書いていきたいと思います。

第一弾は、キッキングボール作り!!


モンテッソーリベビークラスのプライベートレッスンなどで息子がお世話になっているゆき先生に教えて頂き、作り始めました(*^^*)

キッキングボールとは、生後3~4ヶ月のねんねの頃から使える、赤ちゃんの発達を促すおもちゃです。
寝ている頃は足のあたりに吊るしてあげて、ハイハイを始めてからはボールをおいかけて遊べたりします。

ゆき先生のブログに、実際作られた方の素敵な作品がたくさんのっていますので、ご参考ください★

今回講座に参加して、始めて実物を見たのですが、思っていたより大きい!という第一印象でした。
触るととてもソフトで持ちやすく、また上からゴムとリボンで吊るされているので少し触れるだけで面白い動きをします。
鈴もついているので触ると可愛い音がします(*^^*)

まだねんねの赤ちゃんにとって、手を伸ばして触れることができ、触れると動く、音が出る、などアクションに対して反応があることが、「できた!」につながってとても良いのだそう。

裁縫はかなり久々!
息子の誕生に向けてスタイや短肌着など作っていましたが、生まれてからはめっきり。。
でもやり始めるとやはり楽しい(*^^*)


チクチク黙々とやるの、なかなか好きです♫


キッキングボールでは布を二種類使います。
私は和柄のちりめん生地を選んでみました。




まだ作り途中です、こんな感じ。



息子を寝かしつけてからの時間で、夜な夜な少しずつ取り組もうと思います(*^^*)

また出来上がったらのせますね~



ゆき先生のところでは、0歳児向けの環境作りについても色々教えて頂きました。

ムナリモビールや、ゴビモビールも始めて実物を見て感動!
とても美しかった(*^^*)

それに繊細で少しの風の動きで揺れて、これくらいが赤ちゃんにはちょうど良いんだーと勉強になりました。
息子の時はモンテッソーリを知らなかったのもあり、実家から借りた電動メリーでした。
音楽と共にくるくる回るお人形たちは、息子には早すぎて、見ているようで見えていなかったのだろうな。
なんだか申し訳ないことしたなぁと、今更ながら反省です。

あとモンテッソーリ的には宜しくないとされるベビーベッド。
赤ちゃんの視界が制限されてしまうことや、自分で乗り降りできないことなどが、モンテッソーリな環境としては好ましくないと言われます。

息子のとき、始末に困るだろうと買わなかったものの、生後二ヶ月くらいまでレンタルで使っていました。日中はベビーベッドに息子を寝かせ、メリーを手すりに取り付けてました。
息子の世界を狭めていたことに、これまた今更ですが、反省>_<

まぁでも、過ぎたことは仕方ないので、モンテッソーリを知れたことに感謝し、息子には今、そしてこれから、モンテッソーリの環境を存分に用意したいと思う次第です。

同時に第二子はできる限りモンテッソーリを取り入れた環境の中で、「できた!」をたくさん感じさせてあげられるように育てたいな。

手作りも、キッキングボールにはじまり、トッポンチーノ、モビール数種を計画中(*^^*)

そんな様子もブログに残していけたらと思います♫



そうそう、私がキッキングボールの作り方を習っている間、息子はゆき先生が用意してくれたお仕事をさせてもらって待っててくれました。
私がはさみで糸を切るのを見たら、息子も「ちょっきんちょっきんきるー!」と言って切るお仕事させてもらいました(*^^*)

息子が切った毛糸と紙は袋にいれて、お土産でいただいてきました。



帰りの電車の中でも大事そうに持っていた息子(*^^*)
帰ったらコレクションのコルクボードに画鋲でとめました。



よかったね♫


ゆき先生、息子も私も、たくさんお世話になりました!
キッキングボール作り、楽しく頑張ります~



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村





我が家は3日に1回程度の頻度で、お米を五合炊いて、パックに小分けして冷凍してます。
毎食前にレンジでチンして温めて食べます。
毎回炊きたてを食べれたらいいのですが、私にそこまで余裕がなく。。


それで以前、このお米をパック詰めする作業を息子もお手伝いしてくれていることを書きました。
私がパックにお米をよそい、息子には蓋をしてもらっていました。





パックの形が丸と四角とあるので、モンテッソーリ的には、「形を識別して合わせる」お仕事になるかなーなんて思っていましたが、最近、「よそう」お仕事も加わりました。

息子がとてもやりたがったのと、最近てんしのおうちでも「ご飯をよそうお仕事」の紹介があり、そのうち息子にもやらせようと思っていたこともあり、今がそのタイミングかな?!と、思い切って任せることに。

炊飯器は熱いし、ご飯の量が多すぎるので大きめのお椀に適量移してセッティングし、まずは私がやって見せます。

息子はすぐにでもやりたがりましたが、なんとか見てくれました。

そして、息子の番。







ちょうど酢飯用の小さめしゃもじが息子の手にフィット。

ご飯をすくって、手首を返してパックに移す。

今写真見て気づきましたが、お椀とパックの位置が逆の方がいいな。
私の提示のときの位置のままにしてましたが、息子は左手でやるので、、位置を変えるべきでしたね。。次は気をつけます。


ちょっと余談ですが、息子は左利きのようですが私は右利きなので右手でしゃもじを持って提示しようとしたら、「左手でやって」とリクエストされちゃって、びっくりしました(^^;;
「お母さん右利きだから右でやるから見ててくれる?」とこの時は言ったのですが、ご飯をよそうくらいなら左でもできたかな。左でやってあげればよかったかな。

でも的確な動きを伝えるための提示で、母の手元があまりぎこちないのも、、、と、やはり右のほうがいいのかな。などと、後から少し悩みました。

これからも左でやって、という要求は増えるのかもしれません。
息子がすることがより複雑になってきたとき、右で見て息子はうまく左に転換できるのかな、なんて、少し気になりました。




話を戻します。

ご飯をよそってもらったあとは、蓋もしてもらいます。



そしてまた新しいパックにご飯をよそう。このとき丸か四角かの選択は、息子に任せます。

やはり時間がかかるのでご飯が冷めちゃいますが(笑)これも息子にとっては立派なお仕事なので、時間に余裕のあるときは息子に任せようと思います(*^^*)






にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村




息子は4月1日から保育園の二歳児クラスに進級しました。

前日の一歳児クラス最終日は、お別れの先生がいたり、他園に移るなどでお別れのお友達がいたりで、お迎え時は別れの挨拶が多くとてもさみしいものになりました。
特に息子が仲良しで大好きな女の子が最後だったので、お母さんともお迎えのタイミングが一緒で良くお話したし、とても寂しかったです。
女の子にも、息子と仲良くしてくれてありがとう、と伝えました。

先生たちからは、息子の一年間の作品集を頂きました。










毎月テーマにそって作品を作っていたものをまとめてくださって、最後にはお手紙もついていました。



息子を温かく見守ってくださった先生方に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

また新しいクラスで、楽しい思い出を沢山作って欲しいなと思います(*^^*)




さて、保育園準備を一緒に。の記事で、今週から息子に保育園準備をしてもらうように少し環境を整えた話を書きましたが、その後です。

今のところ、順調です!笑

さすが、なんでもやりたい二歳児くん。

リュックに保育園のタオルやエプロンいれて持っていこうと誘うと、やる気満々でした。

とりあえずひとつのボックスに必要なものを2~3の選択肢を用意して収めてみたんですが、選びにくいかと思いましたが、意外と一度やってみると、次からはどこから何を選ぶ、というのがわかってきた様子。



ハンドタオルを、「いちー、にー、さん!」と数えながら取り出してリュックにいれてくれます。
入れるときぐしゃっとなるのは、まぁまだ仕方ないかな(^^;;

エプロンなんかも、「これー、やめた、こっちー!」などと、選びながら取り出してます。


保育園に着くとリュックからタオルなど取り出してもらい、所定の場所にセッティングもお願いしています。
着替えセットだけ、子供の手の届かない場所に引き出しがあるので私がやりますが、紐付きタオルは自分でかけてくれるし、エプロン、手拭きタオルは所定のかごに入れてくれます。

なかなか頼もしいです(*^^*)


保育園から帰る支度では、使ったエプロン、手拭きタオル、着替えた洋服などビニール袋に入れられているので、それをリュックに入れてしょって帰ってもらいます。

家についたらビニール袋から取り出し、洗濯機にいれるのも息子の仕事になりました。
さらに昨日はその後からになったリュックを持ってボックスのところまで自分でかけていき、さっそく翌日の保育園準備を始めようと、タオルを引っ張り出してました。笑

やる気満々でありがたい限りです(*^^*)


こんな感じで、息子のやりたい欲求と、リュック持っていきたい気持ちが良い感じに合わさり、準備を楽しめている様子。
うまく習慣化させて、このまま保育園から幼稚園、小学校、、と、自分で翌日の準備を自然とできるようになればいいなーと、思います(*^^*)

そのうちやらない!って日が出てくると思うので、その時がまた私の「子供を信じて待つ、見守る姿勢」が試される時かな。


とはいえ、ひとまず順調なスタートに一安心です(*^^*)


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村



03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。