--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.30 19:39|◆ 自然・命とのふれあい


東京では25日に桜が開花。31日が満開予想。
日曜日は雨になりそう…ということで、昨日土曜日、お花見に行ってきました♪

朝からお弁当作りに息子も大いに参加してくれて、出発前は玄関前のお花の水やりも。

P1000425.jpg
P1000426.jpg

春だねぇ~^^
ここ最近はすっかり温かい陽気で、玄関前のお花もどんどん開花し、とても鮮やか。

先日少し手入れをしていたらご近所のおばあちゃんが「うちのお庭も見てってーお花綺麗よ」と誘ってくださり、息子と二人でお邪魔して沢山のラッパ水仙が綺麗に咲いているのを見せていただきました。
そして、息子の横にちらっと写っているラッパ水仙が、その時頂いてきちゃったもの。
頂いた時はまだつぼみでしたが、この数日で見事に開花~。鮮やかな黄色でとても可愛いです♡

秋頃パンジーと一緒にチューリップの球根も植えていたのが、最近芽を出しぐんぐん成長中!!
チューリップが咲くのがまた楽しみです♪



と、話それましたが・・・。



で、近所の大きな公園へ、お花見レッツゴー!
実家の母も一緒の予定でしたが、体調を崩してしまったとのことで残念ながら不参加。


さて、肝心の桜はというと。

P1000435.jpg

咲いてました咲いてました!

でも、五分咲きな感じ~。やはりもう少し後がもっと綺麗かな。


とはいえ、つぼみな部分も良く見るととても可愛い。

P1000430.jpg
P1000433.jpg

あぁ、桜ってホント可愛い~。癒されます。

息子も抱っこして花の近くまで顔を近づけて一緒に匂いを嗅いだりして、楽しみました^^

でも息子は、花より…木の枝!

P1000439.jpg
P1000448.jpg
P1000449.jpg

ひたすら木の枝を集めていました~。笑

両手いっぱい集まって、ご満悦。ピース★

P1000452.jpg


そして持ち帰ってはまた集めに行くーと。
この繰り返し~。


息子はキャンプの時に木の枝を集めて焚火台で燃やしてから、木の枝集めが大好きになったみたい。
公園など行くと必ず、木の枝を集め出して「もやすよーキャンプ―」と言ってます^^

今年は私の出産もあり、夏にキャンプは厳しそう。
ですがゴールデンウィーク時期にキャンプに行こうかと計画中です♪



さて、それからどんぐりも沢山落ちていたので、どんぐり集めもしました。

P1000441.jpg
P1000445.jpg

自然の中は息子の興味を刺激するものが沢山。


そしてこんなのも。

P1000464.jpg

松の木の剪定のために来ていた高所作業車~。
自然、ではないですが(笑)息子の大好きな工事現場を間近に見れて、息子大喜びでした^^」

最近お気に入りの、ダブルピース!

P1000459.jpg


ひとしきり遊んでから、お昼ご飯~。

息子はみんなのお茶を注いでくれたり。

P1000468.jpg
P1000469.jpg

もちろん自分のもついで、飲んだり。

P1000471.jpg

お弁当箱の蓋を開けてくれたり。

P1000473.jpg

息子用のお弁当箱も用意しました^^
朝お弁当準備しているときに引き出しから息子が見つけて、以前の保育園で使っていたものだったので「かずのー!」と喜び、これに自分のお弁当入れていく!と大張りきりだったので^^

P1000475.jpg


おにぎりや入りきらないおかずは、一緒のお弁当から取り分けて。

P1000476.jpg


ぽかぽか陽気で、ちょっと暑いくらいで、お外でお弁当は本当に美味しかった~。


お弁当の後も息子の冒険に付き合って公園内をうろうろ。

しだれ桜は満開でした!綺麗~

P1000499.jpg

息子とのショットを撮ろうとしたのに…こっち向いてくれず。笑
恥ずかしがり屋??

P1000503.jpg



たっぷり遊んで帰りの車では即寝てた息子。

楽しかったね♪


この日帰ってから息子が最初に持ってきたのはこちらの絵本。




本当にシンプルな絵本だけど、出来上がりのおにぎりがとっても美味しそうなんです^^

朝のお弁当づくりで、おにぎりを握るのを間近で見た息子は、いつもより一層楽しそうに、一緒に「ぎゅっぎゅ!」「ぐるぐるー!」と手で真似て絵本を見てました。^^




そういえば桜の絵本が我が家に無いので、図書館で借りて今度息子と楽しみたいと思います♪


そんな楽しい土曜日でした~。




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


ここ数日急になんだけど、朝保育園に行くときに息子が「リュックもっていくー」といってひと騒動。
どうやら、保育園で仲良しのお友達Kくんがリュック持ってきているらしく、自分も持っていきたいみたい。

保育園で使うお手拭タオルやエプロンなどの必要なものは大きめバッグに私が用意して持って行っているのですが、あまりに息子がリュックがいい!というので、来週から息子のリュックに必要なものを入れて持っていくことにしようと考えました。
と同時に、良い機会なので、簡単なものについては息子に自分でリュックに入れてもらおうかと。

3歳になる頃から、と考えていた保育園の準備ですが、リュックがいい!という今が、良いタイミングなのでは?と思いました^^

息子に準備してもらうのは、この辺かな。

●おやつ・昼食時に使うお手拭タオル(3枚)
●エプロン(1枚、1歳児クラスではおやつ・昼食時と計3枚用意してましたが、4月から2歳児クラスに進級するタイミングで昼食時のみの1枚になるとのこと)
●手洗い後に使うひも付きタオル(1枚)
●お昼寝後の着替え一式(下着、シャツ、ズボン)

そのほか適宜補充するおむつや、月曜日に持っていくお昼寝用バスタオル・パジャマなどは、私が今までの大きいバッグに入れて持っていこうと思います。

朝は何かとバタバタなので、夜寝る前に、息子と一緒に明日の保育園のバッグを準備する、という習慣を作ろうと思います。

息子が保育園準備をするために必要なものをまとめたボックスも用意しました。

P1000520.jpg


すべて入っている引き出しから選ぶにはまだ早いかなと思うので、これまでも着替えの時などに二者択一させてきたので、2~3の選択肢から選べるよう、数を調整して用意しました。
ついでなので、保育園の着替えを準備しつつ、翌日着る洋服も選んでもらうのもいいかも?

でも全部入れてしまったので若干ぎゅうぎゅうで選びづらいかも…。
最初のうちは、私がここからシャツならシャツで取りだして、どれがいい?と選ばせていくのがいいかもです。
そのうち慣れてきたら息子がこのボックスから必要なものを選んでいく、となればいいかしら?

それとももう一つボックスを用意してタオル類は別に入れるか…など、ちょっと息子の反応を見つつ検討していくことにします。


来週月曜日には2歳8ヶ月になる息子。

お兄ちゃんの階段を、一歩上る感じですねぇ。

さっそく日曜日の夜から開始してみますが、息子の様子など、また記録します^^




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


息子は最近、自分の上着のボタン(というか、フックのようなもの)を自分でとめたがります。



よいしょ。よいしょ。。






できた(*^^*)



あは。嬉しそうな表情、半分切れちゃいましたが(^^;;


三つあるうち、一番上は顔に近くてとめずらいので、私に、やって~となりますが、下の二つは自分で頑張ります。

出発直前、一番バタバタして時間が惜しいときではありますが、ここはぐっと我慢。
待つ姿勢に徹して息子のやる気を削がないように気をつけています。

衣類の着脱に関しては、まだ自分で!という意思があまり強くない様子ですが、この上着のフックと、あとお風呂前に洋服を脱ぐのはかなりやる気出してやってくれます(*^^*)

朝のお着替えが、どうしても遊びたい気持ちが強くて、自分で~とはならないのですが、その日の服を二種類用意して選ばせたり、部分的に息子に任せてみたりと、こちらも試行錯誤しながら促しつつ、息子のタイミングを待ちたいと思います(*^^*)



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村








★モンテッソーリ園・子どもの家という選択肢 ①
★モンテッソーリ園・子どもの家という選択肢 ②

=====

だらだら続いてすみません、最後です!

というわけで様々悩み、考え、行き着いたのは、息子を二歳児クラスに通わせてみよう!と。

通えるかどうか、息子にあうかどうか、などいろいろ悩みつつも、でもまずは、今チャンスがあるなら息子をモンテッソーリの環境に預けてみようと思いました。
そして何より、息子が二歳児クラスに通う中でどんな風に過ごすか、楽しめるか、クラスに行きたい!と感じてくれるかどうか。そこが一番大事な判断材料になるのかと思います。
どこに通うにしろ、息子が時間を過ごす場所ですもんね。息子の意思を一番大切に決めたいと思います。




選んだのは子どもの家。
モンテッソーリのみならず、日本古来の伝統行事や芋掘り、田植えなどのお出かけ、夏の合宿などを行っているところもとても魅力的で、候補の中で距離は一番遠いのですが、内容面で一番気に入った子どもの家です。

私自身、幼稚園の頃の記憶で一番楽しく残っているのが、園長先生が長野に持っていた別荘に園児たちを招いてくれ、たびたび泊りがけで遊びにいってはそこで田植えや畑仕事、にじますの燻製やヨモギ団子を作ったりと、いろんな経験をしました。
東京で育ち、両親ともに実家が東京なので田舎が無かった私にとっては、自然の中でもこういう体験が本当に大切なものとして残っています。

そんな記憶が私の心の根底にあるからか、旦那ちゃんとも共通して持っている育児の方針は、なるべく実体験を通じた学びを子どもにさせてあげること。可能な限り東京を飛び出し、山や川、海など自然に触れること。
キャンプもそんな目的のひとつで昨年からスタートしました。

なので、モンテッソーリのおしごともさせたいけれど、子どもの家でお友達や先生と家を出ていろんな活動ができればなおいいなと思い、こちらの子どもの家にとても興味を持ちました。

そして問い合わせをさせていただき、先日お話しを伺いに行ってきました。
ちょうど卒園式の直後とあって子どもたちはいなかったので、活動の様子などまた改めて見学に伺わせてもらうことになりましたが、先生と様々お話させていただく中で、私の疑問や懸念なども正直に相談させてもらい、とても貴重なお時間を頂きました。

残念ながら息子は駅から子どもの家に向かうベビーカーで昼寝に入ってしまい、終始寝ていたので、次回見学の際におしごとさせてもらえるそう。
先生は、実際に見学にきて、息子が活動する様子や、部屋の様子、先生の様子など、ぜひ良く見てみてください、と言ってくださいました。
二歳児クラスへの入園はそれから決めて良いと言っていただけてありがたかったです。

事前にホームページから感じていた印象通り、とても素敵な子どもの家だなぁと感じました。先生のご自宅の一階を解放していて、こじんまりしているけれど、温もりがありました。
外遊びなど気になっていましたが、近くに公園もたくさんあるので、天気の良い日は午後はたいてい公園に行くそうです。

こちらの子どもの家の二歳児クラスは週一回。二時間のクラスです。
見学させていただいてから、私の仕事の都合もあり、5月からスタートできればと考えています。

途中7月に出産を控えてますが、ちょうど夏休みのタイミングにあたるので、息子を休ませる回数も少なくすみそう。
あとは二人目がまだ小さいうちは、実家の母に協力をお願いし、息子のクラスの日は二人目をみててもらおうか、などと考えはじめています。


旦那ちゃんは、モンテッソーリをそこまで良く理解しているわけではないですが、私がモンテッソーリに強く惹かれていることは分かってくれて、息子を二歳児クラスに通わせることも賛成してくれました。

できれば3歳からの3年間も、と思っていますが、まずはいろんな懸念や疑問を、この一年通いながら検討していければと思います。

そして何より、息子の思いを大事に考えていこうと思います。

また、子どもの家は小さいからこそ、先生との相性も重要というご意見もいただいたので、通う中で息子と先生方、私と先生方の相性もどうか、みていきたいです。

結構突然最近思い立って検討を始めましたが、ご縁を頂けた子どもの家があり、幸運でした。
スタートまでしばらくありますが、週一回の子どもの家での時間が、私のほうが今から楽しみです(*^^*)

おうちでできるモンテッソーリな環境作りやおしごとの用意はこれまで通り私と息子のペースで続けつつ、子どもの家での時間が息子にとっても私にとっても、素敵なものになるといいなと思います。



また見学の際の様子や、通い始めてからのことは記録していこうと思います。

長々と書いてしまい、すみませんでた(^^;;



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

2014.03.21 22:26|◆ モンテッソーリ
★モンテッソーリ園・子どもの家という選択肢 ①

続きです。

=====


何事も、思い立つといてもたってもいられない私(^^;;
(学生時代も突然思いたち、一人インドにボランティアに出かけるなど、親をびっくりさせることが多々ありました)


モンテッソーリ園、子どもの家という選択肢を、これまで憧れを抱きつつも諦めてきましたが、実は可能なのではと思うと、やはり通わせたくなってしまい。

モンテッソーリには、家でも実践できる考え方、環境作り、手作りのおしごとが多くあります。モンテッソーリ園や子どもの家に通わなくても、私自身の意識や心がけ次第で、息子にモンテッソーリな環境を用意することはできるし、普通の幼稚園に通っていてもその心がけを忘れずにおうちモンテを続けて行こう、と、思ってきました。

もちろん、その気持ちは今も変わりません。家でできるモンテッソーリは、今後も息子と私のペースで続けていくつもりです。


けれど、てんしのおうちの学びの中で、また、ゆき先生のモンテッソーリベビークラス(http://ameblo.jp/pink-pink-sheep/)に参加したりして垣間見る、魅力的なモンテッソーリ教具の存在、資格を持ったプロのモンテッソーリ教師、そしてモンテッソーリの大きな特徴でもある、異年齢混合の縦割り保育。
これらを総合して「モンテッソーリメソッド」と相良先生は呼んでいらっしゃいますが、このモンテッソーリメソッドは、やはり家では実現できません。

もちろんモンテッソーリメソッドがなければモンテッソーリの子育てができないわけではないとは理解していますが、でもやはり、可能であれば、息子や、また二人目にも、モンテッソーリの恩恵を最大限に受けられる環境を用意してあげたい。
そう思うようになりました。


ですが実際に通わせようと思うと、いろいろ不安や懸念、疑問点もでてきます。

まず距離の問題。
我が家から徒歩圏内にモンテッソーリ園や子どもの家はなく、電車か車で30~40分はかかります。
体調や天候など様々な要因が変化する中で、送り迎えできるか。息子は疲れてしまわないか。また、二人目を送迎に付き合わせることにも抵抗は感じ、かなり悩みました。


それから、幼稚園か、子どもの家か、という選択。
子どもの家は小規模だからこそのアットホームさ、先生の目が行き届くきめ細やかさなどがやはり魅力。
一方で幼稚園は、ある程度大きな集団だからこそできる行事や活動の醍醐味。園庭があるなどの魅力。
どちらにもメリット、デメリットがあり、息子にとってどちらがより良い環境なのか。これもかなり悩みました。


このあたりは、私ひとりでは分からないことも多いので、モンテッソーリを知る周りの人たちへ相談しました。
様々な視点でご意見いただくことで、新たな気づきを得て、私自身最近は、息子の幼稚園という環境選びをきっかけに、そもそもどんな育児がしたいのか、息子にどうなって欲しいのか、私はどうありたいのか、今後どうしたいのか、などなど、発展していろんな考えに頭を巡らせる日々です。


そして、最終的には、相談した皆さんから頂いたように、直感を信じ、私がしっかりと決断しようと思いました。
いろんな意見を聞くのは大事。けれどその決断に責任を持てるのは私だけ。
最後は、私が素直に感じたことを信じて決めようと思えました。
本当に、いろんな方に感謝です。




、、、と、だいぶながーくなってしまったので、、また続きます!




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村



ブログでも何度か書いてきましたが、これまで、息子の幼稚園候補としては、ご近所の一斉保育の、いわゆる一般的な幼稚園を考えていました。
※息子は現在2歳7ヶ月。来年度(27年度)から幼稚園です。

モンテッソーリ幼稚園や子どもの家に通わせたいという思いは常に抱きつつも、私が外で仕事をしている以上、近所で園バス通学ができ、延長保育をしているなどがどうしても必要条件としてありました。

ですが、第二子の妊娠をひとつのきっかけとし、今後の私の仕事の仕方についても考えるようになりました。
というのは、今のように外で仕事をしていれば、二人目も保育園に預ける必要が出てきます。そうなると必然的に、息子も保育園にいれて、同じ場所に預けるのが現実的。
けれど保育内容、行事等の充実度からいえば、やはり幼稚園に通わせたい。
また、今通っている保育園は二歳児クラスまでなので、来年度にはどのみち幼稚園にしろ保育園にしろ、移動が必要。

できれば息子は幼稚園に入れたい、と考えたときに、家で仕事をするという選択肢を検討するようになりました。
実は少し前から、ある分野で家で仕事をすることを考え始めてはいて、私自身好きな分野なので、できたらいいなぁとまぁ、ゆるく考えていたところでした。

でも一気にそれが、息子が幼稚園に通える、今より子どもとの時間を多くとれる、などのメリットもあり、ベストな選択肢のように思えてきたのです。
これは真剣に、やってみようか!と。
二人目の出産後から様々準備を開始し、二人目が1歳半~2歳頃を目標に実現させたいと計画中です。
この話はまた別に記事にしてみたいな、と思ってます。



さて、話はそれましたが。

そこで、息子の幼稚園のことを改めて考えていて、ふと、これまで選択肢からはずしていた、モンテッソーリ園や子どもの家についても考えるようになりました。
息子が入園時には私は仕事から離れていて、またその後も家で仕事をすることを真剣に考えるならば、これまで必要条件だったことも、必要ではなくなる。

そうして、モンテッソーリ園、子どもの家という選択肢が、突然わいてきたのでした。




(長くなってしまうので続きます~)



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村



お気に入りのネジやナットのおもちゃで、道路工事~といって何やら集中してるなと思ったら。

みてー!と呼ばれて行ってみると、、



わわー!すごいー(O_O)


ネジやらナットやら、それに木の板まで立てて並べてる。
板は結構薄いから立てるの大変なのに、すごいー。感心。


道路工事が好きで、歩いてて見かけると必ず立ち止まって見ちゃう。
よく観察して、自分なりの道路工事現場を創り出したんだね。

子どもってほんと、面白い。
決まった何かを与えなくても、自分でちゃんと創り出せるね。
うーん、素敵(*^^*)




と思ってたら、すぐに自分でががーっと壊してたー。

うーん、子どもって、ほんと面白い(^^;;






にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村




最近、息子にブームなおもちゃは、ネジやナットで組み立てて遊ぶこちら。



2歳の誕生日に、母と父からいただいたもの。
これまでも遊ぶことはあったけど、ここ最近はもう毎日のようにこれをやってます。
一緒にやることが多いけど、気づくと一人で頑張ってたりもして、だいぶ手の使い方が上手になった印象を受けます。







完成~!




こういう、息子の好きな車の例がいくつか乗ってる小さなパンフレットがあって、息子が、これつくるー!とリクエストし、一緒に材料を集めて組み立てます。

材料を集めながら、ネジやナットなどの名前を覚えたり、4個ちょうだいな、などとお願いして箱から探してもらい、並べて数えたりして数の勉強も少しできます。

モンテッソーリの算数教育にはまだ早いですが、こうした遊びの中で、具体物を通して数を実感していくのは今からでもできるし、何より息子にとっては楽しい時間になるので、なかなか貴重です(*^^*)


そして、ネジを回す手の動きも、かなり上手になっていて、最初は私が手伝ってネジをしめてたけど、今では、かずが!と自分で全部やりたがって、できちゃう。

私は少し構造が複雑なところをサポートしたり、さりげなく抑えといたり、たまに硬くて回らないときに手を貸すくらい。
ほんとに、随分手の動きが自由になったなと関心します。

そしてきっと、今が息子にとって、手を回す敏感期なのかな?とも感じます。

少し前にもペットボトルの蓋や瓶の蓋をやたらと開けたがる時期もあったけどしばらく落ち着いてて、今はこのネジ回しがかなりブーム。

同じ動作でも敏感期は繰り返してやってきて、前回よりさらに成長するチャンスになってるのかなと感じました。

今のところ、何かお仕事として回すものは用意してないのですが、息子の場合、こうした遊びで何かを作り出す中で手を使っていくのをすごく楽しんでる様子を感じられるので、お仕事はなくてもいいかなーと。
相変わらず、ゆるーいおうちモンテです(^^;;



=====追記です=====

こちらのネジのおもちゃについてご質問いただいたので、ご紹介しますね。

DIY.jpg

JANOD社のコンストラクションキットというものです。
アマゾンリンクは以下です↓



手指の動きの発達にも良くて、親子で楽しめるのでお勧めです♪


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村





最近の息子のブーム。



お遊びスペースに敷いてるジョイントマットをはがすことー。


そしてまた、くっつけていくこと。




パズル好きな息子にとっては、これも大きなパズルかな(*^^*)

モンテッソーリ的には、凸凹をあわせてぴったりくっつける、というお仕事にもなるかな?


あるときは、色も区別していた。



そしてぴったり綺麗に重ねてるー。



ほんと、突然やり始めてせっせせっせと小走りで行ったり来たりしてるのが可笑しくて可愛い(*^^*)


時々、おかんちゃんも一緒にやろうよー、と誘われて、私も一緒はがしたりつけたり。

大きなパズルブームは、まだまだ続きそうだ。





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。