--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子が2歳を過ぎた頃から気になっていたことがあります。

息子は、左利きなのかな?ということ。

小さい頃はまだ効き手は定まっておらず両方使うと聞いていたので1歳の頃まではよく左を使うなと思ってもあまり気にならなかったのですが。
さすがに2歳を過ぎて、ご飯も上手に食べられるようになってきて、だんだん私の中の疑問が確信に変わってきました。
左利きなのかも。と。


気づけばスプーンも左。




ほうきも左。




つまんで落とすのも左。




うーん、やはり、左かなー。


私と旦那ちゃんの考え方としては、無理に右に矯正するつもりはないんです。
無理な矯正が子供にとっては大きなストレスを与え、どもりやおねしょをしたりする、という話も聞いたことがあり、そこまでやるつもりはないと。

ただ、まだ小さいうちなら意識して右を使わせるようにして右も自由に使えるように促すことは可能かなと思い、なるべく右で勧めてみたりはしてます。
本人が自分で左に変えたら無理強いはしませんが。

でも私の悩みは、モンテッソーリを進める上で、左利きは支障にならないか?ということ。
特に私が右利きで、提示はもちろん右でするわけです。
息子にとって、わかりずらくないか、正しい動きがわからなくならないか、と気になりました。

さらに、日常生活で、左利きの友達が困ると言ってたことは、鉛筆とハサミでした。
これらは息子はまだ始めていないから、できれば右でさせるようにしたい。
でもモンテッソーリ的には、鉛筆やハサミにつながる前段階の手や指の動きは、空け移しやつまんで落とす仕事で習得できるもので、それらを息子は左でやってきてる。
私からみても、左はかなり自由に使えるようになっていて、洗濯バサミも左で上手に扱えています。

おそらく、ハサミや鉛筆の準備という意味では左のほうができているんだと感じました。

それで、てんしのおうちのアイちゃん先生や、モンテッソーリベビークラスのゆき先生にも相談してみました。

お二人とも、無理に右にする必要はない、というアドバイスをくださり、私としては救われた思いでした。
右にしたほうが良い!と言われてしまったら、正直どうしようかと思ってたので。。

アイちゃん先生が見てきたお子さんの中にも左利きの子はいたそうで、お母さんは右利きで提示しても自分で左に変えてやっていたそう。
ただ場合によっては、並んでの提示ではなく、向かい合ってやるとか、お仕事のセットの仕方に工夫が必要になることはあるでしょう、とのことでした。


で、前置きが長くなってしまいましたが、前記事で書いたように、2歳半を迎える息子にハサミのお仕事をデビューさせることにしたのですが、ハサミには明らかな右利き用と左利き用があるので、どちらを用意するか?という悩みがありました。

ハサミはなるべく右で使えたほうがのちのちも便利だろうと思いつつ、手の準備ができている左のほうがいいのか、、、と、ハサミを用意するまでに少し時間がかかってしまいました(^^;;

結局、これまでのお仕事の様子から判断し、左利き用を購入しました。


ですが、提示をしてやらせてみたら、はさみを右で持ったので正直想定外のことにビックリ(^^;;
やはり私の提示が右だったからですかね。。

もちろん右でハサミ使えるようになればいいなとは思ってたわけですが、でも用意していたのは左利き用。
これでは使いづらく変なくせがつきそう、と、急遽右利き用を購入しました。
結果、我が家には子供用のハサミが右利きも左利きも両方揃ってます(^^;;

とはいえ、息子は右でハサミを扱うことにも少しずつ慣れてきているみたい。
今までのお仕事ではあまり右でやることは少なかったので心配しましたが、そこまで支障はなさそう。
やはり、まだ右利きか左利きか、決めるには早いのかな。




ひとまずハサミを右で始めたことに、結果的には良かったなぁと思いました。
これから覚えていく箸や鉛筆も、できれば右でやらせたいと思う母です。。
今回のように、無理強いなくできるといいのですが。

ともあれ、今後はもう少し、右手と指の動きを良くするよう意識してお仕事を用意したり、日常生活でも気をつけて行きたいなと思います。





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
今月末、2歳半になる息子。

料理の準備を一緒にする時に、包丁は危ないから手を出さない、コンロの火も熱いから手を近づけない、という約束を守れる様子をみて、ちゃんと教えれば危険なものを理解し、しっかり扱えると判断し、ハサミのお仕事をデビューさせることにしました。

用意したのは、こんなセット。




はさみと、切る紙と、切ったあとに紙を入れる容器。

はさみは、いろんなとこで評判の良いしまじろうのハサミです。



(別途記事にしようと思いますが、どうも息子は左利きのようで、ハサミもどちらを買うべきかすごく悩みました。。。結果、両方買うことになったのですが…^^;詳細はまた別記事にしたいと思います)


紙は、最初なので一回で切り落とせる太さ。
切る場所をあまり意識せずやらせようと、何も書いていません。


ハサミのお仕事を初めて紹介したとき、息子はとっても興味深々。
すぐにもハサミを触ろうとしましたが、ハサミも包丁と同じで物を切る道具だということ、扱い方を間違えると危険だということ、ハサミのお仕事はお母さんと一緒にやるということ、などをまずはお約束として話しました。

息子は、はい、はい、と、しっかり聞いてくれ、改めて成長を感じました。

それから、てんしのおうちでも提示を見た、「さきの尖ったものの受け渡し」の仕方をやりました。
最初は息子、きょとん、としていましたが、何度か私がやって見せるうちに、息子も同じように私に丁寧にハサミを渡してくれるようになりました。

そんな長い前置きを経て、ようやくハサミで切るお仕事の提示。
いつになく、真剣に提示を見てくれる息子に、このお仕事(というかハサミ?)への興味の深さと、しばらくぶりのお仕事紹介だったのもあってやはり息子自身だいぶ成長したのかなと、感じました。
以前は提示中に手を出してきたり、もうやる!と私から奪い取ったりと、満足にみてくれた記憶はあまりないのです(^^;;

私が切っている間、早く自分もやりたいオーラ満載でしたが(笑)なんとか提示を見てくれて、やってみる?と聞くとうん!と。
しかし息子にハサミを渡しましたがまずはハサミをうまく持つところからが難しいようで。
私の提示もうまくなかったのかもしれません。結局私が息子の指をハサミにかけるサポートをしてようやく持てました。

けれど今度はハサミを開くことができず。両手を使って開こうとする息子に、ついつい「片手でやるんだよ」と何度も声が出てしまい、モンテッソーリ的にはしてはいけない「訂正」をしてしまった自分を反省…。
「教えながら教える」って本当に難しい・・・><

何度か私がやって見せたり、息子の手を私が動かすのを少しサポートするなどで、ようやくハサミを開いて閉じることができるようになった息子。
やっと紙を切り始めることができました。
ハサミで切るって、こんなに難しいものだったのですね。。勉強になります。

さて。切り始めた息子。
最初はとにかく自由に切らせたので、小さかったり大きかったり。

とはいえ、徐々に切るのも慣れてきて、切った紙もしっかり容器に入れてくれました。
用意していた紙がなくなるまですごい集中して切り続けていました。
おうちモンテを始めて以来、ここまで集中する息子を見たのは初めてかもしれません。





切り終わった紙は、おうちモンテの先輩かーかーちゃんをマネッコして、袋に入れて息子の机の前のボードにとめてあげました。2回目の紙は息子自身でとめました。とても嬉しそうな息子^^




それから毎日のように、ハサミやる!と言ってくるので、夜な夜な紙の用意に追われる母です(^^;;
ここまで気に入って毎日やるのは、息子の敏感期にあっていたのかな。
私がハサミを扱うときにすごく興味深そうに見ていたし、ハサミはもう少ししてからねとしばらく我慢させる時期もあったからかもしれません。

ハサミで手を開いたり閉じたりする動きも、今の息子にはちょうど良い難易度でやりがいがあるのかもしれませんね。

ハサミをふざけて扱うこともなく、今のところ予想以上に順調です。笑
念のためハサミのセットは普段は息子の手が届かない棚の上にあって、息子にリクエストされたらおろしてあげてます。

てんしのおうちで、ハサミのお仕事の各段階も学んだので、息子の様子を見て、少しずつステップアップしていこうと思います。




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
最近お仕事らしいお仕事を用意できてないのですが。。

でも息子をみていると、気づいたら勝手に、お仕事を始めています。

先日も、ペンでお絵描きしてたかと思えば。



メモ置き場から付箋をもってきて、チラシの裏に、ペタペタ。



綺麗にまっすぐに貼り付けてます。
秩序の敏感期にもいる息子。
何かとものを揃えたりすることが多いです。


貼ってる時の、真剣な表情!
そして貼り終えたら満足げににんまり(*^^*)


母は、こんな風に息子が自分で作り出したお仕事に没頭する様子を見るのが好きです。
子供は、言われなくても何をすべきかちゃんとわかってますね。

しかしもう少し環境整えないとね。

最近シール貼りの台紙も切れちゃって、用意してあげられてなかったもんね。。反省。

息子のお仕事棚を見直して、少しずつおうちモンテ再始動ですね。
息子に刺激を受けて動かされる母です(^^;;



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
2014.01.28 08:42|┣ 敏感期
これも、敏感期ですかね。

最近やたら、ベビーカーを押したがるので、保育園の帰り道にしばし押してもらいます。




途中もちろん、いろいろぶつかって方向転換が必要になります。



頑張って前輪の向きを変えて、また押して行きます。




ちなみに私が手を添えると、だめ!といって押しのけます(^^;;

さすがに歩道が狭い道や坂道はサポートしないと危ないので説明して手を添えますが、人に迷惑かからないような状況ならなるべく一人で押させてみます。

自分でやる!というのがますます増えてきて、見守る大変さもありつつ、頼もしさに感動します。

着替えとか、時々ご飯食べるのを、おかんちゃんやってーとなったり、甘えん坊なところもあるんですけどね(*^^*)

でもお腹に赤ちゃんがいるよ、と話をすると、おにちゃんなるねぇ、と、自分がお兄ちゃんになることを、わかってる様子。

第二子も、息子と同じ七月生まれの予定です。
息子はその頃三歳に。
どんなお兄ちゃんになるのかな?(*^^*)

最近の様子をみてると、なかなか頼もしいお兄ちゃんになってくれそうな気がして楽しみです。



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
先日息子が、私のメモ帳をやぶいてぐしゃぐしゃ丸めて遊んでたので、それはやめてー、こっちならいいよと、新聞紙を渡してあげたら。


やぶいて。




ぐしゃぐしゃ丸めて。




用意してあげた袋にぽん。





袋がいっぱいになるまで新聞紙のボールを入れたら、いつの間にかその袋を、写真に少し写ってる車の荷台にいれて、ゴミ収集車だー!と大喜び(*^^*)

息子、最近ゴミ収集車好きなんです。

前にゴミ収集車がゴミを集めているところに遭遇し、しばらく見てたら、ゴミ袋を後ろにいれて、それがぎゅーって潰されてぼんぼん!って破裂する音がして面白かったみたい。

息子も車の荷台から溢れたゴミ袋をぎゅーって押して、ぼん!と言って遊んでました。


そして今朝は燃えるゴミの収集日。

朝保育園に出かける前に、私が家のゴミを出す準備をしているのを見て、ぼくもゴミ出す!と、車の荷台のゴミ袋をもってきました。

なので口を縛り、ゴミ集積所に一緒に出しました(*^^*)
嬉しそうな息子を見て、私も幸せな気持ちになった朝でした。


比較的近くにゴミ焼却場があるのですが、今度息子を連れて見学させてもらえないかなーと考えてるところです。

息子はゴミがゴミ収集車に乗るところまでしか知らないので、その後どうなるのか、見せてあげたいな。

確か小学校の社会科見学とかでも行った記憶もあるのですが、ゴミ収集車ブームの今みておくのも悪くないかなと。

今度焼却場に問い合わせてみます(*^^*)





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
息子の大好きな遊びといえば、パズルです。

ほんと、毎日何かしらやってます。
最初のパズルは鹿児島の旦那ちゃんのご実家から一歳の誕生日の頃いただいた、アンパンマンのパズル。
それから私の実家から二歳の誕生日にもらったタングラム。
最近は、クリスマスプレゼントに私たちから買ってあげた公文のパズルや工事車両のパズル。

パズルがたくさん(*^^*)

公文のは、ステップ2と3を買いましたが、まだ2しか息子にはやらせてません。
3は2を飽きるくらいやってから渡そう、と思って棚の中に隠してある。笑

でもそろそろ3の登場時かなー。

2はもう、完璧!一人でかなりスムーズに、できるようになりました。



完成~。

いつもこうして、完成版を並べて眺めます(*^^*)



最近はパズルのピースを見本と照らし合わせる様子も見えたりして、パズルのやり方にも成長を感じます。



これは、ここー!とかブツブツ言いながらやってます。

それから、ピースが試して入らないとんんー!っと良く怒ってましたが、最近は色々試してだめなら一度脇においといて、後からまた試す、というのもできるように。



なかなか辛抱強く、なりました(*^^*)



そろそろステップ3かな♪



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
2014.01.21 08:59|あいさつ
気づいたら一ヶ月以上ブログ放置してました(>_<)

そして、年も明けているし。。

昨年は、モンテッソーリやチル大を知り、
ブログで知り合った先輩ママから学び、
手探りで取り組みを始めた年でした。
ブログを通じて素敵な出会いにも恵まれました。
ありがとうございました。
今年もどうぞ、宜しくお願いします。


この年末年始、なんだか色々あって、自身の体調も今ひとつだったり、
毎日必死な感じでした。
今もそれは変わらないのですが(^^;;

実は昨年30日にに突然、父方の祖母が亡くなり、
新年明けてからは通夜葬式がありました。
息子も慣れない場で長時間、頑張ってくれました。
おばあちゃんの顔の近くにたくさんお花をおいてくれたり、
お焼香やお線香も大人がやるのを見て二回目からは自分でやる!と
しっかり手を合わせてくれたり。
参列者へのお辞儀も、周りに合わせてしていました。

おばあちゃんとの別れは突然で悲しかったけれど、
息子が随分成長した頼もしい姿を見せてくれて
おばあちゃんも喜んでくれたかなと思います。


それから実は今、第二子を妊娠してまして、つわりもあったりで、
心身共に余裕のない日々が続きました。
もうすぐ安定期なので、ブログにも書くことにします。

息子のときもそうでしたが、つわりはそこまでひどくはなく、
でも食べづわりでとにかく空腹が辛い。
さらに妊娠してからは通勤電車の人の多さにも辛さを感じるようになり、
一度はほんとに倒れそうになってしまい、ホームで休んでから出勤したりしました。
マタニティマークつけていても、なかなか席には座れないんですよね。
電車で立ってるのが非常に辛い時期が続きました。
最近つわりも落ち着いてきて、少しはましになりましたが。

息子はというと、もうすぐ二歳半。
ほんとに良くしゃべります!
ずーっとしゃべってます。
そして、大人の言動もすぐ真似して言ったりやったりします。

著しい成長を見せる息子に、最近はあまりじっくり関われてなくて申し訳ないです。
つわりも落ち着いてきたし、またおうちモンテやチル大を少し進めたいです。

お仕事的なものは用意しないまでも、
日々モンテッソーリを意識した息子への働きかけは、
なるべく忘れないようにはしています。

やりたいざかりの息子にも感謝し、
食事の準備を一緒にしたい、モップがけをやってもらったり、
遊びではパズルがかなりブームなので、クリスマスプレゼントには
公文のパズルを買ってあげて、
今ではかなり上達。
粘土もクリスマスに買ったのですが、これもお気に入りで、
一緒にやろうよー!と良く催促されるので、一緒におにぎりやソーセージなど作って
お弁当箱にみたてた箱につめて、遊んでます。

モンテッソーリやチル大のおかげで、手を使わせることを意識するようになったので
そういう遊びをなるべく取り入れています。

そうそう、年末母方の実家で餅つきしたのですが、
この時も息子はいっぱいお手伝いに励んでくれました。
その様子はまた改めて書きたいな。



長くなりましたが、相変わらずというか、さらにさらにマイペースなおうちモンテですが、
二歳半を迎える息子、モンテッソーリのお仕事でもできることが増えるので、
今年はもっと積極的に取り組んであげたいです。

そして二人目を無事元気に産みたいです。
息子の出産のときはモンテッソーリは知らなかったので
今回はトッポンチーノや、モノクロのモビールなど用意したいなーと思ってます。
仕事が産休に入ったら色々準備したいです。



そんなこんなの最近です。

遅ればせながら、今年も宜しくお願いします。
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。