--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は金曜日に出産したお友達に会いに行ってきました~。
生後4日目の新生児ちゃん、ちっちゃくて可愛かったー!!!
ふにふにだった。

息子も一緒だったのでガラス越しの対面でしたが、
新生児ってこんなにちっちゃかったっけ?!と驚きでした。
息子も、ちっちゃくて顔くしゃくしゃにして泣く赤ちゃんを見て、真顔でした。笑
生まれたての赤ちゃん見たのは初めてだったので、びっくりしてた~。

=====


さてさて、土曜日の話ですが、モンテッソーリベビークラスの谷ゆき先生主催
「第3回こひつじ絵本カフェ」に参加してきました★

谷先生のブログはこちらです → 「ひとりでできた!」自信をのばす!0歳からの賢い子の育て方


今回は、ゲストでハワイアンリトミックの講師をされているちゃこりんさんと、
埼玉で英語教室をされている田中さんもそれぞれお歌と英語の読み聞かせをしてくださいました。

ちゃこりんさんのブログはこちらです → ハワイアンリトミック Leilani
田中さんのブログはこちらです → 深谷市の子供英語教室 英語歌・絵本で伸びる♪子供の英語・英会話力!


私、息子にいつも読み聞かせはしているものの、こうして親子で読み聞かせを楽しむ機会は初。
とぉーっても楽しくて、あっという間の時間でした!

谷先生からは、こちらの3冊。
「たまごのえほん」
「のせてのせて」
「おやすみのぎゅう」

どれも我が家には無かった絵本で、特に「のせてのせて」は途中に「ぷっぷー」と歌も入り、
テンポも良くて絵も可愛いし、息子の大好きな車の絵本だし、と、我が家にも欲しくなりました♪


ちゃこりんさんは、我が家にもある有名絵本「はらぺこあおむし」を歌つきで読んでくださいました。
私この物語に歌がついてるなんて初めて知ってびっくり!
そして歌も本当に素敵で、さっそく家に帰ってからアマゾンでCDをぽちってしまった私。笑
ちゃこりんさんのように美しい声では歌えませんが…息子と楽しむべく、練習したいと思います♪

田中さんは、「Peek-a-boo」とやはりエリックカールで歌つきの「Brown Bear」。
「Peek-a-boo」は、息子が気に入って、絵本カフェのあと家で顔を隠してたので、
私が「Peek-a-boo」って言ってあげると楽しそうにばぁってしてました^^


谷先生、ちゃこりんさん、田中さん、それぞれの絵本と読み聞かせはとっても素敵で、
改めて絵本って奥が深くて楽しくて、もっともっと息子と絵本の世界を広げたいなと思いました。


我が家での息子との絵本の関わり方は、もともとは息子の興味に合わせて絵本を選んできましたが、
最近は息子が実際体験したことや見たものなどをテーマに図書館で何冊か借りて楽しむスタイルになってきました。

そうすることで、息子が好きなもののみに偏らず、
なるべく息子の世界を広げていってあげたいなぁと思っています。
実体験や見たものから絵本を選ぶ、というのは、モンテッソーリの「具体→抽象」というのを意識してですが
やはり実際見たものが絵本に出てきたりするとそれだけで食いつきが全然違います。

ついで?なので、最近の息子のお気に入りの絵本をご紹介。

相変わらず乗り物系の絵本は大人気ですが、最近新たにバスにも興味が出てきたようなので
こちらの絵本も我が家の本棚に加わりましたが、これは今息子の中でベスト3に入ります。笑



特に息子は、バスが揺れて荷物が倒れちゃうシーンと、
男の人が慌ててバスを降りて書類を忘れちゃうシーンが好き^^
わぁー!!!って毎回すごい大声だして楽しんでます。


それからこの夏キャンプに行ったので、こちらの本も図書館で借りてみたら大ヒット。



結構長いし、絵はシンプルでどうかな?と思ったけど、さすが林明子さん。
子どものツボ分かってるんでしょうね~!
息子の食いつきと、その後何度も「読んで」コールがかかり、今一番のお気に入りです。
間違いなくこれは購入決定ですね~。

ちっちゃいなほちゃんが、おっきいこたちに交じってキャンプに行くお話ですが
なほちゃんのがんばりに、私も読んでて胸がじぃんとなっちゃいました。

息子は自分が実際にしたキャンプだけじゃなく、ちっちゃいなほちゃんが少し意地をはりながらも
有言実行で頑張っている姿に何か共感するものがあるのかな?
とにかくすごいお気に入りで、寝る前の絵本には必ずこれをセレクトします。

そのほかは、以前にもブログで紹介しましたが、飛行機関連でこの辺が依然人気。








息子と絵本を読むタイミングは、朝の仕事に出るまでの10~20分程度
(支度の具合によっては全くないことも^^;)と、夜寝る前です。

最近は寝ようと言ってもなかなか「やだい!」といって寝ないので、
布団の上で絵本を読んで、そのうち息子はゴロンとなり、読んでるうちに息子は寝ちゃいます。
寝る瞬間まで、絵本の世界にいる息子。

夢の中では、息子が主人公となって、何かの絵本の世界を探検していたりするのかなぁ^^



子どもが生まれる前、そして生まれてからしばらくは、
私の中で絵本って、「読んだ方がいいもの」という位置づけでした。
私自身本は好きですが、子どもへの読み聞かせというものが、イマイチそこまで楽しめてないところもありました。
それは読んでいても息子がすぐあっち行っちゃったり、ページをめくるのが楽しくなっちゃったりで
なんだか読んでるんだか何だか?ってなっちゃうことも多かったので。

なので読んでいても、楽しいからというより、何か教育的に読んだ方がいいから、
っていうそんな理由で読んでいた時期もあったように思います。

でも1歳半を過ぎたころから、本当に息子が絵本を楽しむようになってくれて
さらにはチル大やモンテッソーリの視点を学んでからは、現実の世界と絵本をうまくつなげて
息子の世界を無限大に広げることもできることを知り、私も息子との絵本を読む時間が本当に楽しくなりました。

一時期、どんな絵本を読んでいいのか分からず、毎月絵本を届けてくれる
配本サービスを利用してたこともありましたが、今の私は絵本選びに困ることもなくなりました。

息子の興味や実体験を元に絵本を探してきて、息子がすごい楽しんでくれると嬉しいし、
逆に大人目線だとこれはどうかな?っていうのに意外にもすごいはまってびっくりしたり。
一緒に観察したアゲハ蝶の幼虫も、絵本を通じてさらに突っ込んだ学びが得られたりして面白い。
大人になってからも、絵本で初めて知ること沢山あります。

絵本ってこんなに奥深くてすごいものだなんて、知りませんでした。


読み聞かせできる時期って限りがあるんでしょうが、
ある程度息子が自分で本を読めるようになっても、一緒に楽しめたらいいなって思います。
そのうち息子が私に読んでくれる日もくるのかなー。
私が苦手な分野を逆に息子が極めていったら、色々教えてもらっちゃいたいなぁ。なーんて。


こひつじ絵本カフェへの参加を通じて、改めて絵本って素敵、
息子ともっともっと絵本を楽しみたい。って思いました♪

次のこひつじ絵本カフェはクリスマスの頃にやるみたい。
またまた息子と楽しく参加したいなぁと思います~。






にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
※タイトルにある通り、虫の写真多数でてきます!
 虫が苦手な方はご遠慮ください。


今回のチル大は、「虫のこと、どのように子どもに教えてあげる?」という問いかけ。

ちょうどこの夏は息子が虫と関わる機会をいくつか作れたので、
そんな思い出も交えつつ、我が家の虫との関わり方を考えたいと思います。


ちなみに私は、虫は見るのも嫌!!というほど嫌いなわけでもなく、
まぁキャンプやアウトドアも好き好んで行ってるくらいなので
一般的な女性よりは、虫大丈夫なほうかと思います。
種類によっては結構写真だけでもうぅっとなっちゃうものもありますが。

子供の頃はアゲハ蝶の飼育や、
蟻を庭からたんまり捕まえてきて飼育ケースの中で巣を作らせて観察したり、
ダンゴムシ突ついて遊んだり、していた記憶があります。

そういうわけで、息子にも、虫は嫌うものではなく、
この地球に人と共存している、人とは違った面白い存在、
という風に伝えて行きたいなと思う次第です。


この夏、一番大きかった息子と虫の関わりは、やはりアゲハ蝶の飼育でした。

実家の庭の山椒の木にくっついていた小さな黒い幼虫をもらってきて、
蝶々になるまでお世話しました。

P1080290.jpg

息子は最初すごい勢いで掴みかかろうとしてましたが、
小さいけど生きているんだよ、繊細だから強く掴むと死んでしまうよ、
優しく見守ろうね、とお話すると、うん、と素直にうなずいてくれ、
それ以降は、毎日ちょいちょい様子を見ては、ねんねしてるとか、
あむあむ食べてる、とか、楽しそうに観察してました。

餌用にと購入した山椒の木にも、いつの間にかまた三つ、幼虫がついていて、
最初の幼虫あーちゃんと、その後三匹育てることに。
結果的にすごい勢いで山椒の葉は食い尽くされ、追加で蜜柑の木を購入したのでした(^^;;

特に緑色になってからの食欲はすさまじく、もりもり食べる様子に息子も興味深々でした(*^^*)

P1080459.jpg


蛹になる準備をして動かなくなっちゃって、ねんねしてるの?と心配してた息子。

P1080541.jpg
P1080548.jpg
P1080769.jpg

ある日起きてきたら、カゴの中に幼虫はいなく、
代わりに初めて見る綺麗なアゲハ蝶がいた時のビックリ顔の息子。

P1080772.jpg
P1080775.jpg

蝶々を外にはなしてあげようとベランダで籠から出すと、
別れがさみしいのか「ないないして!」と蝶々を籠に戻そうとしていた息子。


小さな小さなアゲハ蝶の幼虫から蝶々へになるまでのお世話を通じ、
息子は生き物に対する大きな優しさを知ったように思いました。


マミ~さんの記事にも書かれてましたが、家の中で虫を見つけた時、殺さないで逃がしてあげては?と。

すみません、蚊は例外としてこの夏たくさん殺してしまいましたが(汗)
小さな蜘蛛やありんこなど、時々家の中にいるのを見つけると、
(たいていは息子が見つけます。小さいものに良く気がつきます)
息子には、生きてるからね、優しくしようね、と、
一緒に紙などでそっと外へ出すようにします。

もともと私自身、虫を殺せないので(あ、蚊はやはり例外。。)
マミ~さんの提案には大賛成。
息子にも虫と共存していく、というのをわかってもらえたらなと思います。

まぁでも男の子なんで、そのうち面白がって、外で虫をいじめることもあるのかもしれない。
その時はまたちゃんと、息子と向き合おうと思います。




この夏の虫との関わりは他に、かまきりも。
なぜか、我が家のベランダで育てていたバシルの葉の裏にいてビックリ。
見えますか??

P1080590.jpg

小さかったので赤ちゃんかまきりだったのかな。

息子も呼んでしばらく観察。
かまきりもこちらを、なんだなんだ?!って顔でみてたのが面白かったです。

かまきりの手?の部分がカマのようになっているのを、
自分の手を使って真似っこしてる息子が可笑しかったです(*^^*)


それから、旦那ちゃんの実家の鹿児島では、東京では見たことないほどの大きな蜘蛛を発見。
あまりに大きくて立派で、私は感動すら覚えてしまった(^^;;

P1080915.jpg

息子もおぉーと声あげてました。
こんな立派な蜘蛛の巣もあまり我が家の周りでは見ないので、
息子にも、蜘蛛の巣について少しお話してあげたり。


あと、また家に戻ってからですが、鹿児島からなんとカブト虫が届きまして(^^;;
ひぃばあちゃんが見つけたらしく、息子に送ってやれと言ってくれたそう。

DSC01061.jpg
DSC01063.jpg
DSC01065.jpg


初めて間近で見るカブト虫に息子も随分興味を示してくれてましたが、
残念ながら、到着した時にはもうかなり弱っていて、翌日には死んでしまいました。

動かなくなったカブト虫を不思議そうに眺める息子に、
初めて「死」について少し話しました。

捨ててしまうには忍びなく、かといって我が家には埋める庭もないので、
実家の庭の片隅に埋めさせてもらいました。

息子も一緒に土をかぶせ、手をあわせてくれました。

もちろん、「死」についてはまだ理解できてないとは思うけど、
このカブト虫が、息子が間近で目にした初めての「死」になりました。


来年は、カブト虫を探しに行って育ててあげたいね。
卵産ませて幼虫からの成長を見るのもたのしそう。

私はカブトムシのお世話はしたことないので、息子と一緒に勉強しながら楽しみたいです。
なんだか今からワクワクします^^

虫を通じて、生命の神秘や力強さ、繊細さ、美しさ、そして儚さを学ぶ。
子どもと一緒にそれらを学べるって素敵だなぁって改めて思います。



息子とは、虫のお世話をしつつ、本の世界でも虫と仲良しになりました。

アゲハ蝶のお世話用に買ったこちらの本。

P1080294.jpg
P1080295.jpg


その他虫関連。







チルドレン大学受講中です。
http://eigobon.com/childrensuniversity/index.html

*****

今回のマザーグースは、お気に入りのYoutubeチャンネル“Mother Goose Club”で歌を知っていたのと、
ちょうどこの夏何度か行ったキャンプで夜キャンドルをたいたりしていたので、取り組みやすかったです♪

というわけで、まずは歌のおさらい。



チル大のプリントではこの歌の一部が載っているようでした。
息子には、全部の歌詞で歌ってあげました^^

“jump”に反応して息子もぴょんぴょん飛び跳ねたり、やっぱり歌があると食いつきが良いです^^v
そしてJackが飛び越えているキャンドルを発見。
「あ!あ!」と指さして、急いで棚の上に置いてあるキャンドルを取りに走ってました。

友達の結婚式で頂いた名前入りのキャンドルが部屋にあって、
たまに夜火をつけたりしているのです。

というわけで良い流れなので、そのまま「じゃぁ今夜はキャンドルナイトにしよう♪」と
キャンドルに火をともし、部屋の明かりを落としてご飯を食べました~。
(チル大とおうちモンテの先輩、かーかーちゃんの取り組みをマネッコ^^)

DSC01138.jpg
DSC01137.jpg



キャンドルの灯りって、なんとも幻想的ですね。
雰囲気が出て、なんか息子とバーでデートしてるみたいな気持ちになりました。笑


キャンプでもキャンドルたいたね、と息子に話すと、
「おっとう、ぴってったー!(お父さんがぴって火を付けた)」とお話してくれました。

うまく撮れてませんが、キャンプでたいたキャンドルの灯り。

DSC01100.jpg


それからキャンプでは食事の後、焚火台でキャンプファイヤー(というほど大きくないけ)もしたね、と。

DSC01104.jpg

「もーえろよもえろーよー」って歌うと、火が燃えていたのを覚えていたようで、
手で炎のマネッコしてくれました。
食事の後にキャンプの時のビデオを見返して、焚火の様子を二人で思い返しました。



今回息子に、物はなぜ燃えるのか?っていう話をしようかと思いましたが、
いつか息子の方から、「なんで?」って興味を持って聞いてきたとき、
一度一緒に考えてみて、それから答えを教えてあげようと思い、
今回は単純に、蝋燭の火や、焚火の火を、見て、熱を感じて、楽しむにとどめました。

私の勉強用としては、こんなサイトを見つけたのでリンクしておきます~。
学研:なぜなに学習相談 小学校6年 理科 物の燃え方と空気


というわけで、ようやくマザーグースがひとつ進みました~。

順番通りではなく、息子の実体験や興味をベースにし、
それに合わせたマザーグースを選んで取り組んだ方が、私としてもやりやすいかも。
(あっという間に50以上のマザーグースが溜まってしまってるので、
選びながらやるのが可能になったのです^^;)

キャンプの経験とリンクするテーマがあといくつかあるので、
それらも今週~来週で取り組むぞう~。




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村






すいません、だらだら書いてしまって、続編です。


今回のキャンプで、息子、竹トンボに初挑戦~。
途中道の駅の竹細工売り場で購入したものです。

私や旦那ちゃんがやってみせると大笑い!
すぐに自分も!といって、頑張ってくるくるし始めました。

DSC01112.jpg
DSC01113.jpg

なかなか上手にくるくるは出来るんだけど、最後の飛ばすところはやはり難しく。
でもすぐ足もとに落ちても息子はケラケラ笑い、それが楽しそうでした^^

私が遠くに飛ばした竹トンボを走って追いかける息子はほんと、親ばかですが、可愛いかった!!!
途中転んでもすぐ起きあがってまた笑って走り出して。
あぁ、子どもって素敵。

竹トンボなんて、私も久しぶりで、童心に帰って一緒に楽しみました。
小学生以来だったかな。

私、結構古風な?小学校のイベントが多かったからか、小学生時代は
竹トンボに竹馬、ベーゴマ、牛乳瓶のふたでメンコなんかが流行ってました。
ベーゴマとか燃えたなぁ~。懐かしい。
息子ともいつかやりたいです。
(今は光ったり音のでるベーゴマとか売ってるみたいですが、鋳鉄でできた昔ながらのがやっぱり好き)

とまた話がそれてしまった。。。



それから今回は富士山こどもの国に遊びに行ったのですが、
そこでトンカチやノコギリも初体験~。


DSC01120.jpg
DSC01123.jpg
DSC01124.jpg


もちろんお父さんが手を添えて、ですが、気付いたら一人でテーブルにくぎを打ち込んでいたり、
創作意欲を掻き立てられ、一人でもくもくとお仕事してました。

あ、完成品の写真を撮り忘れてますが…。
パワーショベル、みたいなのが出来ました^^ 今度写真撮ってアップします!


そういえば息子にはトンカチやクギって見せたり触らせる機会無かったなぁと気づきました。
まだ早いのかもしれませんが、もう少し精神的に成長して、危ないものも正しく扱えるようになったら
是非一緒に日曜大工なんかもしてみたいです♪

私のおじぃちゃん(母の父)は元大工で、私が子どもの頃は家の横に作業場があり、
今でも良く覚えてますが、ノコギリやナタや、沢山の木材、釘なんかがどっさり置いてありました。

テーブルや私が子どもの頃使ってた椅子なんかも、おじぃちゃんが作ってくれてたみたい。

おじぃちゃんが元気なうちに、ぜひ息子も一緒に何か作ってみたいな^^
私の中の、やりたいことリストにまたひとつ、追加です。




今回のキャンプからは、実はチル大のマザーグースに通じる体験もいくつかしてきたので、
それは改めて息子とマザーグースのプリントを読み、思い返してネットワークさせたいと思います。
そしたらまた記事にします。

また、キャンプでの体験に通じる絵本もいくつか探し、図書館で予約中。
そろったら借りに行って、息子と読んでみたいです。


最近絵本もそうですが、マザーグースも、何か実体験があった後にそれに合うテーマのものを
登場させるのがいいかなーと思い始めました。
なので今後はもしかしたら、順番に、とはいかないかもしれないですが、
今まで通り、マイペースに進めていこうと思います。



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村





前回のキャンプ記事を書いてから、また2回ほどキャンプに行ってます^^
すっかりキャンプにはまった我が家です。

寒くなる前に!と、この連休も初の2泊キャンプに行ってきました。
溜まっている写真などをUPしつつ、簡単にキャンプの思い出や息子の様子を記録したいと思います。


まずは息子にとって初体験だった色々。

前回のキャンプは日光だったのですが、帰りに日光おかき工房さんに寄って、
おせんべいの絵付体験をしましたー。
ついでにお土産もここでおかきを大量購入。笑
ほとんどが試食できたし、卵・乳製品アレルギーの息子も安心して食べられたのが嬉しかったです♪

さて、絵付体験。
熱いヒーターの上でおせんべいを10秒ずつ裏表返していきます。
これは熱いので主にお父さんのお仕事~。

DSC01043.jpg


その後、筆を使って醤油を薄めに塗ります。

DSC01044.jpg

そしてまたあぶります。
すると…。こんな感じで絵柄が浮かび上がります!

DSC01045.jpg

ちなみにアンパンマンは私が描いたもので、息子が描いたのは左下。
お父さんは右側のですが、パワーショベル描いたらしいけど…
絵心無さ過ぎで、本人いわく「息子と同レベルだな」という仕上がり^^;
(息子のおせんべいに、お父さんが描いた息子の名前が入ってるの今気付いた~
 まぁいいかということでこのままのせちゃいます)


それから、今度は裏側に、味付け用の醤油を刷毛でぬっていきます。
息子が3枚分担当してくれました~。

DSC01046.jpg


おせんべいは家に帰ってからおやつタイムに頂きました♪

かじりつく息子。大きいので食べ応え十分^^

DSC01051.jpg

かなり気に入ってモリモリ食べてました^^
美味しくできて良かったねぇ♪

おせんべいの絵付は私も初体験だったので息子と一緒に大いに楽しみました。
日光おかき工房さんでは、絵付用のおせんべいを購入すれば絵付体験できます。
楽しいし子どもも一緒に盛り上がれるのでお近くに遊びに行った際はぜひ~。お勧めです。




さてさて、で、今回のキャンプの話。

富士山が見える、キャンプ場でした。

DSC01079.jpg

とっても気持ち良かった~。

息子も、「ふじちゃん」と、富士山を気に入った様子^^
雲が多くなったり、夜になって富士山が見えなくなると
「ふじちゃん、ないないったー(富士さんいなくなっちゃった)」と寂しそうでした。

話はそれますが、私は富士山が大好きで、もう10回以上登ってます。
アウトドアな両親に連れられて小学生で登ったのが初。
その時は山頂までは行けず、高校入学直前の夏に、初登頂しました。

その後大学時代、社会人時代などほぼ毎年1回以上登り、
私の影響で旦那ちゃんも一緒になって何度も登り、妊娠するまで毎年一緒に登りました。

何が楽しくて山登りなんてするの?とよく聞かれますが、私もうまく応えられません^^;
登ってみなきゃ分からないし、登っても分からない人には分からないのかもしれません。
空気は薄いしご来光見たくて最後夜中登る時はとにかく寒いし急斜面になってしんどいし。
でもやっぱり、頂上でご来光がおがめた瞬間の感動は、言葉には言い表せません。

ここで、過去の富士山頂上の写真の中からお気に入りを何枚か。

IMG_0112.jpg
IMG_0119.jpg
IMG_0118.jpg

早く息子とも富士山に登りたい!
息子にもこのご来光の輝きと、寒くて冷え切った身体が徐々に温かくなる感覚、
指先に血が通い始めてジンジンする感覚を味あわせたい!
なーんて、思っちゃう母です。笑

すいません、熱くなってしまいました。。。



話を戻して。

で、今回のキャンプ。

富士山が見える最高のキャンプ場で、息子ものびのび楽しみました。

普段からそうですが、キャンプではなお一層、息子にとって全てが「お仕事」になる気がします。

炭おこしを手伝うために、炭をトングでつかんだり。

DSC01083.jpg
DSC01082.jpg


着火剤に引火し、徐々に炭に火が燃え移る様子を観察したり。

DSC01084.jpg


かと思えば、お父さんのつまみのゆで落花生をあけ移しし始めたり。

DSC01088.jpg

もちろんお父さんが「ちょうだい」って言えば、「どうぞ」してくれますし♪

DSC01089.jpg


朝食の準備ではせっせと塩や胡椒の瓶を振って味付けのまねっこ。

DSC01108.jpg
DSC01109.jpg
DSC01110.jpg


テントの設営や撤収時も、せわしなく動いては自分なりに仕事を見つけて取り組んでます。笑
ほんと、子供にとっては、生きること全てが「お仕事」なんだなぁってしみじみ思います。


と、なんだか無駄に長くなってしまったので、続きはまた次の記事にします。

まとまりなくてすいません^^;





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

あぁ~ブログに書きたいことが溜まっていく!!!汗
チル大のマザーグースも進んでいません。。。

実は私は先週から職場が変わり、様々キャッチアップでバタバタだったりして
今まで以上に夜息子の寝かしつけ中に一緒に寝落ちすることが増え^^;
むくっと起きて夜中に残りの家事や翌日の準備をして、PCに向かう時間も作れず。
うーむ、余裕がない毎日です。


とはいえ、この連休はまたキャンプに行ってきました。
富士山が見えるキャンプ場で、息子もまたまた大いに働き?楽しんでいました。
キャンプ記録、いくつか溜まってるので書けたらいいなぁ。


今日は最近ますます台所仕事に興味を持ちだした息子の様子を少し。

以前から私が台所に立つと、自分で踏み台を持ってきてセットし、
台に立って私のやることを楽しそうに眺めていた息子。
ソラマメをふさから出したり、玉ねぎの皮をむいたり、
できることは都度お願いしていましたが、先日は一緒にクッキー作りに挑戦♪

材料をヘラで混ぜて、綿棒で伸ばすのも一緒にやりましたが、
一番楽しんでたのは、型抜きでした^^

DSC01059.jpg

無印で購入した、数字の型抜きを使用しました~。

数字への興味がいまだに続いているので、「いち!」「にぃ!」などと楽しそうに型抜き。

とはいえ、どんどんやって、重なりあったりしたので、抜けるところだけ抜いて、
あとはまた丸め直して作ったりして、時間はかかっちゃいましたが、とにかく楽しそうでした。

DSC01060.jpg


肝心の出来上がり写真がないのですが(汗)
このあとお父さんも交え、みんなで美味しくおやつタイムに頂きました。


息子は卵・乳製品アレルギーなので、こちらのクッキーはそれら抜きのレシピで作っています。

キャンプでもパンを焼いたりするのですが、それもアレルギー対応レシピ。
前回のキャンプではパンの成形を一緒にやってくれたりしました。
丸めてもらったけど、結局ぐしゃってされたけど、まぁそれもご愛嬌?


最近はバターナイフを使ってバナナやオレンジなど柔らかいものは息子に切らせています。
本物の包丁は、便利だけど扱い方を間違えば危険なことを伝え、使う時はお母さんと一緒に、
と約束してもらっています。
といってももちろんまだ2歳児。
手の届くところには置いてませんが、包丁が危険、ということはなんとなくわかってきている様子。

徐々に、息子の手の上から私がしっかり握り、包丁で一緒に野菜を切ることも始めました。
少し力を入れてざくっと切れる感じを、妙に楽しんでいる息子です。

台所仕事を通じて、食べ物の大切さや、料理の楽しさを感じてくれたらいいなと思います。
料理は出来る男の子に育てたいし。笑

とりあえず、家事全般、やらされているのではなく、自分からやりたい!といってやってくれるうちは
出来ることを見つけてどんどん任せられるよう工夫し、家事への参加が当たり前、という風にしたいですね。
結果的に私が楽できるし?なんて魂胆もあったりしますが^^;



さてまた新しい1週間。
今週はマザーグースひとつ取り組みたい~!





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

2013.09.13 12:59|◆ 独り言
最近ほんとに時間があっという間で、さらに私は少し体調を崩し気味で、
ブログが久しぶりになってしまいました。

書きたいことは溜まってしまってます>_<

お仕事の日以外は、なかなか忙しくで歩いている最近です。

来年から幼稚園のプレ保育に参加しようかなと思い、
入園は再来年ですが、幼稚園見学や説明会に参加してたりします。


説明会後の園庭遊びで、こないだは大きなスコップをなかなか上手に扱ってました。








いつの間に、こんなこともできるようになったんだろう。

一緒に砂場遊びよするけど、小さいスコップしか持ってないし、
こんな大きなので遊んだことないんだけどな?

他のお友達がやってるの見て真似したのかな。
それにしては上手過ぎてびっくりでした。


ここの幼稚園は、園内も園庭も真冬以外は基本はだしとのこと。
仏教系で礼儀作法や命の尊さを重んじる教育方針なところも、気に入りました。

モンテッソーリ園は近くにはないので、一斉保育の幼稚園に行く予定です。
モンテッソーリはなにも教具がなければできないものではないので、
てんしのおうちでの学びやチル大の学び、そしてモンテママな先輩方のブログなど参考にさせてもらいながら、
おうちモンテを進めて行こうと思ってます(*^^*)


さて、来週もまたひとつ幼稚園見学があるので、楽しみです。
いずれ息子もこんな風に制服や体操着きて過ごすのかぁなどと、園児たちの様子見ながら考えちゃいます。
気が早いですが。。


なんてことないつれづれな記事になってしまいました。
また書きたいこと溜まってるので追い追いアップします♫
2013.09.06 12:22|┣ 敏感期
そんなのあるのか分からないけど。。

少し前から、息子は何かの下をくぐるのが楽しいみたい。






くぐれるもの見つけると駆け寄ってくぐり、またくぐりの繰り返し~。

こちらは保育園近くにある息子お気に入りのくぐり場。笑





もう何度も何度もくぐります。

そして、まんま~と、私もくぐってと催促。
私も一緒にくぐって時々腰とかお尻ぶつけると、息子大喜び(^^;;

くぐる敏感期とかあるのかな?


でも何かあるわけじゃなくても、突然腰をかがめて
おじいさんみたいな歩き方してたり。
腰をかがめるのが楽しいのかな?(*^^*)

子どもってほんと面白い!




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
2013.09.05 22:17|◆ 英語育児
英語育児についての記事、久しぶり。
モンテッソーリやチル大を始めてからは、以前よりゆったりと英語育児に取り組む我が家です。
あ、といっても以前も大して何かガッツリやってたわけではないんですが…^^;

私の中で、息子への英語の働きかけ方に、以前ほど焦りが無くなったといった方がいいかもしれません。

前は、言葉への理解が高まる2歳頃には、英語教室にも通わせたい、英語絵本もどんどん読みたい!
とか、とにかく息子への英語のインプットを増やし、アウトプットさせる場も持ちたい、なんて
少し鼻息あら~く考えてたりしましたが。

チル大でマミ~さんから学んだように、今はインプットに注力し、
アウトプットは求めず、いずれ息子が英語に自然と興味を持ってくれることを長い目で待つ日々です。

そんな現在の、主なインプットは、以下。

● チル大のマザーグース : 週に1回程度
● 英語CDかけ流し : 1日30分程度
● 英語絵本 : 息子が持って来た時
● 英語の歌 : 一緒に遊んでいる時やお風呂の中、寝かしつけ中など


どれもほんとにゆるーく、ですが、息子が楽しんでくれることを最優先に、
日常の中に英語を細々取り入れてます。

そして最近は、特に英語の歌への反応が良い(*^^*)
あ、でも日本語の歌でも、すごく喜んで何度ももう一回!となるので、
以前より歌に対して興味が増してるのかもしれませんね。


と、前置きが長くなってしまいましたが、
今日は、2歳1ヶ月になった息子がお気に入りの英語の歌を記録しておきたいと思います♫

※以下Youtubeへのリンクを貼っています。クリックすると音が出ますのでお気を付けください。

ちなみに全て私のお気に入り「Mother Goose Clube」のチャンネルのものです。


★ Wheels on the bus

一番好きなのがこれ。
“round and round”や“up and down”など、簡単な振り付きで楽しめるのも良い~♪





★ Driving in my car

車好きの息子、やっぱりこの歌も大好き♪
いつのまにか、車を見ると「かぁー」と言うようにもなってました^^





★ Freight train

こちらは貨物列車ぽっぽ~
“Chugga, chugga, chugga”がお気に入り^^





★ Clap your hands

「幸せなら手をたたこう」ですね^^
これも、手を叩いたり、足をならしたり、楽しそうにやってます。






★ Bunny hop

一緒に飛び跳ねてます^^





あとは、こちらの音が出る絵本の歌も好きです♪







今はテレビは全く見せてないのですが、以前は一緒に上で紹介したYouTubeの英語番組をたまに見てました。

一緒に見てたのはもう数ヶ月以上前なのに、最近歌を歌った時に、
歌詞の意味をちゃんと分かってる動作をしててびっくりしました。

具体的には、“Bunny hop”の

Hop, hop, hop like a bunny...

のところで、ピョンピョンと笑いながら飛び跳ねていたり。

確か一緒に見てた時は、私が曲にあわせて飛び跳ねたりしたけど、
息子はそこまでノリノリな反応はしてくれなかったんですけどね。

いやビックリした&感動した。
覚えてるー!と。


これを機に、息子への英語育児の取り組み方には、
今後もっと歌を取り入れることにしました~(*^^*)
チル大で取り入れているマザーグースもそうですが、
メロディにのせるととても楽しそうに聞いてくれるし、もう一回!コールが多いです。

さらにちょっとした振り付けがあればなお楽しいし、身体で覚えるのでいいですよね。



日本語の童謡も楽しんでくれるので、もちろん日本語歌も沢山歌ってあげつつ、
英語の歌も、どんどん取り入れていこうと思います~。







にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


2013.09.04 19:54|◆ イベント

夏の思い出シリーズ、第4弾。

第1弾:鹿児島の海編
第2弾:花火編
第3弾:キャンプと川遊び編

=====

鹿児島への旅は、いつも飛行機。
0歳のうちは息子も飛行機の中では良く寝て、移動中の苦労はそんなになかったけど
1歳を過ぎて歩きだしてからはそれはたいへん^^;
毎回あの手この手で相手をしつつ、なんとか1時間半のフライトを乗り切っています。


でもこの夏の飛行機の旅は、乗る前の息子の反応に変化がありました。

今までも待ち合い室から飛行機を眺めたりして、それなりに楽しそうに見ていた息子ですが、
2歳になり、ますます乗り物への興味も増している最近、間近に見る飛行機は
今までよりずっとずっと、魅力的だった様子。

とにかく「いつまでも見ていたい!」といった風で、大興奮でした。

DSC00980.jpg


特に気になっていたのが、これ。

DSC00981.jpg
DSC00982.jpg

荷物の出し入れをする、リフトローダー。

この作業の様子を、飽きることなく、ずっと眺めているのでした^^

時折周りを行き交う燃料を乗せたタンクローリーや、牽引車にも目が釘ずづけ。


飛行機については、ちょうど席がエンジンの近くだったので
エンジンがぐるぐるーと回るのを食い入るように眺め、
そのあともずっと、手をぐるぐる回して「ぐぅぐぅ~って!」と再現していました。



旅の後、以前からあった、この絵本に再度火が付き、何度も読んで~ってなりました^^



くまたくんが、お父さんお母さんと一緒に飛行機に乗る話。
飛行場につくまで、待ち合い室、飛行機の中、おりるまで、たんたんとストーリーは進みますが
息子にとっては自分も体験した身近な内容が嬉しいのか、何度も読みました。

ちなみに私はこの絵本で、リフトローダーの名前を知った次第。
出発前に飛行機の周りで働く車について、お父さんがくまたくんに説明しているシーンがあるんです。
なかなか勉強になります、はい。笑




こちらは図書館で借りてきた絵本。
かなり息子が気に入ったので、買おうかなと思っているところ~。

ちいさいプロペラ機が主人公ですが、息子が乗ったのと同じ大きなジェット機も登場し、
このジェット機がなかなか良い奴で(笑)私もとっても気に入りました♪
プロペラ機の初飛行、一緒にドキドキしながら見守りました。
心がほっこり、なんだか勇気をもらえる絵本。




こちらも息子、かなり気に入った様子。
「ぼく」が飛行機を作って、飛びます!
一度失敗しても諦めないところが素敵。
ストーリーはシンプルで、絵が可愛い。独特の世界観です。
こちらも親子で気に入ったので、購入を検討中。




それから英語絵本。
飛行場の様子や、飛行機の離陸準備から空へ飛び立つまでのストーリー。
大きくて迫力満点の飛行機の絵が、息子はお気に入り♪


あと、同じ作者でこちらも。



色んな空の乗り物が登場します。
これも息子結構好きです♪



相変わらず乗り物好きの息子。
車、特に工事車両から始まり、最近は飛行機がブーム。
さらにバスも気になり出したようなので、バスの絵本も探し中^^

息子の興味に沿って、私の乗り物絵本の開拓も続きます~。



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村



08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。