--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうずいぶん前に作った教具なのですが、あまりに即席感が満載なので
ブログに載せるのが恥ずかしく、今まで載せてませんでした(^^;;

でも最近また息子がこれお気に入りなので、せっかくだし記録しておきます。
(一時期よくやってて、でもあまりやらなくなったんですが、最近また少しやり始めた)


ビスケットの箱で作った、カードを落とすお仕事です。
脇をテープで貼って補強して。



息子の格好もお風呂上りのズボン履いてない格好でお恥ずかしい。。


ビスケットの箱に、カードを横向きにした長さ分の細い穴をあけ、
そこから私が不要になったポイントカードなどを差し込んで落とすもの。

砂利を拾って排水溝に落とすのがブームだった頃に、落とすお仕事、差し込むお仕事として用意しました。

見てくれは悪いですが(改良しようと思いつつ、なかなか動けてない。反省)
息子はあまり気にせず、夢中で何度もカードを落としてはまた取り出し、繰り返してます。



しゅっとカードが消えてすとんと落ちる感じが面白いみたい(*^^*)
まだまだブーム続きそうです。


うん、でもやっぱり、ちゃんと改良しよう(^^;;




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
チルドレン大学受講中です。
http://eigobon.com/childrensuniversity/index.html

*****

またまた、久しぶりになってしまった、マザーグース!
夏のイベントやお出かけ続きで、間があいてしまったけれど、
もう少しテンポ良く取り組んでいかねば~。


ということで、今回は猫ちゃんのマザーグースでした。
息子とイラストを見ながら何度か読む。

息子的には女の子が抱っこしてるクマのぬいぐるみが気になった様子でしたが^^;

ちょうど実家に遊びに行く機会があったので、実家の猫、ちーちゃんも観察。



でもちーちゃんは、ちょっと気性が荒くて息子も何度か引っかかれたことがあるので、
あまり積極的には向かっていかず、遠目に見る感じね。

まんまるになって寝てるね~。
少し頭をナデナデしてみるよ。
毛がフサフサ柔らかいね。
この間触ったマンモスの毛とは全然違うね~。

そんな会話を楽しんだり、ひげや耳やしっぽなど、
少し猫の身体の人間とは違った機能を話してみたり。

ちーが甘えて身体をごろんごろんとくねらせるのを見て
息子も「ごぉん ごぉん」と真似っこ(*^^*)


それから散歩途中では、最近息子は猫じゃらしが気になって良く触るので、
これはタイムリー♪と、猫じゃらしをユラユラして、猫ちゃんも好きなんだよ~とやってみたり。
息子もじゃれてましたが。笑





図書館で借りた絵本も読みます。
猫ちゃんの本、たくさんありますねぇ~。




猫に限らず、動物の親子がたくさん出てきます。
ストーリーはなく、親子たちの様々なシーンがリアルに描かれている絵本。
息子はそれぞれのページで、子供たちの方をしきりに指さして気にしていました^^
子供同士、何か通じ合うものがあったのかな?





「ころころ~」と息子も楽しそうに繰り返してました♪
可愛らしくて面白い絵本。
最後は猫ちゃん、つぶれちゃったよー!!!汗





子猫ちゃんがお家を飛び出し、大冒険!
最後はお母さん猫が探しに来てくれて、くわえられて帰っていく子猫ちゃん。
子供の好奇心、冒険心、やんちゃっぷりは、人も動物も変わらないね~。
でも道路は飛び出しちゃだめだよー。






どちらも同じ作者。
絵がなかなかインパクトあります。
後者は特に結構ボリュームもあるので、息子は途中でどんどんページを飛ばしてしまった(^^;;





最初から最後まで、あるお庭の同じ場所での出来事。
池の亀ととなりのおうちの子猫ちゃん。
子猫ちゃんが亀をつんっとするシーンが息子のお気に入り^^
でもあらびっくり、亀ちゃんの首が…?!
最後は子猫ちゃんが…。息子もわわー!って大きく反応してました(*^^*)

ページをめくるごとに、少しずつじわじわ話が進んで行く感じ。
せっかちな息子は途中ページを飛ばしてましたが(^^;;
なかなか味わい深い一冊でした。





これはやっぱり息子にはまだ早かったかな。
途中どんどんページをとばされた^^;

でも私は、息子の就寝後に改めてゆっくりこの絵本を読んで、涙出てしまいました。
子供の頃ももちろん読んだけど、大人になって読んだのは初めて。
こんなにじんわり心に響く絵本だったとは。

これは息子がもっと大きくなった時読んで欲しい一冊です。



久々のマザーグースでしたが、息子は以前よりマザーグースを聞いてくれるようになったかも?
イラストを見せて私が読み始めても結構すぐ違うとこに興味がいったりしてましたが、
最近は絵の中に自分の興味を引くものを見つけたり、
歌にできる時は歌にすると嬉しそうに聞いてくれたりします(*^^*)

ゆっくりマイペースなマザーグースですが、私と息子なりの楽しみ方を探して、進めていきたいです。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
ずいぶん前から棚においていた手作り教具なんですが
ここ最近かつてないほどに息子が繰り返し手にとるのが、洗濯バサミのお仕事。

以前用意してたこちらを。

P1070878.jpg



少し前に改良して、今はこんな感じ。

image (18)
image (20)


洗濯バサミをまわりに付けるとライオンのタテガミになるようにしてみた(*^^*)
あと、用意してた洗濯バサミの数が多すぎて、
全部つけられずに終わってしまってたので、数を減らしてみました。

そんな工夫が功を奏したのか?息子が最近良く手にとってくれます。

気づくとこんなとこもはさんでたりして。笑

image (21)


この教具にはまるよりずっと前から、洗濯物をはずす、というのも好きです。
息子の手の届くところに洗濯物干しをさげてあげると、ひとつずつ外してくれます。

DSC00997.jpg
DSC00998.jpg

時には途中で飽きちゃうこともあるけどね。
最後まで終わると、「ないー!」と嬉しそうに物干しを指差します(*^^*)
達成感だね~。


最近は洗濯を干す時も、靴下やハンカチなど、簡単なものを息子に任せたりもしています。
外すより干す方がやっぱり難しくて、何度もうまく止められずに洗濯物が落ちるんだけど
癇癪も起こさず、結構頑張って取り組む姿を見ると、じぃんとします。
(前はもっと、何か出来ないことがあるとすぐ「ん~!!」って怒って止めちゃってた)

少しずつ少しずつ、手を自分の思う通りに動かせるようになってきているね。

息子に任せると、家事もささっと終わらせることはできないけど、
息子の満足そうな顔を見るのは嬉しいので、
これからも出来る限り、息子の出来ることを見つけて、任せていきたいと思います♪



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
保育園までは、大人が歩けば10分で着く距離ですが、息子と歩くと30~40分はかかります。
保育園までの道のりには、息子がやるべき朝のお仕事?がたくさん!
時間はかかりますが、寝坊などでバタバタしてない限りは、早めに出て、
息子が朝のお仕事をこなすのを見守ります。


まずは、家を出てすぐ、私道の砂利を拾って排水溝に落とす。

落とす敏感期は一時期よりは弱まったようですが、まだ健在。
毎朝5~6粒の砂利を落として満足しまた歩き出します。

そして道端の猫じゃらしの、ツンツンした感触を楽しむ。




白線の上を、おっとと!と言いながら慎重に歩く。




縁石に書いてある「ハイステップコーナー」を、全て指差し確認。



書いてないものも、もちろんその上を歩く。



日差しの強い日は、地面やガードレールに触れて「あっちぃ」と熱を感じたり。



その後で日陰の地面を触って、ひんやりを感じていた時の表情は最高(*^^*)


それから駐車場に振られた数字チェックも欠かせない。



「にぃー!さんー!」と言いながら指差し、また隣へかけて行って指差し。

その後、薬局の看板に書かれた電話番号から、数字の「5」を見つけて「ごぉー!」とニンマリ。


そんなこんなの、通園路です。

時間に余裕を持ってはいるものの、やはり限りがあるので
時々急かすような声かけをしなきゃいけないのが心苦しい。

でも可能な限り、息子が思う存分五感を使って世界を感じられるように、
私にできることはしていきたいと思います。

ワーキングマザーで、保育園もモンテッソーリじゃないけれど、
モンテッソーリの視点を持っていれば、限られた一緒の時間もしっかりモンテッソーリな時間にできるはずですよね。

今後も私なりのモンテッソーリな視点と、息子の今をしっかり観察する目を養って、
息子と一緒の時間を大いに楽しんでいきたいです(*^^*)

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
2013.08.27 22:35|◆ 自然・命とのふれあい
昨日は仕事が休みだったので、実家の母も誘って「特別展マンモスYUKA」に行ってきました。

***みどころより***

2010年、シベリアの永久凍土から絶滅した1頭のマンモスが発掘されました。
3万9000年前のメス(10歳)で、驚くべきことに四肢や長い鼻などがほぼ完全な状態で残っていました。

本展は、この少女マンモス「ユカ」の標本を冷凍保存のまま、世界に先駆けて一般公開します。

あわせて、マンモスと同時代に生息した絶滅動物でこれまで壁画や骨格標本でしか確認できなかった
ケサイ(サイの一種)の大型冷凍標本や、マンモスの全身骨格、マンモスの骨や牙と
動物の皮でできた家など約100件を展示します。

*****


少し前に、通勤中の電車内の広告でこの特別展のことを知り、
これは息子も連れて見に行かねば!!ということで昨日ようやく実現しました♪

うちの母は恐竜博とかも大好きで、私が子どもの頃も良く連れてってもらったので
マンモスも興味あるかな~と誘ってみました。

午前中に用事がある母とは午後の待ち合わせにして、
私と息子はランチを食べながら横浜へ向かい、しばらく会場近くの公園でひと遊び~。

DSC00999.jpg

高島中央公園。

高層ビルが後ろに立ち並んでいる~。
調べたらみなとみらいで遊具がある公園はここだけだったみたいで。


ひまわりが綺麗だったね。

DSC01001.jpg

息子、「ひまわりが植わっています」のカードのひまわりの絵と、「いっと!(一緒)」とマッチング。

DSC01003.jpg



その後、滑り台や砂場などで遊んでから、水のシャワーでおおはしゃぎ。

DSC01007.jpg
DSC01010.jpg
DSC01014.jpg


10分おきにミストが噴き出して、気持ち良い~。

最初は怖がって?嫌がった息子も、私が何度かミストの中突撃してたら
大笑いして一緒になってやりだして、しまいには、「もっと!もっと!」。
はまってた~。
ここで30~40分は遊んでたかな。



母との待ち合わせ時間になったので、マンモスYUKAの会場、パシフィコ横浜へ。

DSC01019.jpg
DSC01022.jpg


入口で、息子と記念撮影。
全部入りきらず~^^;

DSC01021.jpg


さて、中に入ります。

マンモスや象の祖先は、こんな姿だったんだね。
カバみたい~。驚き。

image (22)


アフリカゾウ、アジアゾウ、ナウマンゾウ、そしてケマンモスの骨格標本が!
大きい~!!!

アフリカゾウの前で、私と息子、ぱちり。

image (23)

母と息子は、ケマンモスの前で。

image (24)

息子も、おぉ~といった風に、象たちの骨を見上げていました。


それから、マンモスの角や歯、毛にも触ってきました!

image (25)

化石になった恐竜は骨しか残っていないけど、冷凍保存されていたマンモスは毛が触れちゃう!
感動してしまった~。

息子も興味深々で、いっぱい触ってた。
一緒に触りながら、「太いねぇ、ごわごわしているねぇ」と沢山お話しました。


マンモスの骨や皮で作られた、当時の人が住んでいた家の復元。

image (26)

マンモスの角で玄関。なんだかオシャレ~。


そしてマンモスの化石が発掘されるシーンなどを動画で見て、いよいよYUKAにご対面!!!
さすがにここは撮影禁止だったので、写真はないですが、、、

感動しました。
見た瞬間、鳥肌が立ってしまった。

皮膚の感じや、毛がふさーってしているのまでハッキリわかりました。
3万9千年前に生きていた生き物が、今ここにいるなんて、本当に不思議な感覚でした。


マンモスは、シベリアなどの永久凍土と呼ばれる、ほぼ1年中凍っている土の中に眠っているのですが、
その土が近年の温暖化などの影響で、少しずつ端から溶け落ちていて、その崖のところに姿を現すのだそうです。

今回公開された少女マンモスYUKAが見つかったのは2011年。
なんと、頭蓋骨の中に脳みそまでほぼ完全な状態で入っていたそうです。
(その取り出すシーンは動画で見れました)

頭蓋骨は展示されていましたが、脳みそは現在研究中とのこと。
これほど完全な脳みそはかつて発見されていないそうで、マンモスの研究が大きく進むことが期待されているそうです。


動画に映っていた、YUKAが発見された広大な永久凍土。
まだまだ沢山の神秘が、この中に眠っているんだなぁと思うと、ワクワクしました。



お土産ショップで購入したのは、解説ブックと、アフリカゾウ、アジアゾウ、ナウマンゾウの骨格標本マグネット。
そして母から息子へは、マンモスの缶バッヂを買ってもらっちゃいました。

DSC01024.jpg

解説ブックには、マンモスのことや、象の進化について(なぜ鼻が長いのか等)が
とても詳しく載っていて、帰ってから読んで、とても面白いです。

息子が読むのはまだずっと先になると思いますが、
まずは私が読んで、息子にも少しずつ聞かせていってあげようと思います。

骨マグネットは、それぞれの相違点などを見つけながら、遊べたらなぁと買いました♪


今回のマンモス展、息子にはまだ早いとは思いましたが、
でも、目の前にした見上げるほど大きな骨格標本や、角や毛を触った感触、
そしてYUKAを前にした時のなんとも言えない雰囲気、そういうの、
息子なりに感じ取ってくれている風だったので、一緒に来て良かったなと思いました。

今はまだ何のことやら分からなくても、いつか色々分かるようになったとき、
今日のこの体験が、新たな学びの世界への土台となることを、期待しています。


世界には、人間の力で解明できない謎や不思議がまだまだ沢山。
知らないこと、分からないことが沢山。
でもそれは、「知りたい!」の第一歩。

人間のあくなき好奇心、探究心が、3万9千年も前のマンモスの生態まで徐々に明らかにしている。
うーん、人って、すごい!!!
そして、世界って、面白い。


私ももっともっと、息子に世界の謎や不思議に触れるチャンスを与えてあげなくちゃ。

とりあえず、10月から今度は恐竜博がやるみたいだから、それも行かねば!笑



といろいろ、思いをはせた、マンモス展でした。
YUKAちゃん、ありがとう。会えてよかった。




最後におまけで、ぱちり。

image (27)

私が抱っこしてます。
なかなか良い表情。笑






にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

2013.08.26 22:06|◆ イベント

夏の思い出シリーズ、第3弾は、2回目のキャンプ編~。

第1弾:鹿児島の海編
第2弾:花火編

はじめてのキャンプの記録はこちらから。

=====

今年、息子を連れてキャンプデビューした我が家ですが、8月中旬に、2回目のキャンプに行きました~。
前回は海沿いでしたが、今回は山の中、川沿い~。
キャンプの合間に息子も川遊びを楽しめたし、1区画がゆったりしててなかなか素敵なキャンプ場でした♪

お料理も、今回は5日前から家で仕込みを開始したベーコンなんか作ってみたり!
徐々に色々チャレンジしています。笑



さて、そんなキャンプの記録。

テントやタープの設営中、相変わらず息子はせわしなく動き周り、ちょいちょい手伝ったり邪魔したり?笑

気づいたらアルミホイルがこんなことに。

P1080819.jpg
P1080820.jpg

とほほ…。


この後、息子と一緒に水を汲みに行って、せっかく戻ってきたのに、
その水を自分でばしゃーってこぼすという一幕も。

で、また汲みに行く!と、一人でバケツもってさっさか歩いて行っちゃうところ。

DSC00824.jpg

なかなかたくましいわ。笑



さて、無事テント設営も完了!
今回は息子のオマルも持参!!^^

P1080824.jpg


今回から、焚火台デビュー。

P1080822.jpg


家で仕込んできたベーコン。
燻製前に、しばし乾燥させています。

P1080831.jpg


ダッチオーブンの中にセッティング。

P1080832.jpg

ダッチオーブンは、私が新卒で入社した会社の仲良し同期数人が
アウトドア好きな私のために誕生日にプレゼントしてくれたもの。
一緒にキャンプもいったなぁ~。
それ以来使ってなかったんだけど、これからガンガン使うぞぉ~。

というわけで、ベーコン出来上がり!!
今回用意した炭があまり良くなくて、火力が弱く、イマイチな燻製具合だったんだけど…。

でも食べたら美味しかった!!!
次回への課題もチラホラ見つかりつつも、なんとか初のベーコン作り、完了。

P1080833.jpg


次は、私が前日から発酵させたり準備してた、パン~。

最後の発酵と、成形をして、ダッチオーブンの中へ。

P1080835.jpg
P1080836.jpg

出来上がり~。

P1080837.jpg

これまた火力の問題か…焼き上がりに結構時間がかかってしまった&固くなった~。
改善の余地あり!もっと上手にパンが焼けるようになりたい。

ちなみに今回も、アレルギーの息子でも食べられるよう、レシピはこちらだよ。
P1080617.jpg

白崎さんの、「にっぽんのパンと畑のスープ」。



さて、その後息子が遅めの昼寝。
ずっと遊び続けていたからね、疲れて機嫌が悪くなり、
抱っこしてたら寝ちゃった~。

P1080838.jpg


息子お昼寝中にご飯の準備も終わり、起きてきた息子とディナー♪

ベーコン入りの野菜スープ。出汁が出て美味だった~。

P1080841.jpg

あとは野菜やベーコンを焼いたり、魚のホイル焼きを作ったり。

日が落ちたらキャンドルに火をともし、またりと夜を過ごしました。
やっぱりキャンプは良いねぇ~。




翌日は、撤収作業をしてから(またも、息子は沢山働いた!)川遊びへ~。

やっぱり水着は拒否しつつも、どんどん川の中に進出。
結局びしょびしょになって遊んでた。

お父さんと一緒に、石を並べるよ。

DSC00827.jpg
DSC00829.jpg

大きい石も、頑張って持ち上げる!

DSC00828.jpg


日差しは暑かったけれど、川の水は程よく冷たくて気持ち良くて。
さらさら流れる心地よい音を感じながら、息子は沢山手を使って遊びました。
自然の中の遊びは五感への刺激がいっぱい。
家の中でのお手伝いやお仕事も良いけれど、やっぱりどんどん外に連れ出したいなぁと思う私なのでした。


9月の3連休にも、またキャンプに行く予定なので楽しみ★
今度は初の2泊3日。
1泊だとテント立ててもすぐ撤収!な感じで忙しいので、2泊できたら中日でもっと遊べるかな。

すっかりキャンプにはまり始めた我が家です。
寒くなる前に、まだまだキャンプ、楽しみます~。





にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村



最近、息子が作るブロックや積み木に、大作が増えてきた!
創造力が育ってきているということかな。

おぉ!と思ったものを写真に撮っていたので記録しておきます♪
完全に親ばか目線なので…ご容赦を~。笑


まずは、私の実家でもくもくとブロックで大作を作る息子。

P1080573.jpg

今まではブロックで遊ぶにも、私に「くっつけて~」と差し出してくることが多かったのに
最近は黙々と一人で取り組み、いつの間にかこんなん出来ててビックリ。

P1080576.jpg
P1080578.jpg

わわー。すごいねぇ!
なかなか芸術的!笑



そして最近、こちらは我が家の積み木で。

なんだか、どこかの世界遺産の宮殿みたい!(親ばかがすぎますね^^;)

P1080865.jpg

あまりに感動して、息子を呼んで、一緒に記念撮影までしちゃった次第。
でも息子もまんざらでもなさそう。

P1080869.jpg


しかし、息子は前からそうだけど、壊すのも大好き。
高く積み上げた積み木をどーん!って壊したりね、良くやってたのです。

なので今回の大作も、あっさり壊し…。
その後また高く積み上げては壊し。の繰り返しをしていました~。

P1080889.jpg


この光景を見て、「賽の河原」をイメージしてしまうのは私だけ?
いやでも、自分で壊してるんだから、ちょと違うか。



あとちょっと番外編?

P1080187.jpg

これは私も一緒に作ったブロックなんだけど、いつの間にか、シール貼られてた^^



でもブロックや積み木からも、息子の成長を感じて嬉しくなりますね~。
ブロックもうまくはめられなかったのに、今じゃ上手に作れるようになったし、
積み木も何やら息子なりに考えながら、積んでは戻し、あれこれ手にとって吟味しながら作ってました。

私も良く一緒に積み木で遊びますが、大人でも結構楽しめて、積み木って奥が深いですよね。

ちなみに上の積み木はあるだけ全部使って作ってますが、
こうして見るとなんだか少ないなぁ、もっと増やしてあげたいなぁって思っちゃいます。うむ。

以前、雨をテーマに図書館で借りた絵本の中のこちらの本に、
兄弟が沢山の積み木ですごーいお城みたいな大作を作っているシーンがあったんです。



そのシーンが息子は結構気に入ってたみたいでした。
いずれ我が家もあれくらい積み木を増やして、思う存分息子に遊ばせたいなぁ~^^




モンテッソーリやチル大の取り組みを始めてから、息子のおもちゃを見直し、
それまで何かとお祝やら買ってもらったりやらで持ってた音が出るものやごちゃっとしたものは片づけました。
今はブロックや積み木などの創造系と、息子が好きな車系がほとんど。

こういうシンプルなものから、息子なりの世界をどんどん広げていってほしいと思います。
遊び方を指定されていないものって、子どもなりの遊び方があって、見てて「ほぉ~」ってよく思います。
自分も小さい頃、飽きもせずレゴで遊びまくっていた記憶があるので、レゴもいつか欲しいなぁ。


今後も息子の大作は、記録に残していきたいです^^



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
2013.08.24 21:25|◆ イベント
夏の思い出シリーズ、第2弾は花火編。

第1弾:鹿児島の海編

=====

8月最初の週末に、地元の花火大会があったので私の父と母も一緒に見に行きました。
荒川の河川敷でやる花火大会で、東京と埼玉と両側からあがるので、なかなかの見ごたえ。
子どもの頃から、留学で不在だった時期以外はだいたい見に来ている花火大会。

息子が生まれた年はさすがに来られなかったけれど、
去年は1歳なりたての息子を連れてきました。
大きな音に息子はびっくりして泣いてしまったのだけど、、、今年はどうかな?

ということで、まずは腹ごしらえ~。笑

DSC00790.jpg

この日、初めてパンを焼いてみた私。
卵・乳製品アレルギーの息子でも安心して食べられるパンを、と、こちらの本を参考にしました。
P1080617.jpg

白崎さんの、「にっぽんのパンと畑のスープ」。


丸パンと、リンゴジャムを作って持って行きました。

パンを焼くのは初めて!
私の手際が悪く、仕上がりは若干固め…で不安でしたが、息子はパクパク食べてくれました!

DSC00793.jpg

リンゴジャムも自分でつけて、パン3個くらい食べてた^^
旦那ちゃんや父母も、なかなか美味しいと言ってくれたので良かったです~。

でももっと柔らかく美味しく焼きたい~と、この花火の日以来3~4回は作ってます。
徐々にコツがつかめてきたかも??


さて、いよいよ花火本番。
DSC00807.jpg


1発目の花火が、ひゅ~っと上がっていく様子に、息子は興奮して雄たけびあげてましたが、
ぱっと開いて、遅れてきた「どーん!!!」の音に、ビックリ!!
少し泣いてしまいました~。

毎年父が午前中から場所取りしてくれるのですが、結構前の方で見るため音が大きいんですよね。
それに、身体にひびく感じもあり。
大人にとっては迫力があって見ごたえ十分ですが、やはり子どもには少し刺激が強すぎますね。
来年からはもう少し後ろで見ようか、という話になりました^^;

とはいえ息子も徐々に慣れたのか、だんだんじぃっと花火を見入り、時々歓声をあげたりしてました。

しかし去年もそうでしたが、途中から私のとなりで寝んね。
クライマックスは連続して花火が上がり、歓声もあがり、かなり賑やかでしたが、それでも寝てました。笑


花火大会の後、やはり花火の印象は深く残っていたようで、
「どーん!どーん!った~!」っと、興奮気味に良く話してました^^

息子の写真を集めて作ったカレンダーがあって、私と旦那ちゃんのそれぞれの実家に送り、
それから我が家にも飾っているのですが、それぞれの月には去年のその月の写真が何枚か載ってるんですね。

それで花火の写真もあるので、そのカレンダーの写真を指さしては「どーん!」と言うようになりました。

というわけで、息子の中で花火の印象が鮮明なうちに、と、
図書館で花火の絵本をいくつか借りて読みました。




ストーリーはなく、花火が上がる様を描いたとってもシンプルな絵本。
でもシンプルだからこそ、花火の迫力や、美しさが際立っていて、素敵でした。
息子も、しゅ~っとあがっていく花火のページで「しゅー!」っと言ったり、
開いた花火に「どーん!!!」と言ったり、自分で物語を作って楽しんでいる様子でした♪





今回借りた中で一番息子が気に入って、何度も読まされた絵本がこちら。
で、結果、購入して今家にあります^^

世界一大きな、四尺玉の花火があがる、新潟の方貝祭りの花火の様子が、
その花火を作る工場で働くあやこさんを中心に描かれています。
花火を作る工程が、大人な私でも初めて知った!というくらい結構細かく描かれていて、
最初読んだときは、息子には少し難しいかな、つまらないかなと思ったのですが
意外や意外、一番気に入りました。

花火が上がる筒を用意しているページで、この筒から花火があがるんだよ~というと
「つつ!つつ!」と何度も指さして繰り返したりしていました。
世界一大きな花火、いつか見に行きたいねぇ。





夏吉とその友達が、花火を見に山の上のおばあちゃんのうちまで行くお話。
お父さんもついていくけど、ちょっとした子どもの冒険ストーリーです^^
これも息子は結構気に入ってました。
自転車で坂道をみんなが下るシーンで、「がたがたがた…」というと、楽しそうに繰り返したり。
いつか息子も、お友達と花火を見に行く~なんて言う日が来るのかな??





たぬきのぼーちゃんや森の友達たちが、花火を見てびっくり!
目がちかちかして・・・花火になっちゃった~というお話。
可愛くて楽しい絵本でしたが、息子の食いつきはイマイチだったかなぁ。



さて、それから話は鹿児島にとびますが、鹿児島でも息子は花火体験しました。
今度は小さな手持ち花火。初体験でした~。

お父さんが手を添えながら。

DSC00854.jpg
DSC00855.jpg

時折一人で持たせてみたり。
DSC00960.jpg


とにかくすごい楽しんでた!

花火がシューっと出たり、パチパチ言うのをじぃっと見ては、ニコニコしてました。

そして息子的にある意味花火以上に気に入ってたのが、
花火が消えてからバケツの水に捨てに行くこと。

「ジュッ」と音がするのが楽しいらしく、花火を捨てに行くたびに
キャッキャ言いながらかけて戻ってきました^^
そういえば私も子どもの頃、じゅっと言って花火が消えるのが面白くて
まだしゅーしゅーついてるのに水に入れたりしてたな。笑


そして最後は線香花火。
ですが、息子にはまだこの趣はわからず~。
というか、じっと持ってられずに、あっという間に落ちてしまって終わりました^^;
この静かな線香花火を楽しめるようになるのは、いつ頃かね??


というわけで、花火編でした。
この夏は沢山花火を楽しめたね~♪




にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
2013.08.23 21:23|◆ イベント

「夏の思い出」とかタイトルにつけちゃうと、もう夏が終わっちゃったみたいですが…。
いえ、まだまだ遊ぶんですけどね!!

でも鹿児島で過ごした5日間の様子や、これまでの夏のお出かけやイベントで
書きそびれていることもあるので、どどーっと記録できたらなぁと。

1歳から2歳になった息子が過ごしたこの夏を、
チル大やモンテッソーリの視点でまとめてみたいと思います♪
というわけで、まずは鹿児島での水遊び編!

写真がすごく沢山になってしまった…。
重かったらごめんなさい><


=====


前置きと言ってはなんですが、息子はプールや海遊びが、あまり好きではないです。
というか、むしろ嫌い、です…。
保育園でも7月からプール遊びが始まってるんだけど、水着に着替えるのも拒否!
一度着せた水着を脱ぐ!といって引っ張り、ボタンを引きちぎってきたこともあります^^;

こんなに水遊び嫌いだったかなぁ、なんでだろう?と色々思い返すと、
去年の夏、最後に千葉の海に行った時の思い出が苦く残っているのかも、と思い当たるところはありました。

外房の方の海だったので、水はやや冷たくて、波も大きめ。
息子はまだ水を怖がるわけではなく、むしろ楽しんでいたのだけど
一緒に波打ち際で座って遊んでいたとき、何度か波が息子の顔までばしゃーってかかったりしたんです。
それが怖くて泣いてしまったりして、それから波が引く時引っ張られる感じも嫌だったみたい。

そんな思い出があるからか、水着を着るのもいや!!!になってしまったのかな。



そんな息子でしたが、鹿児島では少し水遊びを楽しめました。

まずは、義両親が用意してくれたプール遊び。
ここでも水着を着るのは嫌がったので、洋服のまま。

じょうろで水をくんでは外にジャーっと流すの繰り返し。
DSC00842.jpg

外も自分も水浸しにして、ズボン脱がされ~。
DSC00846.jpg


でも結局プールに入るのは断固拒否していた息子でした。。。



その翌日だったかな。
この日は海へ。

旦那ちゃんは釣り。
息子が生まれる前は二人で良く釣りに出かけ、鹿児島のこの浜辺でも面白いくらいキスを釣りました♪
息子が生れてからは、まだ釣りに出かけたことがないので、旦那ちゃん、久々の釣り楽しんでました。
(でも釣れたのはフグだけだったけど…^^;)
DSC00880.jpg

お父さんの釣りを一緒に観察し、餌をつけるところを見たりしつつ、
でも息子と私は、海水浴場の遊泳開始時間まで、砂遊び~。
(遊泳開始は10時からだけど、釣りのため8時頃から海に来てた。笑)

バケツに砂を汲んでは。
DSC00874.jpg

うんしょ、うんしょ、と運び。
DSC00875.jpg

ばさーっと落とす。
砂のさらさら~って音が心地よいね。
DSC00877.jpg
DSC00878.jpg

飽きることなく、この繰り返し^^


モンテッソーリを知ってから、息子がこうして
手や腕全体を使って遊ぶ様子を見るのが本当に楽しくなりました。

そして、少しずつ手や手首の使い方が上手くなってきているのが分かるので、嬉しくもなります。
息子もきっと、思い通りに自分の手を使えて、出来ることも増えて、楽しいんだろうな^^


さて。
砂遊びの次は、もう少し波打ち際へ誘ってみます。
(徐々に海に慣らす作戦。笑)

もら、大きな貝がらを見つけたよぉ~
DSC00882.jpg

鮮やかな赤。グラデーションのかかった縞模様。綺麗だねぇ。

こんな小さいのもあったよ。
DSC00884.jpg

息子も興味深々。
ここからは、自分で貝がら拾いを始めました。

お、何か発見。
DSC00887.jpg

とったどー!
DSC00888.jpg

大きいの見つけたね~!

その後、海水を含んだ砂で、お山作り。とった貝がらをお山に刺してる。笑
DSC00894.jpg

水がキラキラ光って綺麗だねぇ。



掘っても掘っても、海水が出てくる~。
バケツですくって、お山にかけてみる。
DSC00895.jpg
DSC00897.jpg

手首のかえしが、だいぶ上手になってきたなぁ。



さて、そうこうしているうちに、遊泳可能時間となったので、
海水浴場のほうに移動して、水着に着替えます。
が、ここでも、水着いや!と拒否~。

でも服ももう既にびしょびしょだし、水着のほうが楽だよぉ~と、
なんとか旦那ちゃんと二人がかりで水着を着せ、半ば嫌がる息子を旦那ちゃんが抱えて浜辺へ~。

遊びだせば、泣いてたの誰?というくらい楽しみ出しました。

思いっきり手を使って、掘る掘る掘る~。
DSC00898.jpg

お父さんの真似して、掘った土を今度は盛ってみる。
DSC00905.jpg

お。だいぶ大きなダムができたね。
(息子の水着が遠山の金さん状態なのは、水着を脱ぐ!といって自分で片方脱いだから^^;)
DSC00902.jpg


ちょうど引き潮だったのもあり、浜辺の上のほう(向かって左側)から
海(右側)に向かって砂を掘るとどんどん海水がわき出て流れてきた。

ちょうど山から雨水が浸み出て大きな川の流れになり、それが海にそそぎこむ様子とリンク。
息子にもそんな話を簡単にしてみました。
どんどん流れて溜まっていく水を見て不思議そうにしていました^^

そういえば、この絵本の中にも、それに近いシーンがあったな。



今度また図書館で借りてこよう。


で、このダムをぐしゃっと崩壊させ、水がどしゃーっと流れ出るのを楽しむ息子。
「ぱい!(もう1回)」といって、また一緒に砂でせきとめ、また壊して水を流し…。
というのを延々繰り返しました。笑


そうこうしているうちに、お昼タイム。
仕事がひと段落した義両親も来て(義実家は農家です)持ってきてくれたオニギリを頂き、また海へ~。

ばぁちゃんと一緒に、もっと掘る。
DSC00909.jpg

じぃちゃんと、お父さんは?
DSC00908.jpg

砂を掘って、貝を見つけ出してました!!
写真にはないけど、しじみに似た貝を、たっくさん見つけていた~。

じぃちゃんの両手いっぱいに獲れた貝を見て息子も興奮!
この貝たちは、その後家に持って帰り砂抜きをして、翌日のお味噌汁になりました。

砂抜きは、ばぁちゃんが持って帰った海水でしていました。なるほど~。
面白いくらい貝が息して動いていて、息子と一緒に観察。
(写真撮り忘れた~。反省)

息子もこんなに活発に動く貝を見るのは初めてだったので、すごい驚いてた^^


と、話がそれましたが、海遊びに慣れてきた息子は、徐々に海の中へ。
DSC00917.jpg
DSC00919.jpg

海の中で、バシャバシャやって笑ってた!

こんな息子の姿が見られるなんて、想像もしてませんでした~。

ここに至るまで、かれこれ5~6時間は経ってましたが(笑)ようやく、海の中で楽しめるように。感動~。
暑かったから海の中は気持ち良く、波も本当に穏やかで身体が浮く感じが楽しかったみたい。
もっともっと!と、旦那ちゃんのほうが疲れちゃうくらい、
息子はどんどん歩いたりプカプカしたり、満喫してました。

本当に楽しそうで、良かった~。

穏やかな鹿児島の海に、感謝★
DSC00925.jpg

息子はシャワーの後、車に乗せた瞬間から爆睡。
DSC00926.jpg

そりゃそうよね~。
このあとたっぷりお昼寝した息子でした。

海楽しかったねぇ。


いやしかし、鹿児島に住みたいなぁ~
釣りもタダだし、海も穏やかで人も少ない!!!素敵すぎる~。




というわけで、鹿児島での水遊び、海遊び編でした。
夏の思い出シリーズ?まだまだ続きます~。



にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
2013.08.22 08:55|◆ 独り言
20日に、鹿児島から戻りました。
なんだかんだで疲れもあったのか、当日は息子の寝かしつけ中に寝落ち。

昨日からまた仕事も始まり、息子は保育園。
また日常に戻りました。


鹿児島では、前回帰省した年末年始の頃(息子は1歳5ヶ月)より、格段に成長した姿を見ることができました(*^^*)
おじぃちゃん、おばぁちゃんや、ひぃばあちゃんにもすぐに慣れ、
本家なので続々と親族が集まり、そのたびに少し人見知りしたものの、またすぐに馴染み、
みんなにものすごーく可愛がってもらって、本当に楽しそうでした。

普段から何でもやりたがる息子になるべく出来ることを見つけて手伝わせているので
鹿児島でも息子は大いにお手伝いに勤しみました。
おかげでみんなに、お利口じゃぁ~と沢山褒められてました(*^^*)

鹿児島ならではの、自然体験もふんだんにしてきました!
モンテッソーリやチル大の取り組みも意識して過ごしてみたので、
その様子はまた改めて記録したいと思います(*^^*)

そうそう、トイレットラーニングも、鹿児島でオマルを用意してもらい、続けてました。
その様子も記録したいな。


でもひとまず明日までは、私はお仕事頑張らねばです。
休みボケが抜けきってませんが。。(^^;;

ではまた改めてブログに鹿児島の記録書いていきたいと思います~。
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。