--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.08.24 23:48|◆ ベビーサイン

最近私、ベビーサインに興味が出てきまして。
そして良いタイミングで、9月から最寄り駅近くでベビーサインのクラスが始まると知り、娘と通ってみることにしました。


こう書くと突然ですが、実は娘が10ヶ月くらいのころから、気になってたんです、ベビーサイン。

最初はベビーサインを習おうとか、使ってみようとか、
そういう気持ちは全くなかったんですが、あることがきっかけで興味を持ちました。

それは、娘がサインを使うようになったこと。
ちなみに娘が初めて使ったサインは、「おっぱい」のサインでした^^

ただベビーサインでは「おっぱい」のサインは手を自分の胸の前あたりでグーパーする
(牛の乳しぼりのイメージ)というものですが、娘がするサインは、胸をトントン。

これは、私がそうしてたからなんです。

娘に授乳する前に、私はいつも、「おっぱいのもうね~」と言いながら自分の胸をトントン、としてたんです。
ベビーサインのつもり、ではなくて、なんとなく、だったんですけど^^;

そしたら娘も、「おっぱいのみたいよ~」の時、自分の胸をトントンして訴えてくるようになりました。
時には私の胸をトントン、というかバシバシ!(笑)叩いて強く要求してくることも。


それからご飯を食べていて、「おいしいねぇ」と言いながら、私が口をさわるしぐさをしていたら
娘もそのうち、ご飯をパクリとして、口に手を当てるように。
(これは私が、美味しいの時こういうしぐさしたら可愛いなあ♡と、意図的に見せていました^^)
(ちなみにベビーサインで「美味しい」は、ほっぺをぺちぺちする、だそうです)


そんな風に、娘が自分の気持ちをまだ言葉では表せないけれど
手の動きで表現し始めて、それを私が理解できるようになると、とても楽しくて★

そんなとき、友達がベビーサインを習っていて、娘ちゃんとサインで色々会話している様子を思い出しました。
そしてその友達にもサインのことを色々聞いているうちに、習ってみたいなぁと思うようになりました。

そしたらちょうど、9月から最寄駅でクラスが始まるじゃないですか~。
これは運命?!(大げさですが^^;)とばかりに、通ってみることにしました。

先生に娘は既に1歳過ぎているけど遅すぎないか?と相談してみると、遅すぎませんよ~とお返事も頂きました。
6ヶ月~1歳半くらいまでが始め時、みたいです。
特に1歳を過ぎているとこちらの言っていることもほぼ理解しているので、子どもからサインが出るのも早いのだとか。

確かに、本を買って少しずつ会話の中にサインを入れ始めてみたのですが
娘もすぐにマネッコして返してくれたりします^^





先日はベビーサイン育児しているお友達と遊んで、友達が娘に沢山サインで話しかけてくれて
そしたら娘もじぃっと見入ってはニコニコして、いくつかサインを真似していました。
この日は「電気」のサイン(頭の横あたりで手をグーパーする)をして、嬉しそうにしてたなぁ^^



*****

そして、ふと思ったんですが、そういえば、モンテッソーリ的にはベビーサインてどうなんだろう??と。
何らかの関係があったりするのかな?と気になりました。

モンテッソーリ教育は、モンテッソーリが1907年イタリアで設立した子どもの家で確立された教育法。
一方でベビーサインは1990年代にアメリカで始まったそうです。

モンテッソーリの時代にはまだ、ベビーサインは無かったわけですが
ベビーサインについて調べてみて、色々と知っていくと、モンテッソーリ教育と通じるところも多いんです。


まずなんといっても、子どもの「できた!」をサポートしてあげられること。
まだ言葉を話せない子どもたちでも、伝えたい気持ちを、手や身体の動きで表現できる、
それを大人に見せて大人が分かってくれる。自分の気持ちをちゃんと理解してくれる。
「できた!伝わった!分かってくれた!」こんな気持ちを子どもに与えてくれる。
これってとても素敵なことですよね。子どもの自信につながるはず。

親からしても、子どもと早くから「会話」ができることで、無用なフラストレーションが減るといいます。



そして、「手を使う」ということ。
ベビーサインは、手をグーパーしたり、トントンと突き合わせたりする簡単なものから
日本の手話をもとにしていたりして結構細かな手の動きが必要なものまで色々あるみたいです。
子どもの手の発達段階に応じて、紹介するサインの種類を増やしていくようなのですが
サインを通じて、色んな手の動きができるようになるというのは、モンテ的にもいいのかなぁなんて思いました。



検索していたら、モンテッソーリクラスを開催されている先生で、同時にベビーサイン講師でもある方もいたりして。
やはり、通じるところはあるのかなぁ~なんて勝手に思って嬉しくなったりしました^^



そんなこんなで、今のところ独学で少しずつ始めたベビーサイン育児。

嬉しい予想外だったのは、息子がベビーサインにすごく興味を持っていること。
私が娘にサインを使って話しかけていると、息子も同じようにサインを使って娘にお話してくれます。
そして娘も、楽しそうに答えていたり。

友達いわく、母親以外の第三者もサインを使うとより効果的に子どもがサインを覚えて使うようになるんだそうです。
その第三者が、我が家では息子になりつつある^^

そして、「お兄ちゃん」と言うサインを一緒に作りました。
もちろんベビーサインにもあるんですが、日本の手話をもとにしていて、それが中指を立てて上にあげる、
という、海外では絶対NGなしぐさらしくて(汗)だから友達からは「作っちゃったらいいかもね」って提案されました。

ベビーサインは、一般的なサインとしては決まったものがあるけれど
大事なのは子どもとコミュニケーションがとれることだから、究極を言えばその家独自に全て作ってしまってもOKなんだそう。
そういうのはオリジナルサインといって、今のところ我が家では「おっぱい」「おいしい」がそれにあたる。

というわけで、息子と色々相談して(そういうのも結構楽しい♪)「お兄ちゃん」サインを作りました。

手をパーにして、親指をほっぺにツンツン当てる、というもの。

「お母さん」が親指をあごにあてる、「お父さん」が親指を額に当てる、なので、
お兄ちゃんの場合はほっぺにあてる、にしてみました。

お兄ちゃん気に入って、娘の前で「おにいちゃんだよー」ってやってます。笑
まだ娘からは出てきませんが、サインが出たらお兄ちゃんが一番喜びそうです。



息子も巻き込んだ(?)我が家のベビーサイン育児。
今後娘と沢山会話ができるのが楽しみです♪


新しいカテゴリも作ってみました。ちょくちょく記録していこうと思います^^










↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
 


にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ





スポンサーサイト
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。