--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.04.11 22:25|◆ モンテッソーリ・幼稚園


こんばんは。

すっかり間があいてしまい、
すでに新学期が始まっているけれど・・・


今更ですが、
モンテ園での1年を振り返ってみます。

その1のこちらの記事もどうぞ



★縦割り保育の魅力★

モンテ園を選んだ大きな理由のひとつは、やはり縦割り保育にありました。
おしごとは家でも多少用意することはできても、異年齢混合の環境から得られる
様々な子供たちのやり取りは用意することはできません。

実際縦割り保育が始まってみると、その素晴らしさは想像以上でした。

場や人に慣れるのに人一倍時間のかかる息子にとって、
新しい幼稚園に、親から離れて通う、というのはなかなかの試練でした。
当然、お別れは泣きじゃくって、一人では教室には行けず
最初数日はあまりに泣くので教室まで一緒について行ったりもしました。

泣き声を聞きながらバイバイする日々がしばらくは続いたものの
少しずつ園で楽しめるようになってきた、大きなきっかけになってくれたのが
年長さんのお兄ちゃんの存在でした。

最初の少しの期間、年少の子たちに、年長のお兄ちゃんお姉ちゃんが
お世話係としてついてくれていたのですが、息子についてくれたY君のことを
息子はすぐに大好きになりました^^

もともと息子は、年上のお兄ちゃんやお姉ちゃんが大好き。
お友達と遊ぶ時にその子のお兄ちゃんやお姉ちゃんが来ると
コバンザメみたいに(笑)ついて歩いてたりするんです。

そんな息子なので、幼稚園で不安なときに優しくサポートしてくれたY君の存在は
本当に大きくて、最初に息子の口から出てきた幼稚園の子の名前は、Y君でした。

Y君のおかげで、幼稚園が少しずつ、楽しいものに変わっていったようでした。

その後もY君はじめ、いろんな年長さんや年中さんのお友達の名前が出てきては
彼らのやっているおしごと(まだ息子ができないもの)に憧れたり
一緒に何かをして楽しかった話などを聞かせてくれるようになりました。

もちろん同じ年少さんで仲良しのお友達ができて
夏休みに一緒に遊びに行ったり、降園後公園に遊びに行くのも
息子にとって大好きな時間になりましたが
年上のお友達との時間は、また違った刺激が得られる、貴重なものになったようでした。


大好きなY君も、3月で卒園。

最後の日に、息子がお手紙を書いて、Y君に渡しました。

IMG_0620.jpg


お手紙というか・・・
もはや、怪文書か暗号文のようなものですが^^;


文字を書くのが大好きな時期にいるので、
園のおしごとでもよく文字を書くものをやってきていたんですが
友達にお手紙を書くのも最近のブームで♪

Y君にも、書きたい文章を私と一緒に考え
私が見本に書いた文字を見ながら、息子が書いて。
シールを貼ったり、大好きな数字を書いたりして装飾。

Y君に渡すと、とても喜んでもらえて、息子も照れながらも嬉しそうでした^^

Y君や、年長のお友達に支えられながら
息子の幼稚園での最初の一年は、楽しく素晴らしいものになったと思います。
そんな息子も今月から年中さん。
もうすぐ新年少さんが入ってきます。
ちょっぴりお兄さんになるわけですが、どんな年中さんになるのかな?
楽しみに見守りたいと思います^^



★通園時間★

最後に、通園時間について。
もしかして、モンテ園に通わせたいけれど
自宅の近くにはなく、通園に時間がかかることがネックで悩んでいる・・・
なんて方もいるかな?と思い、我が家の場合を書いておこうと思います。

我が家も、自宅近くにはモンテ園はなかったので
現在通っている園は、電車通園です。
(朝は主人が仕事に車で行くついでに、送って行ってくれます)
電車で、Door to Doorでだいたい50分くらい。

通園に時間がかかる点は、やはり最後の最後まで、悩みましたが、
実際通い始めてみると、思ったほどの苦労は感じませんでした。

息子が入園したころまだ1歳にならない娘を連れて
毎日電車に乗るのはどうかと心配してはいたものの
娘も電車を楽しんでくれて中でぐずって大変だったという経験もさほどなく。

息子も乗り物好きのおかげで、電車も好きなので
幼稚園帰りに電車に乗れるのは楽しいみたいで
駅の名前もすぐに覚えたり、車掌さんのアナウンスも
すぐに家で真似して遊んだり^^

通園に時間がかかると疲れちゃうかなとも思いましたが
息子は結構体力があるほうみたいで
家に帰ってからも元気に遊んで公園にも行きたがる様子を見ると、大丈夫みたい^^;

朝も多少早起きしないといけませんが(8時には家を出ます)
小学校が始まればこのリズムで生活することになるので
早くから慣れておくにはいいかな?とも思ったり。


ちなみに息子、年少さんの1年間で、お休みした日は1日のみ。
(雪の日の自由登園日はお休みしましたが)
その1日も私が高熱出して動けなかった日^^;
息子の体調不良で休んだ日は結局なかったことに。

3学期最後の日に、皆勤賞のお友達に続いて、
お休み1日だけ、がんばったねって先生に名前を呼んでもらってました。

元気に通えたことに、感謝です。



****




以上、息子のモンテ園1年目を終えての、振り返りでした。

親としてもとても楽しい1年でした。
息子のいろんな成長が見れて、驚きあり、感動あり。

また新しい1年も、息子ともども、
幼稚園生活を楽しみ、一緒に成長していきたいなと思います。



お読みいただき、ありがとうございました♪




↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ







スポンサーサイト
2016.03.24 22:38|◆ モンテッソーリ・幼稚園


こんばんは。

息子の幼稚園も先週で3学期が終わり、
春休みが始まりました。

毎日元気有り余る子供たちと一緒にいると
1日があっという間です^^;


今日はびっくりするくらい寒かったですが><
昨日は比較的暖かくて過ごしやすかったので
お気に入りの公園でたっぷり遊びました♪

IMG_0694.jpg

二人でブランコに乗って、おおはしゃぎしてます。笑

息子はちなみに、自分でこいでこんなに高く揺れてるわけではなく
私がめいっぱい押してあげて、こうなってるわけですけど^^;

「もっとたかくしてー!」とリクエストされて、それー!と押してたらすごい高くあがって
「空がとどく!」と大興奮の息子でした。







さて。

3学期が終わり、息子のモンテ園での1年が終わったことになります。

4月からは、息子自身も楽しみにしているみたいですが
年中さんへと進級し、下に新しい年少さんが入ってきます。

また新しい1年が始まる前に、
息子のモンテ園でのこの1年を、少し振り返ってみようと思います♪


この1年が終わって、私が最初に思ったことは

「この幼稚園を選んで、良かったな」

ということでした。


※以下書いていくことは、私が個人的に感じた事であり
 また息子のことを考えたときに私なりに考えたこと、感じことであります
 モンテ園や子どもの家についての意見も、あくまで、私個人こととして、
 「こう感じる人もいるんだな」程度に読んでいただければと思います




★モンテ園という選択★

幼稚園選びをしていたころ、ブログにも書いた気がしますが
この幼稚園を選ぶまでに、たくさん悩み、考えました。

まずは、モンテ園を選ぶのかどうか。
モンテ園は自宅の近くにはなかったため、
近所の一斉保育の園を選ぶのか、それとも
電車通園にはなるけれど、モンテ園を選ぶのか。

どちらも見学し、実際に見て、先生方や子供たちの雰囲気を感じ
良いところがたくさん見えて、本当に悩ましい選択でした。

それでも、私の気持ちとしてはほぼモンテ園に通わせたい
という気持ちに傾いていた時に、最後の一押しになったのは
息子の一言でした。

幼稚園は、モンテ園と、近所の園と両方出願し、入園面接を受けたのですが
モンテ園からの入園許可が先に出たときに、息子に聞いてみました。

「いま子どもの家に行っているけれど(当時子どもの家のプレクラスに通っていました)
 子どもの家は3月までで、4月からは幼稚園に行くことになるのね。
 幼稚園では、子どもの家みたいにおしごとがあるところと、ないところがあるんだけど
 ○○(息子の名前)は、幼稚園でもおしごとをしたい?」


すると息子は、すぐに

「うん、おしごとしたい!」

と、返事をくれました。


この一言で、今の園を選びました^^


当時子どもの家でも、おしごとを本当に楽しんでいた息子だったので
この言葉を決め手にモンテ園を選んでよかったと思ったのは
息子が入園して間もないころでした。

入園すぐは、登園時に泣いて泣いて、なかなか教室に行けなかった息子^^;
半ば先生に連れ去られるように連れていかれてたんですが
後から先生に聞くと、「泣いててもおしごとをすると元気になるんです」って。

子どもの家でみたり、やったりしたおしごとが、幼稚園にもある。
自分で選んで、好きなおしごとができる。


そんな環境が、幼稚園という新しい場所、新しい人たちの中で不安いっぱいで
泣いている息子にとって、きっとすごく大きな心の拠り所になったのではないかなと思います。

以前保育園に通っている時から感じていたことですが
息子はかなりマイペースで一人で何か気に入ったことに黙々と取り組むタイプ。
みんなで一緒にお遊戯とかあまり参加しないと聞いたこともあって^^;
当時は、集団行動できなくて大丈夫か・・・と心配もしましたが、
だからこそ、自分でやりたいことを選べるモンテッソーリ園のほうが
息子にあってるんじゃないかと思ったのでした。

一斉保育の園は、通わせなかったので比較はできませんが
モンテ園という選択は、息子には合っていたと、思っています^^




★子どもの家か、幼稚園か★

幼稚園の願書提出より少し前に、当時通っていた子どもの家に
3歳児からのクラスにそのまま進級するかどうか、決断が必要になりました。
ここでもかなり悩みました^^;

最初子どもの家のプレクラスに通い始める時は、
前に書いたようにマイペースで一人が好き(なように私には見えた)な息子なので
子どもの家のようなこじんまりしたアットホームな環境がいいのかなと思っていました。

なので3歳児からのクラスにもそのまま通わせようかと思ってもいました。

けれど、いろんな方のご意見を聞いたり、実際のモンテ園の様子を聞いたり
幼稚園の見学や体験などをしていく中で、幼稚園というある程度大きな集団だからこそ
できることの多さ、可能性の大きさを感じ、最終的に幼稚園を選びました。

決して子どもの家ではできないことがある、という意味ではなくて
子どもの家でしかできないことはもちろんたくさんあるはずで、
少ない人数だからこそ先生の目が行き届くし、子どもたちの絆も深まるでしょうし
いろんな課外活動も幼稚園以上に充実したものを感じたりもしました。


ただ息子のことを考えたときに、
もともとが一人で黙々派で、みんなで一緒に何かがあまり得意ではない、
という性格には子どもの家はすごく合っているだろうけど、
3年間子どもの家に通い、その後小学校で
突然大人数でみんなで同じ授業を受けるという環境。

そのギャップの大きさに、息子の戸惑いは大きいのではと感じたのでした。
(何度も言いますが、息子の場合、と私が感じた事です)

その点、モンテ園は、私から見ると、良いバランス、と感じました。
モンテッソーリのおしごとの時間は自分が選んだおしごとに取り組む、自分の時間。
そして外遊びや、行事の練習などの横割りの時間では、
ある程度の大人数で同じことをする、というみんなの時間。

息子にとって、黙々とおしごとできる自分の時間は楽しいだろうけれど
そればかりではなくて、たくさんのお友達と一緒に何か取り組む時間もある。
行事にも沢山人が来る。
舞台の上にも立つ。

そんな、息子の好きなこと、得意なことと、苦手なことのバランスが、
モンテ園では半々くらいになっていて、無理なく、息子が
集団の中で何か活動することに、慣れていってくれるんじゃないか、と期待しました。


その期待は、結構間違ってはいなかったかなと思います^^

最初はお友達との関わりは少ないようでしたが
少しずつ仲良しのお友達ができて、一緒に遊んだりして
仲良しな数人の中では、息子らしく楽しめるようになっていきました。

ただそれ以上に人が多くなると少し萎縮してしまう様子もあり
幼稚園のお迎え時間は人が特に多くなるので
そんな中かけっこして遊ぶ友達に混じることもなく
さらーっと帰る日々だったのですが
3学期になるころには、たくさんの友達に入り交じり、元気に遊べるようになりました。
(本当はお迎え後はすぐ帰ってくださいって言われてるんですけど・・・
 帰ろうー!って呼んでもなかなか帰らないので最近困ってるくらいです。汗)

先生からも、最初は友達との関わりに少し緊張感がある様子を聞いていましたが
最後には「友達とすっかり楽しそうに遊んでます」とお話があり、とても安心しました。

お遊戯会では、息子ひとり棒立ちで全く踊らずでしたが(苦笑)
ただ舞台には一番にぱーっと元気に走って出てきて
沢山の人が見ている舞台に、しっかり立ててたことに、感動しました。

保育園の夏祭りでは人の多さにびっくりして園に入りたがらなかったり
発表会では泣きべそかいてずっと先生の膝にいたあの息子が・・・
ちゃんと舞台に立ててたんですから。
先生いなくても、一人で舞台に出てきたんですから。

ほかの子に比べたら低いハードルですけど(笑)
息子ができるようになったことの多さに、私がただただ感動しました。


ある程度大きな集団である、幼稚園を選んで、良かったなと、思いました。







あぁ、、予想以上に長くなってしまいました・・・


まだ書きたい事あるのですが、ひとまず、ここまでにして
残りはまた続きで書きます^^



↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ





2015.07.15 22:28|◆ モンテッソーリ・幼稚園


先日、幼稚園で息子の誕生日会がありました。
息子が通う幼稚園では、毎月誕生日会の日に、その月の誕生日の子の保護者も呼ばれます。
最初は保育参観のように教室の後ろでおしごとの時間を見学して
途中からみんなが集まって誕生日会が始まります。
その後外遊びなども見学して、お昼ご飯の時間に保護者は退散、と言う感じ。


幼稚園での様子は、チラホラお話してくれるようになった息子ですが
実際どのように過ごしているのか、見るのは初めてでとても楽しみでした♪

が、しかーし^^;

いつもはいない私が教室にいることに、大興奮の息子…。

朝の支度も途中のまま私の足に抱きついてきて満面の笑み。
他のお友達はすっかりおしごとを始めているというのに、
息子はしばらくこんな感じで、テンション高すぎて制御不能でした。汗

同じ7月生まれの年中さんの女の子は、ママがいても時折チラチラ見て笑顔になりつつ
しっかりおしごとを進めてましたけど、、、まぁ年少の、しかも男の子、こんなものかな??^^;

とはいえ、あまりに私から離れないので、覗き穴からこっそり見たい~と思っちゃった。。。苦笑


そんな息子ですが、「おしごとしてるところ見せてよ~」と私が言い続けていたら
15分ほどして?ようやく離れ、いそいそとおしごとを始めました。

選んでいたのは、最近家でも使い始めて楽しそうにしているホチキスを使って、3枚の紙を三編みにするというもの。
この日初めてだったようで、運んできてニコニコ私に「これやるのー」と見せてきたあと、
先生を探し、先生のもとに駆け寄っていきました。

そして先生に、やり方を教えてもらっているところ。

IMG_8134.jpg


一度一緒に完成させ、もう一度、今度は一人で挑戦。

IMG_8137.jpg


でも途中で分からなくなり、先生に何度も「こんどはこっち?」「つぎはどうするのー?」と確認に行ってました。
近くにコントロールチャートがあるんですけどね…。


息子の様子を見ながら、他の子どもたちも見ていると、子どもによってそれぞれで本当に面白かったです。
おしごとの時間は、みんながそれぞれ、好きなおしごとを選んで取り組むモンテッソーリ園独特の時間。
静かにじーっくりおしごとに取り組む子。
「ここはこうして~」とか、独り言を言ったり、周りの子にアピールしながら、おしごとする子。
友達とおしゃべりしながらおしごとする子。
先生と一緒に初めてのおしごとに取り組む子。
みんなの様子をあちこち見ながら、教室内をうろうろする子。
何をしていいか分からない様子でぼーっと立っている子。

などなど。

2人の先生は、本当に忙しく、子どもたちの様子に目を配り、
何をしていいか分からない子をおしごとに誘ったり、初めてのおしごとを丁寧に提示していたり。
そして次から次に、子どもたちが先生のもとにやってきて、質問したりするので、その対応にも追われて。


息子はと言うと、意外だったのだけど、分からない時は先生に聞きに行ってて結構積極的でした。
恥ずかしがりでちょっと引いちゃうところもあるので、どちらかと言うと、先生に聞きたくても
周りに友達が多くいると聞きに行けない、、、という姿を想像してたんですが、少し安心。

ただ…。

ちょーっと、頼りすぎかな?先生のこと。苦笑

先ほどのおしごとで、一人でやり始めたものの、コントロールチャートは確認せず
分からなくなるとすぐ先生に聞きに行く。
ひとつ進んでまた次に分からないと、また先生に聞きに行く。

先生も他の子の対応ですぐには息子の質問に答えられるわけではないので
待ってる間しばらく息子はおしごとが進まずに、他の子のおしごとを見ていたりして、
完成までにだいぶ時間かかっちゃってました^^;

出来上がったら嬉しそうに見せにきてくれて、良い笑顔してたけど~。

うーん、初めてのお仕事だし、こんなもの?
コントロールチャートの見方、分からなかったかな?

たった1時間程度おしごとを見守ったくらいでは私には何も判断できませんが
欲を言えばもう少し一人でがんばって欲しいなぁ、なーんて思ってしまいましたが。
でも初めてだったし、次は一人でも出来るのかな?今後に期待、ですかね。


そんな、出来上がったおしごとがこちら。

IMG_8187.jpg


完成したおしごとは、時々持ち帰るものもあれば、
それ以外はクラスに保管しているスクラップブックに、こうして貼りつけているようです。

スクラップブックは1学期が終わり(明日が終園式)家に持ち帰ってきているので
また別記事で今学期どんなおしごとをしたのかな~?というのを記録しようと思います。



さてそれから、お誕生日会。

人前に出るのがすごーく苦手な息子。
以前通っていた保育園でも、誕生日会をしてもらってましたが、その時は前に出るのを断固拒否!
先生と手をつないで後ろにいながら、お祝してもらったという・・・苦笑
とにかく注目されちゃうとダメなので、今回はどうかなぁ…と思っていたら。

成長です!!笑
一応、みんなの前に置かれた椅子に、座りました~。特に嫌がることもなく。
すごーいすごーーーい!!!(親からすると、これだけで奇跡的な成長!)

でも。

照れ隠しですかね??^^;

IMG_8140.jpg


男子ってこんなものですか??苦笑



ハッピーバースデーの歌を歌ってもらって、それから先生からインタビュー。
何歳になりましたか?には「4さい」と指を4本立てて答えてた息子。
大きくなったら何になりたい?と聞かれて、「こうじのおじさん」と言ってました。
何をつくりたいの?という問いには「どうろとかいろいろ」と。

声は小さかったけど、ちゃんと答えてて、これまた、母からするとビックリ!の成長ぶり。

その後私にも、先生から息子について少し聞かれて、
テレ屋さんでちょっと泣きむしな息子だけど、お友達やお兄さんお姉さんのおかげで
幼稚園に楽しく通えるようになりました、というようなお話をしました。


その後外遊び。

ここでも一匹狼?な息子。

みんなが遊ぶ砂場には行かず(砂場好きなくせに~)、お花の水やり。

IMG_8156.jpg

IMG_8158.jpg


その後、お絵かき。

IMG_8162.jpg


遊具や砂場でみんなと一緒には遊ばず。
自由すぎる男です。


そんな息子の様子が少し垣間見れた、お誕生日会の日の保育参観でした~。




↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
 


にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村




2015.06.05 21:27|◆ モンテッソーリ・幼稚園

4月から幼稚園が始まり、5月半ば頃までは登園時泣いてしまった息子も、
今では少し寂しそうにするものの、涙を見せることはなくなりました。

また、家でも少しずつ、先生やお友達の名前や、誰と何をした、などとお話もしてくれて
幼稚園で楽しく過ごしている様子が伝わり、とても嬉しく、そしてホッとしています^^


幼稚園から、おしごとも持ち帰ってきています。
そんなおしごとから、息子が今何に興味を持っているのかが垣間見えて、面白いです。

大切な息子の成長の記録なので、おしごとはファイルに保管していくことにしました。
息子とファイルを買ってきて、こんな感じで整理しています。

P1040708.jpg

こちらは、穴をあけて保管できるおしごとのファイル。


穴あけパンチで息子が穴をあけ、ファイルします。
(息子が乗り気じゃないときは、私がやります^^;)

P1040709.jpg


一番上の紙は、メタルインセッツのおしごとですね。
確か、文字を書く準備となる、運筆練習ができるおしごとですよね。
(てんしのおうちは、二人目出産後休会していて、2年目の言語教育はまだスタートしていないのでこの辺り無知なのです^^;
今月から再開なので、しっかり学ばなければ!!)

そして、スタンプを使って書くおしごと。

P1040710.jpg

スタンプを押した横に、自分でも少し書いてます。

最近の息子、今まで以上に、書きたい!思いが強いようです。
家でも、あいうえお表や、あいうえおの絵本(↓)を参考にしては、お絵かき帳に文字を書こうと頑張っています。



面白いのは、今までは自分の名前を書こうとしていることが多かったのですが
最近は、幼稚園のお友達の名前を書こうとしています。

「Yくんの『ゆ』ってどうかくのー?」
「Mちゃんの『み』はどうやってかくのー??」

などと、家事をしているとたびたび呼ばれます。
ついつい「絵本みたら?」と言いたくなりますが、出来る限り息子のところへ行き、
文字をなぞって見せ、それから息子が書いてみるのを見守るようにしています。
(とはいえ、、、忙しい時はやっぱり、「ちょっと待ってー」ってなっちゃうんですけど^^;)


ちなみに、数字もやっぱり、書きたいみたい。

P1040711.jpg


お風呂場でも、あいうえおマットがあるんですが、それで確認しながら
曇った鏡に文字を書いています。


それから、穴をあけられないおしごとは、ポケットファイルで管理。

P1040712.jpg


子どもの日の製作や、スタンプ押しのおしごと、そして、糸を巻く?おしごと??

P1040713.jpg

この糸巻き、気に入ってるのか、結構頻繁に持ち帰ります。
最初は結構ぐちゃっとしてたのが、だんだん綺麗に巻けるようになってきています^^



このファイル、1学期終わるころにはどれくらいのおしごとが溜まるんだろう??
楽しみです^^




最後に、最近の息子フォト。

P1040758.jpg

相変わらずの料理男子です。

食事の準備をする時間になると、遊んでいても台所にやってきて手を洗ってスタンバイ。笑
冷蔵庫をあけて、「今日は何にする?」なーんて言っちゃって、将来結構良い主夫になれるんじゃないかな?

先日、友達親子とおもちゃ美術館に行ったんですが、
そこでも一番はまっていたのはおままごとのスペースでした。



すごい集中現象が見られました。笑

ほんと、料理好きだなぁ。

息子用の包丁はまだ買ってなくて、写真のように料理用のナイフで豆腐などを切ってもらっています。
本当は3歳の誕生日に、包丁はどうかと思ったんですが、旦那ちゃんはまだ早いという意見で、延期となりました。
もうすぐ4歳の誕生日。今年は包丁を、買ってあげたいと思っています。




↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
 


にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

2015.05.12 23:50|◆ モンテッソーリ・幼稚園

息子の幼稚園では、先週から通常保育となり、お弁当がスタートしました。
お弁当の準備をしていると、嬉しそうに見にくる息子。
初日は完食して帰ってきて、家に着くなり、
みてみて!とからっぽのお弁当箱を自ら披露してくれました。笑

料理は決して得意ではないけど、こうして息子がお弁当を楽しみにして、
ピカピカにして帰ってきてくれるのは嬉しいので、
これからも美味しいお弁当を頑張ろう!と、こちらも気合が入ります(^^)



そして、なんでもやりたい!な3歳息子。
当然、お弁当も自分で入れる!ということで。



もりもり詰め込んでます(^^)


そんなに食べれる?!と思ったけど(園からは食べきれるように最初は少なめでと言われてるし)
しっかり完食して帰ってきてくれたのでよかった。
「おいしかったー」と言ってもらえるのはやっぱり嬉しいですね。

昨日のお弁当は、こんな感じ。




そして今日はこんな感じ。





お弁当箱は息子が選んだトーマス柄。
水筒は車柄。





お弁当つめたあとは、蓋をして、ゴムをかけて、
お弁当袋にカトラリーセットとランチョンマットもいっしに入れて。
紐を縛るのは私が手伝って、それから通園カバンにお弁当袋を入れます。

お弁当が嬉しいようで、お弁当準備には積極的。
助かります。笑


しかし私はお弁当のおかずのレパートリーが少ないので、、早くもそろそろネタ切れ。。苦笑
息子のお弁当をとっかかりにして、料理の幅を広げたいな~と思っていたり。
息子の嬉しそうな笑顔と、美味しかったの言葉があれば、頑張れる気がします(^^)


今が私の、料理の敏感期だったりして?!(^^;;

明日は午前保育でお弁当なし。
一休みして、木金とまた、お弁当作り、楽しく頑張ろう。











↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村

続きを読む >>

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。