--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんばんは。

娘も早いもので、1歳8ヶ月に。

あと4ヶ月もすれば2歳になるなんて、
あっという間過ぎて本当にびっくりです。


最近は言葉もたくさん出て、
普通に会話が成り立つのが面白いです。
(娘の言葉は娘語なので(笑)
解読できるのは私か息子くらいですが)

娘語を一部ご紹介。

んーま → くるま
ぱっぱ → かつおぶし(ご飯にかけるのが好き)
んっとぉ → 納豆
おんのんの → 水、お茶
かーか → お母さん
とーと → お父さん
かずぅ → お兄ちゃん(お兄ちゃんの名前の一部)
あーと → ありがとう



あとは、意味がちゃんと通じる言葉もたくさんしゃべってます(*^_^*)

きて
どーぞ
みんな
こっぷ
ぱん
はし
・・・


などなど。


ここ最近でぐっと言葉が増えて、面白いです。

前に少し記事にしましたが、
ベビーサインも続けていて、
上に書いた言葉はサインも一緒にするものも多いです。
だんだんサインがなくても通じる、というのが嬉しいのかわかってきて
サインなしで、となってきてますが、ちょっと前はたくさんサインを見せてくれました。


よく使うサインは、

もっと
どこ?
豆乳、牛乳
お兄ちゃん
水、お茶

あたりでしょうか。



最近は、
息子の時もありましたが、歩いているとこんな光景。


飛び出てるねじを、ひとつひとつ、すべて触っていく。

IMG_0960.jpg


縁石を登ったり下りたり、ひたすら続く。

IMG_0628.jpg

IMG_0629.jpg



黄色い線の上をずっと歩く。

IMG_0627.jpg



面白いですね~♪


家では、ご飯の準備を手伝うのが最近ブームのようで。

IMG_0638.jpg

自分で踏み台をもってきて、箸やフォークの引き出しから取り出し、

IMG_0642.jpg

セッティングしてくれます^^


IMG_0645.jpg


ちゃんと、コースターまで。


なんでもよく見ていて、特にお兄ちゃんがやることはすべて!真似します^^;

なのでこういうセッティングも、お兄ちゃんがやってたのを真似っこでやり始めました。

お兄ちゃんが料理の手伝いに来てれば隣にくるし。
(現在台所には踏み台二つあります。最初一つだったけど、
 妹も見たい!やりたい!って大泣き始まったので(汗)
 二つにしました^^;)


身体能力もかなりあがっていて、
お兄ちゃんがやってると同じことしたい!と果敢に挑戦。

IMG_0872.jpg


いつの間にやら、こんなのも登っていけるようになってました。

すごいなぁ。




今後の成長も、ますます楽しみです。


来週からゆき先生のモンテッソーリベビークラスも始まりますので
そちらでの娘の活動の様子もまた楽しみです♪




お読みいただき、ありがとうございました♪




↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ





スポンサーサイト
2016.04.11 22:25|◆ モンテッソーリ・幼稚園


こんばんは。

すっかり間があいてしまい、
すでに新学期が始まっているけれど・・・


今更ですが、
モンテ園での1年を振り返ってみます。

その1のこちらの記事もどうぞ



★縦割り保育の魅力★

モンテ園を選んだ大きな理由のひとつは、やはり縦割り保育にありました。
おしごとは家でも多少用意することはできても、異年齢混合の環境から得られる
様々な子供たちのやり取りは用意することはできません。

実際縦割り保育が始まってみると、その素晴らしさは想像以上でした。

場や人に慣れるのに人一倍時間のかかる息子にとって、
新しい幼稚園に、親から離れて通う、というのはなかなかの試練でした。
当然、お別れは泣きじゃくって、一人では教室には行けず
最初数日はあまりに泣くので教室まで一緒について行ったりもしました。

泣き声を聞きながらバイバイする日々がしばらくは続いたものの
少しずつ園で楽しめるようになってきた、大きなきっかけになってくれたのが
年長さんのお兄ちゃんの存在でした。

最初の少しの期間、年少の子たちに、年長のお兄ちゃんお姉ちゃんが
お世話係としてついてくれていたのですが、息子についてくれたY君のことを
息子はすぐに大好きになりました^^

もともと息子は、年上のお兄ちゃんやお姉ちゃんが大好き。
お友達と遊ぶ時にその子のお兄ちゃんやお姉ちゃんが来ると
コバンザメみたいに(笑)ついて歩いてたりするんです。

そんな息子なので、幼稚園で不安なときに優しくサポートしてくれたY君の存在は
本当に大きくて、最初に息子の口から出てきた幼稚園の子の名前は、Y君でした。

Y君のおかげで、幼稚園が少しずつ、楽しいものに変わっていったようでした。

その後もY君はじめ、いろんな年長さんや年中さんのお友達の名前が出てきては
彼らのやっているおしごと(まだ息子ができないもの)に憧れたり
一緒に何かをして楽しかった話などを聞かせてくれるようになりました。

もちろん同じ年少さんで仲良しのお友達ができて
夏休みに一緒に遊びに行ったり、降園後公園に遊びに行くのも
息子にとって大好きな時間になりましたが
年上のお友達との時間は、また違った刺激が得られる、貴重なものになったようでした。


大好きなY君も、3月で卒園。

最後の日に、息子がお手紙を書いて、Y君に渡しました。

IMG_0620.jpg


お手紙というか・・・
もはや、怪文書か暗号文のようなものですが^^;


文字を書くのが大好きな時期にいるので、
園のおしごとでもよく文字を書くものをやってきていたんですが
友達にお手紙を書くのも最近のブームで♪

Y君にも、書きたい文章を私と一緒に考え
私が見本に書いた文字を見ながら、息子が書いて。
シールを貼ったり、大好きな数字を書いたりして装飾。

Y君に渡すと、とても喜んでもらえて、息子も照れながらも嬉しそうでした^^

Y君や、年長のお友達に支えられながら
息子の幼稚園での最初の一年は、楽しく素晴らしいものになったと思います。
そんな息子も今月から年中さん。
もうすぐ新年少さんが入ってきます。
ちょっぴりお兄さんになるわけですが、どんな年中さんになるのかな?
楽しみに見守りたいと思います^^



★通園時間★

最後に、通園時間について。
もしかして、モンテ園に通わせたいけれど
自宅の近くにはなく、通園に時間がかかることがネックで悩んでいる・・・
なんて方もいるかな?と思い、我が家の場合を書いておこうと思います。

我が家も、自宅近くにはモンテ園はなかったので
現在通っている園は、電車通園です。
(朝は主人が仕事に車で行くついでに、送って行ってくれます)
電車で、Door to Doorでだいたい50分くらい。

通園に時間がかかる点は、やはり最後の最後まで、悩みましたが、
実際通い始めてみると、思ったほどの苦労は感じませんでした。

息子が入園したころまだ1歳にならない娘を連れて
毎日電車に乗るのはどうかと心配してはいたものの
娘も電車を楽しんでくれて中でぐずって大変だったという経験もさほどなく。

息子も乗り物好きのおかげで、電車も好きなので
幼稚園帰りに電車に乗れるのは楽しいみたいで
駅の名前もすぐに覚えたり、車掌さんのアナウンスも
すぐに家で真似して遊んだり^^

通園に時間がかかると疲れちゃうかなとも思いましたが
息子は結構体力があるほうみたいで
家に帰ってからも元気に遊んで公園にも行きたがる様子を見ると、大丈夫みたい^^;

朝も多少早起きしないといけませんが(8時には家を出ます)
小学校が始まればこのリズムで生活することになるので
早くから慣れておくにはいいかな?とも思ったり。


ちなみに息子、年少さんの1年間で、お休みした日は1日のみ。
(雪の日の自由登園日はお休みしましたが)
その1日も私が高熱出して動けなかった日^^;
息子の体調不良で休んだ日は結局なかったことに。

3学期最後の日に、皆勤賞のお友達に続いて、
お休み1日だけ、がんばったねって先生に名前を呼んでもらってました。

元気に通えたことに、感謝です。



****




以上、息子のモンテ園1年目を終えての、振り返りでした。

親としてもとても楽しい1年でした。
息子のいろんな成長が見れて、驚きあり、感動あり。

また新しい1年も、息子ともども、
幼稚園生活を楽しみ、一緒に成長していきたいなと思います。



お読みいただき、ありがとうございました♪




↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ







2016.03.24 22:38|◆ モンテッソーリ・幼稚園


こんばんは。

息子の幼稚園も先週で3学期が終わり、
春休みが始まりました。

毎日元気有り余る子供たちと一緒にいると
1日があっという間です^^;


今日はびっくりするくらい寒かったですが><
昨日は比較的暖かくて過ごしやすかったので
お気に入りの公園でたっぷり遊びました♪

IMG_0694.jpg

二人でブランコに乗って、おおはしゃぎしてます。笑

息子はちなみに、自分でこいでこんなに高く揺れてるわけではなく
私がめいっぱい押してあげて、こうなってるわけですけど^^;

「もっとたかくしてー!」とリクエストされて、それー!と押してたらすごい高くあがって
「空がとどく!」と大興奮の息子でした。







さて。

3学期が終わり、息子のモンテ園での1年が終わったことになります。

4月からは、息子自身も楽しみにしているみたいですが
年中さんへと進級し、下に新しい年少さんが入ってきます。

また新しい1年が始まる前に、
息子のモンテ園でのこの1年を、少し振り返ってみようと思います♪


この1年が終わって、私が最初に思ったことは

「この幼稚園を選んで、良かったな」

ということでした。


※以下書いていくことは、私が個人的に感じた事であり
 また息子のことを考えたときに私なりに考えたこと、感じことであります
 モンテ園や子どもの家についての意見も、あくまで、私個人こととして、
 「こう感じる人もいるんだな」程度に読んでいただければと思います




★モンテ園という選択★

幼稚園選びをしていたころ、ブログにも書いた気がしますが
この幼稚園を選ぶまでに、たくさん悩み、考えました。

まずは、モンテ園を選ぶのかどうか。
モンテ園は自宅の近くにはなかったため、
近所の一斉保育の園を選ぶのか、それとも
電車通園にはなるけれど、モンテ園を選ぶのか。

どちらも見学し、実際に見て、先生方や子供たちの雰囲気を感じ
良いところがたくさん見えて、本当に悩ましい選択でした。

それでも、私の気持ちとしてはほぼモンテ園に通わせたい
という気持ちに傾いていた時に、最後の一押しになったのは
息子の一言でした。

幼稚園は、モンテ園と、近所の園と両方出願し、入園面接を受けたのですが
モンテ園からの入園許可が先に出たときに、息子に聞いてみました。

「いま子どもの家に行っているけれど(当時子どもの家のプレクラスに通っていました)
 子どもの家は3月までで、4月からは幼稚園に行くことになるのね。
 幼稚園では、子どもの家みたいにおしごとがあるところと、ないところがあるんだけど
 ○○(息子の名前)は、幼稚園でもおしごとをしたい?」


すると息子は、すぐに

「うん、おしごとしたい!」

と、返事をくれました。


この一言で、今の園を選びました^^


当時子どもの家でも、おしごとを本当に楽しんでいた息子だったので
この言葉を決め手にモンテ園を選んでよかったと思ったのは
息子が入園して間もないころでした。

入園すぐは、登園時に泣いて泣いて、なかなか教室に行けなかった息子^^;
半ば先生に連れ去られるように連れていかれてたんですが
後から先生に聞くと、「泣いててもおしごとをすると元気になるんです」って。

子どもの家でみたり、やったりしたおしごとが、幼稚園にもある。
自分で選んで、好きなおしごとができる。


そんな環境が、幼稚園という新しい場所、新しい人たちの中で不安いっぱいで
泣いている息子にとって、きっとすごく大きな心の拠り所になったのではないかなと思います。

以前保育園に通っている時から感じていたことですが
息子はかなりマイペースで一人で何か気に入ったことに黙々と取り組むタイプ。
みんなで一緒にお遊戯とかあまり参加しないと聞いたこともあって^^;
当時は、集団行動できなくて大丈夫か・・・と心配もしましたが、
だからこそ、自分でやりたいことを選べるモンテッソーリ園のほうが
息子にあってるんじゃないかと思ったのでした。

一斉保育の園は、通わせなかったので比較はできませんが
モンテ園という選択は、息子には合っていたと、思っています^^




★子どもの家か、幼稚園か★

幼稚園の願書提出より少し前に、当時通っていた子どもの家に
3歳児からのクラスにそのまま進級するかどうか、決断が必要になりました。
ここでもかなり悩みました^^;

最初子どもの家のプレクラスに通い始める時は、
前に書いたようにマイペースで一人が好き(なように私には見えた)な息子なので
子どもの家のようなこじんまりしたアットホームな環境がいいのかなと思っていました。

なので3歳児からのクラスにもそのまま通わせようかと思ってもいました。

けれど、いろんな方のご意見を聞いたり、実際のモンテ園の様子を聞いたり
幼稚園の見学や体験などをしていく中で、幼稚園というある程度大きな集団だからこそ
できることの多さ、可能性の大きさを感じ、最終的に幼稚園を選びました。

決して子どもの家ではできないことがある、という意味ではなくて
子どもの家でしかできないことはもちろんたくさんあるはずで、
少ない人数だからこそ先生の目が行き届くし、子どもたちの絆も深まるでしょうし
いろんな課外活動も幼稚園以上に充実したものを感じたりもしました。


ただ息子のことを考えたときに、
もともとが一人で黙々派で、みんなで一緒に何かがあまり得意ではない、
という性格には子どもの家はすごく合っているだろうけど、
3年間子どもの家に通い、その後小学校で
突然大人数でみんなで同じ授業を受けるという環境。

そのギャップの大きさに、息子の戸惑いは大きいのではと感じたのでした。
(何度も言いますが、息子の場合、と私が感じた事です)

その点、モンテ園は、私から見ると、良いバランス、と感じました。
モンテッソーリのおしごとの時間は自分が選んだおしごとに取り組む、自分の時間。
そして外遊びや、行事の練習などの横割りの時間では、
ある程度の大人数で同じことをする、というみんなの時間。

息子にとって、黙々とおしごとできる自分の時間は楽しいだろうけれど
そればかりではなくて、たくさんのお友達と一緒に何か取り組む時間もある。
行事にも沢山人が来る。
舞台の上にも立つ。

そんな、息子の好きなこと、得意なことと、苦手なことのバランスが、
モンテ園では半々くらいになっていて、無理なく、息子が
集団の中で何か活動することに、慣れていってくれるんじゃないか、と期待しました。


その期待は、結構間違ってはいなかったかなと思います^^

最初はお友達との関わりは少ないようでしたが
少しずつ仲良しのお友達ができて、一緒に遊んだりして
仲良しな数人の中では、息子らしく楽しめるようになっていきました。

ただそれ以上に人が多くなると少し萎縮してしまう様子もあり
幼稚園のお迎え時間は人が特に多くなるので
そんな中かけっこして遊ぶ友達に混じることもなく
さらーっと帰る日々だったのですが
3学期になるころには、たくさんの友達に入り交じり、元気に遊べるようになりました。
(本当はお迎え後はすぐ帰ってくださいって言われてるんですけど・・・
 帰ろうー!って呼んでもなかなか帰らないので最近困ってるくらいです。汗)

先生からも、最初は友達との関わりに少し緊張感がある様子を聞いていましたが
最後には「友達とすっかり楽しそうに遊んでます」とお話があり、とても安心しました。

お遊戯会では、息子ひとり棒立ちで全く踊らずでしたが(苦笑)
ただ舞台には一番にぱーっと元気に走って出てきて
沢山の人が見ている舞台に、しっかり立ててたことに、感動しました。

保育園の夏祭りでは人の多さにびっくりして園に入りたがらなかったり
発表会では泣きべそかいてずっと先生の膝にいたあの息子が・・・
ちゃんと舞台に立ててたんですから。
先生いなくても、一人で舞台に出てきたんですから。

ほかの子に比べたら低いハードルですけど(笑)
息子ができるようになったことの多さに、私がただただ感動しました。


ある程度大きな集団である、幼稚園を選んで、良かったなと、思いました。







あぁ、、予想以上に長くなってしまいました・・・


まだ書きたい事あるのですが、ひとまず、ここまでにして
残りはまた続きで書きます^^



↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ







娘1歳7ヶ月。

最近得意げに、見せてくれるのはこちら。

IMG_0573.jpg

洗濯バサミで、はさむおしごと。


これ、息子の時に作ったものです。
洗濯バサミではさんでいくと、ライオンのたてがみになる~という。一応。笑


ちょっと前から出しておいて
娘がやりたそうにしたときに、私がはさんであげたり
息子がはさんだりしてて、それを見てた娘。

最初は持つ場所が反対になってて開けなくて
やってーってなってたんだけど
ここ最近で、開けるようになってきました。

IMG_0575.jpg

IMG_0577.jpg


握力もついてきたから、洗濯バサミを開けるようにもなったしね。


できるのがうれしいのか、やるときは
「かーか、 きーた」 (おかーさん、きてー)
といって、私を呼んで、はさんで見せてくれます^^

時々まだできないときは洗濯バサミを私に「はい!(やって)」と渡してきます。笑

今朝はお父さんにも披露してました。
やっぱり「できた!」って子供にとって一番の喜びなんですね。
それをみんなに見てほしいんだなぁって、なんだかほほえましいです^^


娘の「できた!」はこれからまだどんどん増えていくので
こちらも見逃さないようにしないとですね♪




↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ






我が家の料理男子、息子4歳。


昨日は3月3日。ひな祭り♪


幼稚園では週2回給食が出ていて、
昨日も給食の日で、ひな祭りなのでちらし寿司のお弁当が出ると聞いていました。

息子は、アレルギーがあるため、給食の日もお弁当持参しています。
なので園から出されるお弁当は食べられない。
ちらし寿司弁当も、食べられない。

というわけで、


昨日は我が家も、ひな祭り弁当を作ろう!と、前日から下準備して
当日もいつもより早起きして、がんばりました、私。笑


そしたら予想外に、息子もいつもより朝の幼稚園準備を早く終えて
お弁当準備に参戦~。

一番やりたかったのは、これ。

IMG_0512.jpg


人参の型抜き。笑


朝の準備が全く進まない息子に、
「準備が終わったら型抜きしようね~ 待ってるよ~」
と声かけておいたら、いつもより朝の準備がんばってました。
(いつもはなかなか進まず、あれこれ手を尽くしてますが、なかなかやる気が引き出せない^^;)

こういうお楽しみがあると、やっぱり頑張れるのね~と、改めて実感。


IMG_0513.jpg

はーとできたー!!!

と、型抜きできて、大喜び♪



それからちらし寿司の盛り付けも一緒に。
錦糸卵、アナゴ、きゅうり、トマト、そして型抜きのニンジンを盛り付け。

私が息子のお弁当をやって、息子がお父さんのお弁当を。
(この分担は息子指定。笑)

そしたら、型抜きのとき、ひとつハートにひびが入っちゃったニンジンがあったのだけど
それを自分のお弁当においてました。

自分のほうでいいの?って聞いたら、
いいの、ひび入っちゃってるから。って。

こういうところ、優しい息子、本当に好き❤

(幼稚園ではなんか、バンバン!とかいって、拳銃ごっこ?してるけど・・・)



そして太巻きを切る~。
これは息子にお任せ。

IMG_0516.jpg

きれいにできた♪
太巻きなんてめったに作らないんで、、、緊張しましたが。
なんとかできた。笑

IMG_0517.jpg



完成♪

IMG_0528.jpg

ちらし寿司
太巻き
鳥の照り焼き
黒豆煮


というメニューでした。



息子の分には、鹿児島のおじいちゃんところから送られてきた
イチゴをデザートにつけました♪


楽しいランチタイムになったかな~




帰ってきて、「ちらし寿司おいしかったよ!」と嬉しいお声もいただけました♪



良かったよかった^^






そして、朝多めに仕込んだ酢飯は、夜はうちの母を呼んで
手巻き寿司しました。


ささやかなひな祭りでしたが、楽しめました♪





今年の我が家のお内裏様とお雛様。

FullSizeRender.jpg

息子が今年幼稚園で作ったものや
以前こどものいえで作ってきたお内裏様お雛様もいて、にぎやかです。笑


ひな人形は、私が子供のころに、祖父母から頂いたもので、
実家に大切にとってあったものを、譲り受けました。

本当は7段の豪華なものなんだけど、
今年は和室を私のミシン部屋にしてしまって、場所がなくて・・・
飾れなかった・・・。


来年はもう少し部屋を整理して場所を作って、全部ちゃんと飾りたいな~


ちなみに去年のひな祭りは↓

a0339949_22114466 (1)


娘の初節句だったので、全部飾って
父と母も呼んで、パーティしました♪
素敵な思い出です^^

来年はまた全部飾れるようにしよう!






そんなこんなの、
我が家のささやかな、ひな祭りでした♪



今日もご訪問ありがとうございました♪




↓素敵なモンテブログがいっぱい!
私も参加してます♪ぽちっと頂けると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ



08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

えりママ

Author:えりママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。